【ネタバレ】ハンターハンター 373話 『継承』の感想!

372話の記事まとめはこちら!

週刊少年ジャンプNo11掲載、ハンターハンター373話『継承』のネタバレ、感想になります。

© 週刊少年ジャンプ No11より

今回の話のメインエピソードは第2王子カミーラと第1王子ベンジャミンのバトルです!実際はカミーラの暴走に近い形で一方的に終わってしまいましたが。まずカミーラが念能力者である事が判明します。

©冨樫 義博 ハンターハンター 373話より

カミーラが挑発して、私設兵ムッセがその挑発にのって銃撃します。

©冨樫 義博 ハンターハンター 373話より

銃撃が成功し、カミーラが死亡します。

©冨樫 義博 ハンターハンター 373話より

ここでカミーラの念能力が発動します。ムッセの背後に急にあらわれ。

©冨樫 義博 ハンターハンター 373話より

「ネるねルネルね」て、ムッセの食べてしまいます。

©冨樫 義博 ハンターハンター 373話より

能力名はネコノナマエ(百万回生きたねこ)で死んだ後発動し、攻撃して来た者の命を以て蘇生するそうです。

©冨樫 義博 ハンターハンター 373話より

その後ムッセに撃たれたことを口実に第1王子ベンジャミンの元にむかいます。途中でヒュリコフがカミーラに止まるよう銃口を向けますが、ベンジャミンに絶対攻撃しないように言われます。そこにヒュリコフの眉間に問答無用で発砲!

©冨樫 義博 ハンターハンター 373話より

いい顔になっています。

©冨樫 義博 ハンターハンター 373話より

ベンジャミンの所に来たカミーラが問答無用で発砲しまくりますが、念で全く効きません。

©冨樫 義博 ハンターハンター 373話より

で、拘束されるカミーラですが「ボギッ」と音が鳴り額から大量の汗が出ます。カミーラのウデを折ったようです。カミーラの念能力は殺さなければ、怖くないですね。

©冨樫 義博 ハンターハンター 373話より

ベンジャミンが絶対にカミーラに攻撃しなかった理由ですが、ムッセの念能力裏窓の鳥(シークレットウィンドウ)を使っていたようです。なので、カミーラを殺すと念能力が発動すると分かっていたんですね。

©冨樫 義博 ハンターハンター 373話より

ベンジャミンは自分の念能力である、星を継ぐもの(ベンジャミンバトン)を使ってムッセの念能力を受け継いでいました。

©冨樫 義博 ハンターハンター 373話より

場面変わって分身の身で逃走中のハンゾーです。第13王子の部屋には王子の念獣しかおらず、電話も通じない。状況がよく分からず困っていたところに、何故か第13王子の警護兵隊長からクラピカの元へ電話が入ります。ならばと、もう一度第13王子の部屋に行き、確認しますがやはり誰もおらず困惑します。誰かの念攻撃でしょうか。続きが楽しみです!

©冨樫 義博 ハンターハンター 373話より

追記

次話の374話 『能力』のネタバレ、感想書きました。ご覧ください。

373話の記事まとめはこちら! ハンターハンター374話『能力』のネタバレ、感想になります。 前回第13...
スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

スポンサーリンク
google adsense
トップへ戻る