【ネタバレ】ハンターハンター 374話 『能力』の感想!ウェルゲーの疑り深い性格

373話の記事まとめはこちら!

372話の記事まとめはこちら! 週刊少年ジャンプNo11掲載、ハンターハンター373話『継承』のネタバレ、感想になりま...

ハンターハンター374話『能力』のネタバレ、感想になります。

前回第13王子の部屋が何故か隔離されているような状況にあります。ハンゾーの本体が第13王子の部屋にいるはずですが、その場所が分かりません。

ウェルゲーの疑り深い性格

前回ちょうど第7王妃所属兵隊長のウェルゲーから連絡が入っていますが、ウェルゲーは念についてほとんど何も知らないようです。そのうえウェルゲー自身の性格でなかなか交渉が出来なさそうです。

©冨樫 義博 ハンターハンター 374話より

まずは第13王子の部屋が居住区ごと転移させられている可能性を伝えますが、ウェルゲーはこれ以上主張を続けるなら宣戦布告とみなす言い、交渉が成立しません。

©冨樫 義博 ハンターハンター 374話より

ウェルゲーの目的は第12王子の暗殺容疑者6名の現況を探っていて、捜査の進展状況を知りたいようです。

©冨樫 義博 ハンターハンター 374話より

ハンゾーから得た情報を元に第12王子の暗殺実行犯の情報を入手している事を伝えます。

しかし、ウェルゲーはこれを嘘と思い込みクラピカに甘く見るなと伝えます。確かに暗殺されたバリケンは第7王妃所属兵なので、ウェルゲーの部下になります。部下のバリケンがクラピカの念講習会に参加した途端、殺されてしまった。クラピカは悪くないのですが、ウェルゲーから見るとクラピカは怪しいやつ以外の何物でもありません。

©冨樫 義博 ハンターハンター 374話より

35巻で殺されたバリゲン。第7王妃セヴァンチ王妃所属兵です。ウェルゲーの部下です。

©冨樫 義博 ハンターハンター 35巻より

それでもクラピカは第5王妃所属兵タフディーが犯人であり、事件当時タフディーはシフト上ベッドにいたことを告げて、自分の発言には根拠がある事を伝えます。

©冨樫 義博 ハンターハンター 374話より

しかしウェルゲーは頑なにクラピカの発言を信じず、ハンター協会員がカキンを内側から崩そうとしているのでは?との疑惑を深めます。

各王妃、王子の状況

ここで各王子の状況が提示されます。

第一王子ベンジャミンは私設兵が残り13名の状況です。

第二王子カミーラは私設兵12名の状況です。

第三王子チョウライは私設兵15名の状況です。

第四王子ツェリードニヒは私設兵15名の状況です。

第五王子ツベッパは私設兵14名の状況です。

第六王子タイソンは私設兵5名の状況です。

第七王子ルズールスは私設兵4名の状況です。

第八王子サレサレは私設兵5名の状況です。

第九王子ハルケンブルグは私設兵14名の状況です。

第十王子カチョウは私設兵2名の状況です。

第十一王子フウゲツは私設兵2名の状況です。

第十二王子モモゼは既に死亡。

第十三王子マラヤームは私設兵0名(元々モモゼの所のウェルゲーがいるのみ)の状況です。

第十三王子ワプルは私設兵0名で、クラピカとビルがいるのみ。

その他下位王子の私設兵の数は2~5名で上位王子達とはかなりの差があります。エグイですね。そんな中第九王子ハルケングルグは私設兵14名で上位王子達と同等です。これは上位王子達にとって脅威になるのでは?

第十一王子フウゲツの守護霊獣の能力

場面変わって第十一王子フウゲツの部屋にいきなり扉が現れます。この扉は小さい頃第十王子カチョウ(カーちん)と遊んだ魔法の抜け道(マジックワーム)に似ていると気づきます。

©冨樫 義博 ハンターハンター 374話より

魔法の抜け道の先には第10王子カチョウがいます。びっくりする2人。

©冨樫 義博 ハンターハンター 374話より

センリツは第十王子カチョウの鼓動が跳ね上がった事に気付き、第10王子に安否を確認します。しかし第十王子カチョウは頑なに周囲を拒絶するため、センリツは念能力を話します。

©冨樫 義博 ハンターハンター 374話より

第八王子サレサレの守護霊獣の能力

場面変わって第八王子サレサレの守護霊獣は操作系で、拡散式の誘導型であることを推測します。これはリハンの念能力である異邦人(プレデター)の発動条件にかかわっていました。リハンは異邦人(プレデター)を発動できるのか?

©冨樫 義博 ハンターハンター 374話より

第三王子チョウライの守護霊獣の能力

さらに場面変わって第三王子チョウライです。念を知らない者からすると、空中から突然コインが降ってきたように見えますが、第三王子チョウライの守護霊獣の口から吐き出されています。このコイン一体どんな意味があるのか?

©冨樫 義博 ハンターハンター 374話より

どうやらコインは前日も出現していて第一王子私設兵以外気付いていないところを見ると、前日のコインは今回のコインと同じなのか気になるところです。第一王子私設兵は念の事を知らない者に情報を与える必要はないとの考えです。

©冨樫 義博 ハンターハンター 374話より

まとめ

今回3人の王子の守護霊獣が出てきました。

チョウライの守護霊獣は口からコインを吐き出し、コイン自体は誰にでも見えるようです。サレサレの守護霊獣は口から吐き出す煙を一定量吸い込んだ人間を信奉者とし、信奉者には新たに守護霊獣の分身がとりつき、その分身が新たな信奉者を作り出します。フウゲツの守護霊獣は具現化系の模様でカチョウの寝室までを結ぶ通路を具現化しました。これらの、守護霊獣がどう動くか?続きが楽しみです!

追記

ハンターハンター375話のネタバレ、感想です。

374話の記事まとめはこちら! ハンターハンター375話『説得』のネタバレ、感想になります。 タイソンの愛の授業 ...
スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

スポンサーリンク
google adsense
トップへ戻る