【ネタバレ】ハンターハンター 375話 『説得』の感想!ウェルゲーは筋肉フェチ

374話の記事まとめはこちら!

373話の記事まとめはこちら! ハンターハンター374話『能力』のネタバレ、感想になります。 前回第13...

ハンターハンター375話『説得』のネタバレ、感想になります。

タイソンの愛の授業

冒頭第6王子タイソンの愛の授業から始まります。

©冨樫 義博 ハンターハンター 375話より

ここでハンター協会員が守護霊獣の能力について推測します。元気玉的な能力ではないのかと。しかしイズナビ、DB知らないのか。

©冨樫 義博 ハンターハンター 375話より

第6王子タイソンの守護霊獣の能力は拡散・徴集型の能力です。禁忌を破ると厳しい罰が下るとありますが、詳細は不明です。

©冨樫 義博 ハンターハンター 375話より

第2王子カミーラの守護霊獣の能力

現在捕えられている第2王子カミーラの守護霊獣の能力も判明しました。操作系強制型の能力です。ある条件の詳細が不明です。

©冨樫 義博 ハンターハンター 375話より

第5王子ツベッパの守護霊獣の能力

第5王子ツベッパの守護霊獣の能力は変化形の能力です。薬品を生成する事が可能だそうです。

©冨樫 義博 ハンターハンター 375話より

第7王子ツベッパの守護霊獣の能力

具現化・半強制型の操作能力なのが第7王子ルズールスの守護霊獣です。標的の欲望を具現化し、罠にはまることで発動するそうです。操作系なので、発動後は第7王子ルズールスの思い通りに操作できるのでしょうか。

©冨樫 義博 ハンターハンター 375話より

第9王子ハルケンブルグの守護霊獣の能力

第9王子ハルケンブルグの守護霊獣の能力は強化系の能力です。第9王子ハルケンブルグと私設兵の意志が統一することで、発動する能力で第1王子の私設兵も驚愕しています。

©冨樫 義博 ハンターハンター 375話より

しかし守護霊獣から警戒されています。このまま攻撃すると反撃される可能性も。さらに記憶の消去・改竄がみられるハルケンブルグの守護霊獣なので、カウンター攻撃を受ける可能性もあります。

©冨樫 義博 ハンターハンター 375話より

結局攻撃を諦めてあと2名追加して、守護霊獣の詳細な能力を見る必要があると判断します。

©冨樫 義博 ハンターハンター 375話より

再び第13王子マラヤームの部屋の状況

374話でウェルゲーはクラピカが嘘を言っていると怒って、ハンター教会全体すら疑っています。説得するビスケとハンゾーですが、ウェルゲーは聞く耳を持ちません。

©冨樫 義博 ハンターハンター 375話より

論より証拠でビスケの念能力を見せます。

©冨樫 義博 ハンターハンター 375話より

ウェルゲーの反応が予想より斜め上です。

©冨樫 義博 ハンターハンター 375話より

納得はしていませんが別の意味で受け入れたようです少し譲歩して、1013号室の状況を検証します。が、扉の前から見ても見た目上変わったところはありません。ウェルゲーはやはりクラピカの話が出鱈目だったと結論付けようとします。しかしまだ全身が出ていないので出入り判定がされていないとビスケは言います。境界上で念の「出入り判定」が為される場合、最も多いのが「全身が境界を越えた瞬間」だそうです。」

©冨樫 義博 ハンターハンター 375話より

ベレレインテが扉の外に完全に出ます。もう一度部屋に戻ります。一目瞭然です。さらにベレレインテからは部屋から完全に出た途端、全員煙みたく消えてしまい、見えなくなったそうです。

©冨樫 義博 ハンターハンター 375話より

ウェルゲーも認めてはれて全員念の修行を行うことになりました。

©冨樫 義博 ハンターハンター 375話より

まとめ

今回実に完全でないとはいえ、5人もの王子の守護霊獣の能力が判明しました。第7王妃所属兵隊長のウェルゲーも念能力を認めて、念の修行を始めました。これで第13王子ともクラピカは同盟を結べる可能性が高くなりました。今後の展開が楽しみです!しかしウェルゲーが筋肉フェチとは!

次回、376話のネタバレ、感想を記事にまとめました。

375話の記事まとめはこちら! ハンターハンター376話「決意」のネタバレ、感想になります。 ハルケンブルグの訴え ...
スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

スポンサーリンク
google adsense
トップへ戻る