【ネタバレ】ハンターハンター 376話 『決意』の感想!ツェリードニヒは特質系で確定

375話の記事まとめはこちら!

374話の記事まとめはこちら! ハンターハンター375話『説得』のネタバレ、感想になります。 タイソンの愛の授業 ...

ハンターハンター376話「決意」のネタバレ、感想になります。

ハルケンブルグの訴え

ハルケンブルグが父親に謁見を申し出ますが、叶いません。門兵には晩餐会で直接渡した方がいいと促されますが、明日も明後日もと挫けません。

©冨樫 義博 ハンターハンター 376話より

カミーラの裁判

373話でベンジャミンを銃撃して殺人未遂の疑いで拘束されたカミーラの裁判です。カミーラの私設兵らしく人が正当防衛を主張しています。しかしあれ、正当防衛じゃないだろう。

©冨樫 義博 ハンターハンター 376話より

結局カミーラの拘束は解かれ両王子は監視・拘留措置となりました。外出の際も最高裁判官クレオパトロの指定する監視員を帯同させる必要があります。

©冨樫 義博 ハンターハンター 376話より

カミーラの拘束は解かれましたが、ベンジャミンが持っているムッセのミミズクの能力で行動を把握することが出来ます。コマではベンジャミンの前にカミーラが映し出されています。

©冨樫 義博 ハンターハンター 376話より

1014号室で再び暗殺

クラピカの部屋ではまた暗殺が行われました。トイレにいたミュハンが殺されています。ミュハンは念習得の講習会初日に揉めた彼です。

©冨樫 義博 ハンターハンター 376話より

リビングに戻るとクラピカが暗殺者の疑いをかけられます。念の情報と習得で各王子の警護兵を誘い出し暗殺、講習を続けている間は暗殺を続け中止になれば嘘がバレずに済むと、確かに合理的な考えです。疑われても仕方なしです。

©冨樫 義博 ハンターハンター 376話より

ここで同じハンター協会員のベレレインテが助け船を出します。

©冨樫 義博 ハンターハンター 376話より

しかしカキンの私設兵、警護兵にハンター協会員は信用されていません。

©冨樫 義博 ハンターハンター 376話より

しかしベレレインテはここでやめてしまったら暗殺犯の逃げ得になると、やめたい人だけやめて講習自体は続けようといいます。ベレレインテのおかげで講習を続けることが出来た見返りにビルを10分ほど貸します。現在、隔絶している1013号室に情報を届けるため、1013号室の前で雑談をしている体で情報を伝えます。

©冨樫 義博 ハンターハンター 376話より

チョウライの念獣

チョウライの念獣から硬貨が定期的に落ちているようです。

©冨樫 義博 ハンターハンター 376話より

チョウライの守護霊獣の能力は具現化系複合型の能力で、複数の条件により複数の能力が発動するようです。コインの所有者が条件を満たす事で発動するという事は、コインをどうやって配るのでしょうか?チョウライの私設兵に持たせるのかな?

©冨樫 義博 ハンターハンター 376話より

1004号室(ツェリードニヒ)

1004号室でミュハンが殺された事を報告する兵士です。犯人を念能力者と断言しています。

©冨樫 義博 ハンターハンター 376話より

この兵士もクラピカが膠着状態を作るため、念習得の講習会を開いているので、念の習得は本当にしていると推測します。ツェリードニヒは念を教える行為、そのものが罠の操作系能力の可能性に言及します。

©冨樫 義博 ハンターハンター 376話より

兵士に念習得の審議に関わらず最終日に正常(無実)を証明しろと迫ります。兵士は出来るのでしょうか。

©冨樫 義博 ハンターハンター 376話より

そしてツェリードニヒの水見式

©冨樫 義博 ハンターハンター 376話より

見るからに凶々しく、そのうえ臭い!テータも見たこともない変化に言葉がありません。テータの見立てでは特質系との事です。

©冨樫 義博 ハンターハンター 376話より

まとめ

次々と王子の守護霊獣の能力が明かされていきます。今回はチョウライの守護霊獣の能力が判明しました。コインを持っていればチョウライはいなくても発現するようです。しかし攻撃型なので、防御型なのか、はたまたコインを持った人の能力を強化するかで展開が変わってきそうですね。そしてツェリードニヒはどこまで強くなるのでしょうか。自分で才能エグイって言っているし、かなりエグイ能力でしょうね。水が腐っている事から嫌な想像しかできません。

377話「画策」のネタバレ、感想はこちらです!

376話の記事まとめはこちら! ハンターハンター377話「画策」のネタバレ、感想になります。 晩餐会で音楽ショー ...
スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

スポンサーリンク
google adsense
トップへ戻る