【ネタバレ】ワールドトリガー 193話「二宮匡貴④」あらすじ、ネタバレ

ジャンプSQ 2020年4月号に掲載されているワールドトリガー 193話のあらすじと感想です。

前回の記事はこちらです。二宮が弓場に一騎打ちを仕掛け、弓場もこれを受けます。

ジャンプSQ 2020年4月号に掲載されているワールドトリガー 192話のあらすじと感想です。一挙2話掲載です。 前回の記事は...

スポンサーリンク
google adsense

最後の勝負に全てを賭ける

3人対3人の直接対決

隊長同士の一騎打ちは二宮に軍配が上がり、これでB級ランク戦 ROUND8、最終戦は残り2部隊、二宮隊と玉狛第2の直接対決となります。空閑が遠くから緊急脱出(ベイルアウト)する弓場を見つめています。

© 葦原大介 ワールドトリガー 193話より

解説席では二宮が弓場を仕留めた、上から降ってきた弾丸について解説が行われています。二宮が打ち上げた追尾弾(ハウンド)は、じつは高度に差をつけてあり、さらに時間差で弓場に降ってくる弾が作られていたようです。これは、ROUND7のヒュースの時間差射撃を屋外限定で発展させた技のようです。

© 葦原大介 ワールドトリガー 193話より

帯島が生き残っていたら話は違ったかもしれませんが、今回は弓場の爆発力を二宮の技術が上回ったようです。二宮に落とされてしまい、一人ため息をつく弓場です。

© 葦原大介 ワールドトリガー 193話より

試合は静かな展開へ

試合の方は静かな展開となり、双方距離をとって時間を使っています。バックワームで身を隠す玉狛第2に対して、二宮隊は3人揃って堂々と姿をさらしており「撃ってこいよ」、と言わんばかりです。さらに二宮は炸裂弾(メテオラ)で建物を爆破していきます。

© 葦原大介 ワールドトリガー 193話より

二宮隊は雨取の狙撃と爆撃で的になりそうですが、そこは二宮にとっては織り込み済みと思われ、雨取は撃つからには確実にダメージを取らないと、位置バレしてふりを背負うだけになってしまいます。出水は烏丸に、玉狛第2は元々どんな作戦を立てていたか聞きます。すると烏丸は、雨取とヒュースが組んでの火力戦、空閑とヒュースが組んでの連携だと答えます。しかしヒュースはおらず、三雲がヒュース役をこなすことになりますが、木虎はワイヤー陣も炸裂弾(メテオラ)持ちの二宮とは相性が悪く、何より技術と経験に差がありすぎて厳しいんじゃ…、と言います。烏丸は三雲が一番よくわかっていると言いますが…。

© 葦原大介 ワールドトリガー 193話より

試合が膠着している間、解説席では二宮が使った合成弾、強化追尾弾(ホーネット)の話題に移ります。そもそも追尾弾(ハウンド)は常に相手を追尾しているわけではなく、追尾性能が強いところと弱いところを設定して使うようで、その強弱で山なりの弾道で攻撃が出来るようです。

© 葦原大介 ワールドトリガー 193話より

もし、追尾性能に強弱をつけずつ常に追尾性能MAXで撃ったとすると、すべての弾が狙った所に飛んで行くことになるので、集中シールド1枚で簡単に防げてしまいます。強化追尾弾(ホーネット)はこの追尾性能が強化されていて、追尾弾(ハウンド)では曲がり切れないような角度でより鋭くターゲットを追うことが可能になっています。

さらに二宮は追尾性能の強弱と射出方向の調整を加えて、非常に躱されづらい攻撃にしています。そして二宮の怖いところはその合成弾すら「見せ技」にして、相手をコントロールし本命の辻で仕留めるような使い方をしているようです。

© 葦原大介 ワールドトリガー 193話より

ROUND4の解説で加古が言っていたように、ROUND4でも相手を動かす使い方をしています。解説席の王子はA級のころの「火力でゴリ押し」の感じより、ことチーム戦においてはB級に落ちた今の二宮の方がずっと手強い、と評価します。

© 葦原大介 ワールドトリガー 193話より

出水は「追尾性能MAXの弾」もトリオンが大きく勝っていれば相手のシールドを破って1点を獲れていたのに、外岡の時にそれを出来なかったということは、やっぱ雨取は人を狙って撃てないのか?と推測します。それに対して烏丸は、ビルの陰になって視線誘導が切れたんじゃないすか?っとトボけた感じで答えます。

© 葦原大介 ワールドトリガー 193話より

烏丸はどっちかと言えば安心しましたよ、と言い、今の雨取は間違いなくちゃんと、戦う意思を持っていますよ、と断言します。

© 葦原大介 ワールドトリガー 193話より

最後の勝負へ

犬飼が、まさかこのまま時間切れとか?と時間切れを心配しますが、二宮は奴らは必ず来ると断言し、俺たちはそれを待てばいい、とあくまで玉狛第2が仕掛けてくるのを待ちます。

© 葦原大介 ワールドトリガー 193話より

一方、玉狛第2は全員が位置に着いたようで、三雲は最後の勝負を二宮隊にしかけようとします。三雲の作戦は果たして、どのような作戦でしょうか。

© 葦原大介 ワールドトリガー 193話より

まとめ

今週は、一挙2話掲載の月です。2話掲載していて、すぐに続きが読めるので嬉しいです。

隊長同士の一騎打ちが終わった後は、一転して試合は膠着した状態になります。二宮隊は姿をさらして待ち構えている一方、玉狛第2はバッグワームで身を隠して移動しています。最後に雨取が位置につきましたと言っているところから、三雲は何かの作戦を立てて二宮隊に勝負を仕掛けるようです。183話で三雲が予想した通り二宮は1対1で勝負してくるか?また、そのような1対1の状況を織り込んだ作戦になっているのか、B級ランク戦 ROUND8 最終戦、目が離せません。

ジャンプSQ 2019年9月号に掲載されているワールドトリガー 183話のあらすじと感想です。9月号も一挙2話掲載です。 前回...

次回、玉狛第2は三雲と空閑の二人が、同時に二宮を攻撃します。

ジャンプSQ 2020年5月号に掲載されているワールドトリガー 194話のあらすじと感想です。一挙2話掲載です。 前回の記事は...

最新刊21巻を購入される方は、こちらから。

スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

トップへ戻る