【ネタバレ】響~小説家になる方法~ 8巻 マンガ大賞2017授賞! 実写化決定!

響~小説家になる方法~ 8巻は、2017年12月27日(水)に発売されました。

まず『響~小説家になる方法~』が「マンガ大賞2017」に決定!しましたー。以下、簡単な説明です。

『響~小説家になる方法~』は2014年から『ビッグコミックスペリオール』で連載を開始した柳本光晴の作品。物語は圧倒的な文才を持つ15歳の少女・鮎喰響が文芸誌の新人賞に作品を送ったことからスタート。編集者に目を止められ、大きな賞にもノミネートされた響は世間に注目されるようになっていく。

© ddnavi.com内の「『響~小説家になる方法~』が「マンガ大賞2017」に決定! ファンから祝福の声」の記事より

響は7巻以前でも面白く、ネットでも「連載開始から読んでるので嬉しい!」「良作がきちんと選ばれていることに感動!」「いい意味で予想を裏切られた」などの声があったので素直にうれしいです。

後、実写映画も決定したそうです。ただ個人的には、マンガの実写化はいいイメージがないのでまず見ないと思います。特にマンガのキャラのビジュアルと役者さんのギャップが受け入れられないのですよね。

で、内容ですが以下に小学館からの内容を引用します。

異能のプロデューサー・津久井、響を挑発!

15歳という若さで芥川賞・直木賞をW受賞した天才文学少女・響。誰にも媚びず、自分の価値に揺るぎない自信を持つ彼女の振る舞いは、周りの全てを刺激し変化させてゆく。

そして、その才能の前に現れた一人の男。テレビ業界で知らぬ者はいない、天才プロデューサー津久井は、響のその才能を己の野望のため利用しようとする。

果たして、響と津久井の苛烈なる戦いはどんな結末を迎えるのか--!!

「天才」とは何かを描いた、今、最注目の刺激的エンタテイメント!!

© www.shogakukan.co.jpより

TVプロデューサーの津久井に響は日常を見張られます。

© 柳本光晴 響~小説家になる方法~ 8巻より

カメラで撮られています

© 柳本光晴 響~小説家になる方法~ 8巻より

そして津久井はドキュメンタリー番組制作を響の許可なしで進めていきます。響顔出しするのに。

© 柳本光晴 響~小説家になる方法~ 8巻より

切れた響が津久井の会社「一ツ橋テレビ」の社長を人質にして、ドキュメンタリー番組制作を中止するように、脅迫します。

© 柳本光晴 響~小説家になる方法~ 8巻より

中止しないと社長の指を1本ずつ折ると言って。。。

© 柳本光晴 響~小説家になる方法~ 8巻より

いかれていますね。最後どうなるかは8巻を購入して、確認してください。衝撃のラストです。

8巻以降の話ですが、新しく部長になった花代子の発言からコンクールに参加するようです。9巻の発売日が今から楽しみです。

「みんなで高校文芸コンクールに参加します!」

© 柳本光晴 響~小説家になる方法~ 70話より

スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

スポンサーリンク
google adsense
トップへ戻る