【ネタバレ】呪術廻戦 第155話「熱」あらすじ、ネタバレ

この記事はアフィリエイト・アドセンス広告を利用して作成しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

週刊少年ジャンプに掲載されている呪術廻戦 第155話のネタバレ、感想です。

 

前回の記事はこちらです。

【ネタバレ】呪術廻戦 第154話「潜入」あらすじ、ネタバレ
週刊少年ジャンプに掲載されている呪術廻戦 第154話のネタバレ、感想です。   伏黒とパンダ、星綺羅羅と衝突 伏黒とパンダが合流 三年の秤金次の協力を得るため、伏黒はまずはパンダと立体駐車場の外で合流します。パンダは秤の居場所は分かっていて...

 

スポンサーリンク

虎杖と秤金次の交渉、決裂

正体を隠し、秤金次に協力を仰ぐ

秤金次の協力を仰ぎたい虎杖ですが、秤は高専関係者を警戒していて、虎杖は正体を隠して秤に近づきます。秤は会ってすぐに、1日1時間あることをするだけで月収100万円に…!!と言われて信じるか?と、虎杖に質問します。虎杖はある事の内容次第と答えますが、秤は、それを知るには20万円の情報教材をこうにゅうするひつようがあると答えます。それを聞き、虎杖は信じられないと不信感を示します。

© 芥見下々 呪術廻戦 155話より

 

不信感を示す虎杖に、これは典型的な詐欺だと言い、普通に考えれば分かる事だが騙されるアホはアホ程いる、それは全て“熱”のせいさ、と秤は説明します。騙す側も騙される側も、「ここで人生を変えてやろう」って“熱”を持っていて、秤はその“熱”を愛していると言います。

© 芥見下々 呪術廻戦 155話より

 

そして、よりダイレクトな“熱”のやりとり、何か分かるか?と、虎杖に質問し、虎杖はギャンブルと答えます。虎杖に、やっぱりオマエは分かっていると言い、“熱”を愛していて、“熱”は“賭け(ギャンブル)”で“賭け(ギャンブル)”は“人生”だ、そして“愛”とは“支配”だ、と秤は虎杖に語ると、俺はゆくゆく賭け試合(ファイトクラブ)でこの国の“熱”を支配したい、と願望を語ります。今後来るであろう呪術規定の改定に乗じて、秤はファイトクラブの存在を公に認めさせたいと言い、兎にも角にも優秀な駒がいると続けて言うと、虎杖を優秀な駒として誘います。

© 芥見下々 呪術廻戦 155話より

 

秤の誘いに対して、虎杖は相談があると話を切り出そうとしますが、それを遮るように秤のスマホが鳴り始めます。不在着信が秤のスマホの画面に表示され、秤は何か飲むかと虎杖に言います。虎杖が酒以外でと言うと、弱いのか、と秤は聞きますが、虎杖は未成年だと答えます。

© 芥見下々 呪術廻戦 155話より

高専関係者とあっさりバレる

その後、知っているか?五条悟も下戸なんだ、と秤は五条悟の話題を虎杖に振ります。高専の話をする前に、高専関係者とバレると秤は話を聞いてくれなさそうなので、虎杖は五条悟を知らないふりをします。しかし、五条悟を知らない術師がいるかよ、と秤に言われてしまい、知らないフリをした事が秤にあっさりとバレてしまいます。

© 芥見下々 呪術廻戦 155話より

 

虎杖は嘘がバレると露骨に、バレた!という表情をしてしまい、言い訳出来ない状況になってしまいます。そこに、高専の回しもんか?と、秤に言われ、虎杖は弁解しようとしますが秤は話を聞こうとせず、グラスを虎杖に投げて攻撃しようとします。

© 芥見下々 呪術廻戦 155話より

 

電車のドアが突然現れ、虎杖はとっさに飛び上がって避けますが、そこに秤の蹴りが飛んできます。多分、この電車のドアが、秤の術式に関係しているのだと思われます。

© 芥見下々 呪術廻戦 155話より

 

さらに電車のドアが再び現れ、虎杖は首を電車のドアに挟まれてしまいます。星綺羅羅からのテル番での着信は異常事態の合図と、事前に二人で示し合わせていたようで、着信が入った時点で虎杖はどう答えようと、アウトだったようです。

© 芥見下々 呪術廻戦 155話より

秤の説得は難しい状況に

秤に蹴りを入れられて、さらにぼこぼこに殴られる虎杖ですが、俺達はあくまで秤さんに協力をお願いしに来ている立場だ、と言う伏黒の言葉を虎杖は思い出します。しかし虎杖の次の瞬間、秤の胸ぐらを掴むと頭突きをかまし、秤さんに協力をお願いしに来ている立場とは程遠い行動に出ます。虎杖は秤に自分の聞くように言いますが、秤には拒否されてしまいます。虎杖らしい行動といえば虎杖らしいですが、秤を穏便に説得するのはかなり難しい状況になってしまいます。

© 芥見下々 呪術廻戦 155話より

 

一方、星綺羅羅に近付けず膠着状態となった伏黒は、この状況を丁度いいと思い、現状を説明し星綺羅羅を説得しようとします。伏黒は、現在は正確には高専側でなく、さらに東京で未曽有の呪術テロがあった事を説明し、秤の協力が必要だと訴えます。

© 芥見下々 呪術廻戦 155話より

秤金次と星綺羅羅は保守派と揉めていた

しかし星綺羅羅から、そっちが先に私達をハブったんじゃん、自業自得でしょ、と言われてしまいます。その後、パンダから秤と星綺羅羅が保守派と揉めた事を説明されます。保守派は釘崎の術式のような、分かり易い呪術らしい呪術・術式を好むようですが、秤や星綺羅羅の術式はそれとは違い、ニューテクと絡むような術式のようです。特に秤の術式はその典型のようで、その関係で保守派と揉めたようです。

© 芥見下々 呪術廻戦 155話より

 

問題があるなら五条悟にいくらでもケツ拭いてもらえる、と星綺羅羅は言い、自分達に頼る意味が分からないと言います。だから自分達を頼ってきたのは嘘で他に何か目的があると考えるのが普通、と星綺羅羅は言いますが、伏黒はその五条悟が封印された事を星綺羅羅に告げます。

© 芥見下々 呪術廻戦 155話より

 

しかし、最強の呪術師・五条悟が封印されたという事は普通信じられず、星綺羅羅も露骨に信じられないという顔をします。伏黒とパンダも、星綺羅羅が五条悟封印を信じていないと直感で分かったようです。

© 芥見下々 呪術廻戦 155話より

 

しかし星綺羅羅が秤に一番近い人で、星綺羅羅を説得できれば、秤との交渉も楽に進むと伏黒は考え、脱兎を大量に呼び出し星綺羅羅の術式を攻略しようと考えます。

© 芥見下々 呪術廻戦 155話より

まとめ

155話では、秤と面会できた虎杖は、秤を説得しようとします。秤も虎杖が気に入ったのか、駒として虎杖を誘い、相談を切り出せる雰囲気になりかけます。しかし、星綺羅羅の不在着信で虎杖が怪しいとバレてしまい、説得は非常に難しい状況になってしまいます。

一方、伏黒とパンダも星綺羅羅を説得しようとしますが、正確には高専関係者でないという事や、五条悟封印の事を信じてもらえず、まずは星綺羅羅の術式を攻略し、説得をしやすい環境を作ろうとします。

さらに、秤の術式の一部が明らかになりました。電車のドアを呼び出し、虎杖への攻撃に使いました。さらに秤はギャンブルを愛していて、秤の術式はニューテクに絡むような術式とも判明します。今回の情報から、秤の術式はギャンブルに絡むような術式と推測できますが、どんな術式なのか?秤の術式が正式にお披露目されるのが、今から楽しみです。

 

次回、伏黒は脱兎にマーキングされた文字から、星綺羅羅の術式のタネが星座と推測します。

【ネタバレ】呪術廻戦 第156話「きらきら星」あらすじ、ネタバレ
週刊少年ジャンプに掲載されている呪術廻戦 第156話のネタバレ、感想です。 前回の記事はこちらです。虎杖は秤金次を説得しようとしますが、星綺羅羅の着信から異常事態だとバレてしまい、説得が難しくなってしまいます。   星綺羅羅の術式の正体とは...

 

最新刊、25巻を購入される方は、こちらから。

 

発売中のコミック25巻のネタバレ、感想も書いています。

【ネタバレ】呪術廻戦 25巻 人外魔境新宿決戦 のネタバレ、感想
週刊少年ジャンプで連載中の呪術廻戦の25巻 人外魔境新宿決戦の感想、ネタバレです。 25巻は、第218話から第227話まで掲載されています。 前巻、24巻のあらすじ、ネタバレはこちらの記事です。 25巻 25巻の表紙は、両面宿儺です。 © ...

コメント