【ネタバレ】呪術廻戦 5巻 京都姉妹校交流戦 のネタバレ、感想

スポンサーリンク
スポンサーリンク

週刊少年ジャンプで連載中の呪術廻戦の5巻 京都姉妹校交流戦 の感想、ネタバレです。

5巻は、第35話から第43話まで掲載されています。

 

前巻、4巻のネタバレ、感想はこちらの記事です。

【ネタバレ】呪術廻戦 4巻 殺してやる のネタバレ、感想
週刊少年ジャンプで連載中の呪術廻戦の4巻 殺してやる の感想、ネタバレです。 4巻は、第26話から第34話まで掲載されています。 4巻 4巻の表紙は、五条悟です。 © 芥見下々 呪術廻戦 4巻より 第26話 い...

 

スポンサーリンク

5

5巻の表紙は、東堂葵と高田ちゃんです。

© 芥見下々 呪術廻戦 5巻より

第35京都姉妹校交流会-団体戦②-

東堂葵から女のタイプを聞かれ、虎杖は正直に、尻(ケツ)と身長(タッパ)がデカイ女の子…、と答えます。すると、偶然東堂と同じ女のタイプだったことから、東堂は存在しない記憶を持つほどに虎杖の事を“親友”と認識するようになります。その後、虎杖は京都校の生徒達に襲われますが、東堂は虎杖を自分の術式を使って助けます。

© 芥見下々 呪術廻戦 5巻より

 

東堂に虎杖暗殺を邪魔された京都校の生徒達は、虎杖を殺すことを諦め他の場所へと移動しますが、そこに伏黒や禪院真希達が襲ってきます。伏黒は虎杖を殺そうとした京都校の生徒達を止めようとし、加茂憲紀と戦闘状態となります。

© 芥見下々 呪術廻戦 5巻より

第36京都姉妹校交流会-団体戦③-

東堂と東京校妨害によって虎杖の暗殺は失敗となり、虎杖と東堂はあらためて手加減なしの対決をします。東堂は虎杖のパワーやタフネスを絶賛しますが、時間差で呪力がぶつかってくる逕庭拳にはダメ出しをします。虎杖は東堂から、逕庭拳に満足している限り、オマエは俺に勝てん!!と、はっきりと言われてしまい、東堂の指導を受けることになります。

© 芥見下々 呪術廻戦 5巻より

第37京都姉妹校交流会-団体戦④-

東堂に呪力が遅れる理由は、呪力を“流している”からと言われ、虎杖は呪力の流し方についてアドバイスしてもらいます。それによって虎杖は何かを掴み、さらに東堂から実戦で指導してもらいます。

一方、釘崎とパンダは京都校の西宮桃とメカ丸に遭遇し、釘崎は西宮と戦い、パンダはメカ丸と戦うことになります。

© 芥見下々 呪術廻戦 5巻より

第38京都姉妹校交流会-団体戦⑤-

パンダはメカ丸に、仲良くやろうぜ 呪骸同志(おなかまどうし)、と話しかけますが、呪骸扱いされたメカ丸はパンダに恨みの感情をぶつけます。メカ丸は生まれながら肉体に強制された“縛り”を持つ“天与呪縛”の持ち主で、人型ロボットの傀儡を操る術師でした。“天与呪縛”のせいで日の下を歩けないメカ丸にとって、呪骸のパンダがのうのうと日の下を歩いている事が許せず、メカ丸はパンダに嫉妬と苛立ちをぶつけながら攻撃します。

© 芥見下々 呪術廻戦 5巻より

第39京都姉妹校交流会-団体戦⑥-

3つの核を持つパンダは、短期決戦パワー樹脂のお兄ちゃん“ゴリラ核”に入れ替えることでゴリラモードとなり、ゴリラモードの得意技、防御不能の激震掌(ドフラミングビート)でメカ丸を追い詰めます。メカ丸は近接戦闘に持ち込み、パンダの核を0距離射撃で仕留めようとしますが、パンダは呪力操作で核の位置をごまかし、逆にメカ丸の頭部に打撃を与えて行動不能にします。メカ丸に勝利したパンダは、メカ丸の携帯を借りて連絡を取り、虎杖達を助けに向かいます。

© 芥見下々 呪術廻戦 5巻より

第40京都姉妹校交流会-団体戦⑦-

以前真依から、真希は呪いも見えない呪具振り回すだけの一般人、万年4級、と聞いていて安心していましたが、実際に真希と対決し、真希が無茶苦茶強いことに驚き、嘘を教えた真依を恨みます。シン・陰流 簡易領域で何とか真希の隙を作ろうとしますが、真希には隙を作ろうとしている事を見抜かれてしまい、折った大刀と暗器を投げつけられ、間合いを詰められてしまいます。

© 芥見下々 呪術廻戦 5巻より

第41京都姉妹校交流会-団体戦⑧-

釘崎と西宮との戦いでは、釘崎と西宮は禪院家にいる真依の事で言い合いとなってしまいます。西宮は真依が禪院家の中でどれだけ苦労しているかや、女の呪術師はスタートラインにすら立たせてもらえない事などを釘崎に言い聞かせますが、釘崎は真依が気にくわないと西宮に真っ向から反論します。

© 芥見下々 呪術廻戦 5巻より

第42京都姉妹校交流会-団体戦⑨-

真希と真依は一対一で戦うことになり、真希は三輪から奪った刀を使って真依に近づこうとしますが、真依は銃で応戦し距離をおこうとします。真依は銃に装てんした6発の銃弾を全て撃ち、それを確認した真希はリロードされる前に決着を付けようとします。しかし、銃弾を6発全て撃ったのはブラフで、真依は自身の術式「構築術式」で銃弾を一発作り出し、真希に向けて放ちますが、真希は素手で銃弾を受け止めます。

© 芥見下々 呪術廻戦 5巻より

第43京都姉妹校交流会-団体戦⑩-

伏黒は式神術「十種影法術」の式神・蝦蟇を使って、加茂憲紀は加茂家相伝の術式「赤血操術」を使って、互角の戦いをしていました。そこに加茂憲紀は「赤燐躍動」で自身の身体能力を向上させ、一気に伏黒を追い詰めようとします。

© 芥見下々 呪術廻戦 5巻より

 

一方、真希に刀を取られた三輪は携帯を通じて狗巻棘に呪言で眠らされてしまい、そのままリタイヤとなってしまいます。三輪をリタイヤさせた狗巻棘は、次の場所へと向かおうとしますが、そこに準1級呪霊が現れます。

© 芥見下々 呪術廻戦 5巻より

おまけ じゅじゅさんぽ『仙台出張』

虎杖から仙台は田舎だと教えられていたのでしょうか?釘崎は、なんでパルコが2つあるんだよ!!と、虎杖に激怒し蹴りを入れています。釘崎は、「盛岡まで4時間かかるクソ田舎」ほどの田舎出身なので、虎杖が田舎者ヅラしたのが許せなかったのでしょう。

© 芥見下々 呪術廻戦 5巻より

まとめ

5巻では、京都姉妹校交流会の団体戦の前半が描かれています。

交流戦の団体戦が始まり、いきなり虎杖は京都校の生徒に暗殺されそうになりますが、東堂葵が何故か京都校の暗殺を妨害し、さらに虎杖は東堂に気に入られてしまいます。その気に入られ方は、存在しない記憶が勝手に東堂の脳内に溢れ出すほどで、5巻でも東堂はかなり個性的なキャラクターとして描かれています。

交流会の方は、京都校が準1級呪霊を勝手に区画に放っていて、東京校の生徒がピンチになると思われましたが、意外な人達が交流会に乱入してきます。この後、交流会がどうなっていくか、今後の展開に注目です。

 

6巻のネタバレ、感想はこちらの記事です。

【ネタバレ】呪術廻戦 6巻 黒閃 のネタバレ、感想
週刊少年ジャンプで連載中の呪術廻戦の6巻 黒閃 の感想、ネタバレです。 6巻は、第44話から第52話まで掲載されています。 前巻、5巻のネタバレ、感想はこちらの記事です。 6巻 6巻の表紙は、真人です...

 

5巻、コミックの購入はこちらからどうぞ。
こちらはKindle版です。

こちらはコミックス(紙)です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました