【ネタバレ 感想】ランウェイで笑って 1巻の感想!

週刊少年マガジンに2017年26号より連載を開始したランウェイで笑って、待望の1巻に関するネタバレ、感想です。

© 猪ノ谷言葉 ランウェイで笑って 1巻より

少年マガジンでは珍しいですが、「少年誌×ファッションまんが」という 猪ノ谷言葉先生の異色のコラボ作品です。以下、あらすじです。

身長は、158㎝から伸びなかった…。藤戸千雪の夢は「パリ・コレ」モデル。モデルとして致命的な低身長ゆえに、周囲は「諦めろ」と言うが、千雪は折れない。そんなとき、千雪はクラスの貧乏男子・都村育人の諦めきれない夢「ファッションデザイナー」を「無理でしょ」と切ってしまい…!? 「叶わない」宣告をされても、それでも一途に夢を追って走る2人の物語。
© マガメガ www.shonenmagazine.comより

「ランウェイで笑って」という作品がすごく面白かったので、紹介します。これはハイパーモデルとデザイナーを目指す高校生2人の物語です。

主人公の1人藤戸千雪は小学四年生(10歳)の時で身長158cmと、モデルとしての必須条件である身長に恵まれていましたがそれも小学生の時までで、高校3年生の時点で158cmと小学四年生の時で成長が止まってしまっています。

© 猪ノ谷言葉 ランウェイで笑って 1巻より

高校生になっても、158cmでチビです。日本人でも170cm以上はないと厳しいです。

小学四年生から1cmも身長が伸びず。

© 猪ノ谷言葉 ランウェイで笑って 1巻より

千雪は諦めません。

© 猪ノ谷言葉 ランウェイで笑って 1巻より

しかし現実は「クビ」を言いわたされます。

© 猪ノ谷言葉 ランウェイで笑って 1巻より

でも諦めずオーディションに挑みます。

© 猪ノ谷言葉 ランウェイで笑って 1巻より

1%の可能性だがパリコレに立っているイメージを見れた…、そしてついに認めてもらえます。

© 猪ノ谷言葉 ランウェイで笑って 1巻より

認めてもらい、感極まる千雪。

© 猪ノ谷言葉 ランウェイで笑って 1巻より

ここで嘘をつく恥ずかしいw千雪さんです。

その知り合いは、同級生

© 猪ノ谷言葉 ランウェイで笑って 1巻より

そして千雪が読者モデルとして雑誌に掲載され、モデルのセイラのつぶやきでバズり、大変なことになってしまいます。

© 猪ノ谷言葉 ランウェイで笑って 1巻より

というのも、この服を作成したのはもう1人の主人公、同級生の都村育人だったからです。

© 猪ノ谷言葉 ランウェイで笑って 1巻より

育人は千雪におんぶにだっこはいやです。

© 猪ノ谷言葉 ランウェイで笑って 1巻より

この後の話は、主人公達がデザイナーやモデルと服飾系の学校で切磋琢磨しあう名作です。ぜひ2巻もどうぞ。

追記

2巻のネタバレ、感想はこちらから!

マガジンで連載中のランウェイで笑っての2巻が発売されました。 1巻のネタバレ、感想はこちらから! 今回は第6話か...

育人による千雪の評価です。

© 猪ノ谷言葉 ランウェイで笑って 1巻より

以下、コラボ企画です!

スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

スポンサーリンク
google adsense
トップへ戻る