【ネタバレ】ランウェイで笑って 5巻のネタバレ、感想

マガジンで連載中のランウェイで笑って、の5巻が発売されました。

今回は第32着目から第40着目まで掲載されています。

前巻4巻のあらすじ、ネタバレはこちらの記事です。

マガジンで連載中のランウェイで笑って、の4巻が発売されました。 今回は第23着目から第31着目まで掲載されています。 前...

スポンサーリンク
google adsense

5巻の収録内容

© 猪ノ谷言葉 ランウェイで笑って 5巻より

32着目 自分を信じろ

服飾芸華大学のファッションショーの一次予選で育人が出した作品はパジャマでした。テーマ、モデルのセイラに似合うオシャレな服という事で、育人は「女の子はいつでもおしゃれでいたいものだ」と考え、セイラが夜着てSNSに載せたくなるような服、パジャマを作ったと意図を説明します。育人は自信があったのですが、このパジャマはダサイと酷評されてしまいます。

© 猪ノ谷言葉 ランウェイで笑って 5巻より

33着目 優越感と劣等感

自分の作品に自信を最後まで持っていた事で、育人は一次予選を合格し二次予選に進めました。しかし、一次予選合格者の間から審査会で何を言われても手直しせずに作品を提出すれば、全員無条件で合格という試験内容に不満が出ます。作品の評価に優劣をつけて欲しいという声が出始めますが、その時講師陣から一次予選通過者のTOP3を発表するとアナウンスがありました。

© 猪ノ谷言葉 ランウェイで笑って 5巻より

34着目 甘美な誘い

無事育人はTOP3に入り、二次予選は免除され本選出場を決めることが出来ました。綾野は育人の予選突破を祝して、育人の妹たちも呼んで焼肉屋で打ち上げをしようと提案してきます。綾野に高い焼き肉屋でおごってもらう事に恐縮する育人ですが、他の妹三人は遠慮することなく焼肉を楽しみます。

© 猪ノ谷言葉 ランウェイで笑って 5巻より

35着目 Just a moment

綾野は自分のブランドを立ち上げることを育人に話し、自分のブランドで働いてみないかと育人を誘います。お金に余裕のない育人はさらにお金を稼げる、綾野の誘いに心を動かされます。一方、パリコレを目指す千雪は、貯めたお金でパリへ行きオーディションを受けるつもりです。

© 猪ノ谷言葉 ランウェイで笑って 5巻より

36着目 私の”利”(メリット)

パリに行くまでにやれることは全部やると決めた千雪は、書類審査で全部落ちてしまったので最後の手段として電話で直接アポを取ろうとします。千雪は「MODE JAPAN」 編集部に電話をかけますが、編集部で電話をとったのは東京コレクションに千雪が出演した時、偶然その会場にいた新沼でした。新沼は千雪の名前を聞き、一度会って話をしたいと思います。

© 猪ノ谷言葉 ランウェイで笑って 5巻より

37着目 存在感(オーラ)

「MODE JAPAN」 編集部からモデルの欠員が出たため、千雪を代役として使えないかと連絡が来ます。千雪は自分の背が低いことは承知の上で、少しでも爪痕を残そうと長谷川 心相手にも負けないように気合を入れます。しかし編集部の千雪に対する対応は、背が低いモデルという事でひどい扱いでした。

© 猪ノ谷言葉 ランウェイで笑って 5巻より

38着目 業界の宝

結局背が低いという事で千雪は代役もさせてもらえず、撮影に参加できませんでした。それでも千雪は気を取り直して、撮影現場で自分を売り込み次の仕事につながるよう努力します。しかし、さすがに気落ちしている時に偶然通路で長谷川 心が、モデルを辞めさせてくださいと言っている場面を千雪は見てしまいます。

© 猪ノ谷言葉 ランウェイで笑って 5巻より

39着目 大人の仕事

長谷川 心のマネージャー五十嵐 優に間接的に、強烈なダメ出しをされてしまった千雪ですが、「ミルネージュ」のマネージャー成岡 雫は五十嵐 優と知り合いで、意図せず一緒に飲むことになります。五十嵐 優はモデルの話をしているうちに、千雪の話題となり成岡 雫に千雪はモデルに向いていない、引導を渡してやれとはっきりと言います。

© 猪ノ谷言葉 ランウェイで笑って 5巻より

40着目 憧れと才能と手段と

五十嵐 優は長谷川 心がモデルを辞めたがっていて、何とか辞めさせたくないと悩んでいる事を成岡 雫に正直に打ち明けます。悩みを打ち明けながら五十嵐 優は昔の自分を思い出していました。若い頃の五十嵐 優は14歳で167cmの身長と、鳴り物入りで事務所に加入と順風満帆でしたが、その後身長が伸びず21歳になる頃には仕事がないと悩むようになります。

© 猪ノ谷言葉 ランウェイで笑って 5巻より

まとめ

育人は服飾芸華大学のファッションショーの一次予選を無事通過し、さらに一次予選のTOP3に入る事で、二次予選免除となり本選出場を決めました。順調に見えましたが、お金がないという根本的な問題は解決しておらず本選ではもっとお金が必要になると綾野に指摘されます。そして綾野から自分のブランドで働かないかと誘われます。当然、綾野の誘いには裏がありますが、それは次巻以降で。

一方、千雪は背が低いモデルという問題に直面しており、長谷川 心のマネージャー五十嵐 優に強烈にダメだしされてしまいます。しかし五十嵐 優にも同じような問題で悩んだ過去があり、それ故千雪はダメだと決めつけてしまっています。

次巻、6巻のネタバレ、感想はこちらからどうぞ。

マガジンで連載中のランウェイで笑って、の6巻が発売されました。 今回は第41着目から第50着目まで掲載されています。 前...

5巻、コミックの購入はこちらからどうぞ。

スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

トップへ戻る