【ネタバレ 感想】進撃の巨人 103話『強襲』あらすじと感想

別冊少年マガジン 2018年4月号に掲載されている進撃の巨人 103話「強襲」のネタバレ、感想です。

102話の感想、あらすじです。

別冊少年マガジン 2018年3月号に掲載されている進撃の巨人 102話のネタバレ、感想です。

激化する戦闘

瓦礫の中から巨人の手が出てきて、中から傷ついたファルコが出てきます。そのファルコが見たのは、獣、車力、顎の巨人と立体起動で装備した調査兵団たちとの死闘です。進撃の巨人であるエレンは、戦鎚の巨人の本体をつかんで離していません。ただ戦鎚の巨人の本体であるメイド服姿の女性は、アニのように水晶体に覆われていて手出しできません。

© 諫山創 進撃の巨人 103話より

ファルコを守ったのはライナーですが、ファルコが話しかけても反応がありません。ファルコ曰く巨人の力なら損傷した体は勝手に修復されるそうでした。ただし生きる強い意志が必要との事。ライナーはエレンに「殺してくれ」と言っていたので、生きる意志をなくしているのでしょうか?ファルコはライナーに「みんなあなたの味方ですから…」と話しかけます。

© 諫山創 進撃の巨人 103話より

エレンの進撃の巨人が水晶体で覆われた戦鎚の巨人の本体を無理やり食べようとしますが、やはり水晶体に覆われてしまうと、無理のようでエレンがダメージを受けただけです。

追いつめているように見えますが、獣の巨人(ジーク)と車力の巨人(ピーク)は冷静で、マーレ軍が包囲している頃だから敵に逃げ場はない、今は慎重にコマを進めようと話してあくまで冷静に事を進めます。

© 諫山創 進撃の巨人 103話より

「エレン・イェーガーは俺の敵じゃない」。イキるジークです。ただこれ敵じゃない=味方だよ=エレンとジークは裏で通じているとみる考察もあるようです。

© 諫山創 進撃の巨人 103話より

アルミン、超大型巨人の脅威

獣の巨人の足元ではマガト隊長、ファルコ、そして銃を構えたガビが再開します。お互いかなり混乱しています。場面変わって軍港です。リベリオ区へ至急兵を送るように、急ピッチで指示を出している所に漁船がいます。兵士が漁船に警告すると、そこにいたアルミンが超大型巨人になります。大爆発を起こして、軍艦が宙に浮くほどの衝撃波が起こります。

© 諫山創 進撃の巨人 103話より

リヴァイvs獣の巨人

超大型巨人を奪われていたことを知り、ポルコは進撃の巨人に特攻をかけます。同じ頃ジークの獣の巨人が背後から襲ってきたリヴァイにしとめられます。ここあっさりしすぎな気がします。前回リヴァイにさんざんやられて、恐ろしさを身に染みた割に、無警戒過ぎる気がしますが、これで終わりでしょうか。

© 諫山創 進撃の巨人 103話より

マガト隊長、ファルコ、ガビの前で爆弾を落としてトドメをさします。うなじを破壊されてはジークも死亡でしょうか。あっけなさすぎる気がしますが、リヴァイは前回獣の巨人のトドメをさす寸前で取り逃がしたので、その教訓から確実にとどめをさしたとしたら納得できる気がします。前回とどめをさしきれなかったせいで、エルビィンの命を懸けた特攻の機会を不意にしていますから。

© 諫山創 進撃の巨人 103話より

獣の巨人をやられ動揺する車力の巨人(ピーク)もサシャとジャンの攻撃からパンツァー隊をやられてしまい、最後は調査兵団の雷槍を撃ちまくられ、絶体絶命の状態になってしまいます。

© 諫山創 進撃の巨人 103話より

最後はファルコが「撃つな!!やめてくれ!!」と自分の身を盾にして、巨人(ピーク)を守ろうとします。ファルコとジャンが退治するところで、5月号に続きます。

まとめ

前回ラストでリヴァイが死ぬな、生き延びろと言っていたので、壁内人類のエレン側が不利かと思いましたが、超大型巨人(アルミン)投入で一気に形勢逆転です。

顎の巨人(ポルコ)はピークから慎重にコマを進めようと言っていたので、無視して進撃の巨人に特攻かけてミカサと戦闘になりました。ジークはリヴァイに瞬殺です。ピークはまだとどめをさされていませんが、ファルコに盾になってもらっている状況です。エレンとジークが裏で通じているという考察を見たことがありますが、それがなければ次の話で決着ついてしまいます。次はどうなるのでしょうか。

次回、104話の感想、あらすじです。

別冊少年マガジン 2018年5月号に掲載されている進撃の巨人 104話のあらすじと感想です。 前回、超大型巨人(アルミン)が戦...

25巻が4月9日発売予定です。興味のある方は是非!25巻、発売中です。

スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

スポンサーリンク
google adsense
トップへ戻る