【ネタバレ】鬼滅の刃 16巻 不滅のネタバレ、感想

週刊少年ジャンプで2020年24号まで連載していた鬼滅の刃の、16巻 不滅の感想、ネタバレです。

16巻は、第134話から第142話まで掲載されています。

前巻、15巻のあらすじ、ネタバレはこちらの記事です。

週刊少年ジャンプで2020年24号まで連載していた鬼滅の刃の、15巻 誰時・朝ぼらけの感想、ネタバレです。 15巻は、第125話から第...

スポンサーリンク
google adsense

16

© 吾峠呼世晴 鬼滅の刃 16巻より

第134反復動作

悲鳴嶼の柱稽古では足腰の鍛錬として、滝に打たれる修行、丸太三本を担ぐ修行、岩を一町先まで押して運ぶ修行を課せられます。なお、下から火で炙る修行もあったようですが危険な為、悲鳴嶼自ら無しにしたようです。伊之助は既に滝に打たれる修行をしていましたが、想像以上にきついようで伊之助は滝に打たれながら意識を失っていました。

© 吾峠呼世晴 鬼滅の刃 16巻より

第135悲鳴嶼行冥

炭治郎は滝修行と丸太担ぎ修行を完了させ、さらに玄弥に“反復動作”という全ての感覚を一気に開く技を教えてもらいます。“反復動作”をすることにより、炭治郎はいつでも一瞬で集中を高められるようになり、岩を一町先まで押して運ぶ修行も何とか出来るようになります。

© 吾峠呼世晴 鬼滅の刃 16巻より

修行により炭治郎は急激に汗をかいてしまい、さらに水を飲んでいなかったことにより、脱水症状になり体を動かせず声も出せない状態になってしまいます。そこに悲鳴嶼が現れ、炭治郎に水を飲ませてくれて、さらに悲鳴嶼は炭治郎を認める言ってくれます。

© 吾峠呼世晴 鬼滅の刃 16巻より

第136動く

悲鳴嶼の柱稽古を終えた炭治郎は善逸に声をかけますが、善逸は言葉少なで何か思いつめた表情で一人訓練に励んでしました。炭治郎が心配し何か手伝おうとすると、これは絶対に俺がやらなきゃ駄目なんだ、と善逸は炭治郎の申し出を断ります。

© 吾峠呼世晴 鬼滅の刃 16巻より

第137不滅

無惨はとうとう産屋敷邸を突き止め、産屋敷耀哉の前に姿を現します。既に産屋敷耀哉は病気が進行し、いつ死んでもおかしくない状態でしたが、産屋敷耀哉は無惨を倒したいという一心で、気力で生き永らえていました。無惨は産屋敷邸に産屋敷耀哉と妻、子供二人だけしかおらず、護衛も何もない事に違和感を覚えます。

© 吾峠呼世晴 鬼滅の刃 16巻より

第138急転

産屋敷耀哉は自らを囮に、妻と子供二人を巻き込んで、産屋敷邸を爆破します。無惨に重傷を負わせ体の再生を遅らせたうえに、棘の血鬼術で無惨を動けないように固定します。そこに、珠世が「鬼を人間に戻す薬」を持って近づき、無惨に珠代の拳ごと薬を吸収させます。

© 吾峠呼世晴 鬼滅の刃 16巻より

第139落ちる

産屋敷耀哉の罠に棘の血鬼術、珠世の「鬼を人間に戻す薬」で無惨を弱らせ、さらに悲鳴嶼が無惨の頚を斬っても、無惨は絶命せず余力を残した状態でいました。無惨は悲鳴嶼に血鬼術で攻撃しようとしますが、他の柱達も次々と集結し全員が無惨に攻撃を仕掛けようとします。

© 吾峠呼世晴 鬼滅の刃 16巻より

第140決戦の火蓋を切る

無惨は鳴女の血鬼術で鬼殺隊全員を無限城に落とし、鬼狩りを皆殺しにしてやろうと言いますが、炭治郎は絶対に逃がさない、必ず倒す、と無惨に言い返します。無限城に落とされた炭治郎は義勇に助けられながら、鬼を次々に撃破していきます。他の柱達も次々に湧いてくる鬼を撃破しながら、無惨を捜索します。

© 吾峠呼世晴 鬼滅の刃 16巻より

第141

血の匂いを追ってある部屋に入ったしのぶは上弦の弐・童磨と遭遇します。童磨はしのぶの姉・カナエの仇で、しのぶは姉の仇をとろうと童磨に毒を喰らわせますが、童磨は毒をすぐに分解してしまい、しのぶの毒による攻撃が効きません。

© 吾峠呼世晴 鬼滅の刃 16巻より

第142蟲柱・胡蝶しのぶ

5回調合を変えてもしのぶの毒はすぐに分解されてしまい、さらに童磨は耐性がつくまでの速さも異常でしのぶは童磨に追い詰められていきます。鎖骨も肺も肋も斬られてしのぶは満身創痍ですが、姉・カナエの幻から倒すと決めたら倒しなさい、勝つと決めたのなら勝ちなさい、と言われ最後の力を振り絞って急所である、童磨の頚を狙います。

© 吾峠呼世晴 鬼滅の刃 16巻より

おまけ 鎹鴉(かすがいがらす)も頑張る

無限城に落とされた鬼狩り達を、扉が消える前に頑張って追う鎹鴉たちです。この鎹鴉たちにも、最終決戦で重要な役割があります。

© 吾峠呼世晴 鬼滅の刃 16巻より

おまけ 笑ってしまう伊之助

無限城に落とされた伊之助、足もとがヒュンとなる初めての感覚に楽しくて笑ってしまってます。この後、鴉の道案内で童磨のいる部屋に向かいます。

© 吾峠呼世晴 鬼滅の刃 16巻より

まとめ

一番きついと思われる悲鳴嶼の柱稽古を終了し、いよいよ最終決戦、無限城での戦いに突入です。まだ上弦の鬼が何人もいるので、まだまだ話は続き最終決戦も先の話と思っていましたが、無惨が拘束され残りの上弦の鬼もこの後の巻で一気に登場します。上弦の鬼を相手に柱は勝てるのか、炎柱・煉獄杏寿郎でも勝つのは難しかったので厳しい戦いになりそうです。

17巻のあらすじ、ネタバレはこちらの記事です。

週刊少年ジャンプで2020年24号まで連載していた鬼滅の刃の、17巻 受け継ぐ者たちの感想、ネタバレです。 17巻は、第143話から第...

16巻、コミックの購入はこちらからどうぞ。

スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

トップへ戻る