【ネタバレ】Dr.STONE 21巻のネタバレ、感想

週刊少年ジャンプで連載中のDr.STONEの21巻の感想、ネタバレです。

21巻は、Z=179からZ=187まで掲載されています。

前巻、20巻のあらすじ、ネタバレはこちらの記事です。

週刊少年ジャンプで連載中のDr.STONEの20巻の感想、ネタバレです。 20巻は、Z=170からZ=178まで掲載されています。 ...

スポンサーリンク
google adsense

21

© 稲垣理一郎・Boichi Dr.STONE 21巻より

Z=179 綱渡りの絆

コハクに山を飛び越えてもらい、ワイヤーを掛けてロープウェイを作ります。重量の関係から人間は一度に二人までしか運べず、体重が重すぎるとロープウェイが切れてしまうので、ペアとなる人物を考えるのに苦労します。

© 稲垣理一郎・Boichi Dr.STONE 21巻より

過去に特定の人物を殺そうとした人物が多く、二人きりにすると何をするか分からないからです。積載重量に注意しながらロープウェイで移動していると、スイカが強風で谷底に落ちてしまい、コハクがスイカを助けに行きます。

© 稲垣理一郎・Boichi Dr.STONE 21巻より

Z=180 悍ましくも美しい

千空達はアマゾン大密林に到達し、あとは石化装置があると思われる爆心地・マナウスまでひたすら川を下ります。アマゾンの最強生物・軍隊アリを、軍隊アリから抽出したエキスを全身に塗りたくって防護して、苦労しながら何とか石化装置がある場所までたどり着きます。

© 稲垣理一郎・Boichi Dr.STONE 21巻より

Z=181 NEW WORLD SCIENCE

爆心地・マナウスで見たものは、ピラミッドのように高く積み上げられた無数の石化装置の山でした。千空達が早速石化装置を起動しようとしますが、どの石化装置も起動しません。山のようにある石化装置が全て電池切れだと分かり、今度は無数にある石化装置を利用して分解・解析を試みます。

© 稲垣理一郎・Boichi Dr.STONE 21巻より

一方、千空達を追跡するスタンリーからも逃げ続ける必要があり、スタンリーのレーダーに捕捉されないようにする為、新調する船はステルス艦にしようとします。しかしステルス技術は軍事機密でもあり、簡単に作ることも出来ず苦労します。

© 稲垣理一郎・Boichi Dr.STONE 21巻より

Z=182 DIAMOND HEART

クロムの発言から石化装置がレーダーに映らないことが判明し、石化装置を船の表面に大量に張り付けることでステルス艦を完成させることに成功します。ステルス艦で移動しながら、石化装置を分解・解析した結果、石化装置の動力源が小さなダイヤモンドであることが判明します。

© 稲垣理一郎・Boichi Dr.STONE 21巻より

Z=183 STONE SANCTUARY

コーンシティにいるメンバーの協力もあり、ゼロからダイヤモンドを作ることに成功します。しかし石化装置の電池サイズには届かず、天然ダイヤを採取しそのダイヤを作成した人工ダイヤで研磨してダイヤ電池を新造する計画を立てます。早速、コーンシティにいるメンバーがラッセン山に天然ダイヤを採取に向かいます。

© 稲垣理一郎・Boichi Dr.STONE 21巻より

Z=184 メデューサの砦

ブラジルの都市・アラシャで天然ダイヤを採取し、アラシャに超合金の街を作ることにした天空達は、アラシャへと向かいます。しかし、Drゼノが無線でスタンリーに信号を送った為、スタンリー達もアラシャへと先回りしようとします。千空達はペルセウスを取り戻す必要もあり、アラシャにてスタンリーとの最終決戦を決意します。

© 稲垣理一郎・Boichi Dr.STONE 21巻より

Z=185 美しき劈開面

完全装備の米軍特殊装備のスタンリー達にまともにやり合っても勝ち目は限りなくゼロの為、石化装置で自爆し後から味方だけ復活する戦法を使うことにします。しかし、カセキやジョエルがいくつダイヤ電池を試作しても石化装置は動かず、ダイヤ電池作りに苦戦します。

© 稲垣理一郎・Boichi Dr.STONE 21巻より

Z=186 刃十人十色

毒蜘蛛に噛まれた敵を助けたスイカは、スタンリーに見つかってしまいフランソワと共に捕まってしまいます。しかし、フランソワは捕まる直前に電波を使ってコーンシティにモールス信号を送っており、その電波をキャッチした千空達はスタンリーの居場所を把握します。

© 稲垣理一郎・Boichi Dr.STONE 21巻より

Z=187 CYBER GUERRILLA

スイカが捕まったと分かりコハクは速攻、飛び出しますが戦闘のプロである米軍特殊部隊のスタンリー達は、一部の隙も無く警戒しながら進軍していてコハクは手を出せません。その後、司・氷月と合流したコハクは敵の通信機を破壊しようとしますが、スタンリー達に見つかってしまい死を覚悟で敵に挑みます。

© 稲垣理一郎・Boichi Dr.STONE 21巻より

おまけ もしも千空がアホだったら

千空がアホだったら、スタンリー達のレーダーから隠れる科学技術として思いつくのはこの程度かもしれません。こんなんじゃレーダーからは、当然隠れられないです。

© 稲垣理一郎・Boichi Dr.STONE 21巻より

まとめ

アマゾンの大密林に到達し、爆心地・マナウスで石化装置のピラミッドを発見します。さらにマナウスでスタンリー達と最終決戦も始まりますが、相手は米軍の特殊部隊です。戦闘のプロ相手では、司もコハクも氷月もかなり分が悪いですが…。この後、千空達はどうなるか。

そして、週刊少年ジャンプ・最新話の方では南米大陸編も終わり、驚きの新展開になっています。この辺りは22巻以降で分かりますが、早く続きをコミックスでも読みたいです。

21巻、コミックの購入はこちらからどうぞ。

スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

トップへ戻る