【ネタバレ】呪術廻戦 12巻 渋谷事変-降霊- のネタバレ、感想

週刊少年ジャンプで連載中の呪術廻戦の12巻 渋谷事変-降霊- の感想、ネタバレです。

12巻は、第98話から第106話まで掲載されています。

スポンサーリンク

12

12巻の表紙は、冥冥です。

© 芥見下々 呪術廻戦 12巻より

第98渋谷事変⑯

虎杖の一人時間差攻撃で粟坂二良を倒す事に成功した虎杖と伏黒は、帳の元を破壊し“術師を入れない帳”を解除します。渋谷を自由に動けるようになった虎杖と伏黒がこれからどうするかを話し合っていると、猪野琢真がビルの屋上から落ちてきますが、伏黒によって助けられ何とか一命をとりとめます。

© 芥見下々 呪術廻戦 12巻より

猪野琢真をビルの屋上から投げ落としたオガミ婆は、今度は術師を殺すように孫に命令します。しかし孫の魂は禪院甚爾の肉体に負け上書きされてしまい、甚爾は完全復活し、そのままオガミ婆を殺してしまいます。

© 芥見下々 呪術廻戦 12巻より

第99渋谷事変⑰

釘崎と新田明は、通話中に連絡がつかなくなった伊地知を探しに行きますが、途中で重面春太と遭遇します。釘崎は新田明を安全な場所に避難させるため別行動をとりますが、重面春太はそれに気づき新田明を剣の呪具で刺し、さらに痛めつけて楽しみます。

© 芥見下々 呪術廻戦 12巻より

第100渋谷事変⑱

伊地知を襲われ激怒した七海は、重面春太に敵の数と配置を問いただします。ふざけた態度で、知らない、と答える重面春太に、七海は十劃呪法を使って重面春太を何度も攻撃します。そのまま七海は重面春太を倒すと、七海と釘崎は新田明の救護へと向かいます。

© 芥見下々 呪術廻戦 12巻より

第101渋谷事変⑲

新田明を救護した七海は地下5階へと向かいます。釘崎も戦闘区域に向かいたいと願いますが、七海は足手纏いになると言い、釘崎にここで待機するように言います。一方、冥冥は東京メトロの渋谷-明治神宮前駅間で夏油と遭遇し、夏油の使役している特級特定疾病呪霊「疱瘡神」と交戦することになります。

© 芥見下々 呪術廻戦 12巻より

第102渋谷事変⑳

脹相は弟の仇・虎杖と遭遇し、虎杖と戦闘を開始します。一方、疱瘡神と戦っている冥冥は、疱瘡神の領域展開に苦戦します。疱瘡神の攻撃は、棺桶に拘束、墓石で埋葬、3カウントが開始され、3カウント以内に脱出出来なければ死亡してしまうというものです。冥冥は疱瘡神に確実に勝つため、攻撃対象を弟である憂憂に移そうと考えます。

© 芥見下々 呪術廻戦 12巻より

第103渋谷事変㉑

脹相は穿血を使って虎杖を狙い打とうとしますが、虎杖は穿血を何とか避けて距離を詰めて、脹相と殴り合いに持ち込もうとします。すると、脹相は赤血操術「超新星」を使い圧縮した血液を解放し、全方位散弾のように虎杖の体を撃ち抜きます。

© 芥見下々 呪術廻戦 12巻より

第104渋谷事変㉒

徐々に追い詰められていた虎杖でしたが、メカ丸が作成した機械(傀儡)が作動しメカ丸が虎杖に話しかけてきます。メカ丸は脹相が使う赤血操術の情報を虎杖に伝え、虎杖にトイレに逃げ込むように指示します。虎杖にはトイレに逃げ込み、脹相をトイレの中に誘い込んだ後、スプリンクラーを作動させてます。シャワーのようにスプリンクラーから水が降ってくる状況で、脹相は体外での血液操作が不可能になります。

© 芥見下々 呪術廻戦 12巻より

第105渋谷事変㉓

勝利を確信し油断した虎杖に対して、脹相は死角から赤血操術「血星磊」を使って虎杖の肝臓を貫き重傷を負わせます。飛び道具はないと油断した虎杖は肝臓を貫かれて死を覚悟しますが、直後に自らを奮い立たせて、たとえ自分が死んだとしても脹相を戦闘不能にしようと決意します。

© 芥見下々 呪術廻戦 12巻より

第106渋谷事変㉔

激闘の末、虎杖に致命傷を与え意識を失わせた脹相は止めを刺そうとしますが、その時脹相の脳内に存在しない記憶が溢れ出します。脹相と壊相、血塗、呪胎九相図の4番〜9番の入った容器、さらに何故か虎杖が弟のような形で一緒にいる風景が記憶として溢れ出します。脹相は虎杖が弟かもしれないと分かり混乱し、意識を失った虎杖を放置しその場を去っていきます。

© 芥見下々 呪術廻戦 12巻より

おまけ 九相図兄弟の血液

いつか言おうと思って放ったらかしになっていた設定、だそうです。脹相と壊相、血塗は呪力を血液に変換できる特異体質なので、呪力がスッカラカンにならない限り、失血死しないそうです。だから脹相は血液をドバドバと赤血操術で使えて、輸血しなくても死ぬことはありません。

© 芥見下々 呪術廻戦 12巻より

まとめ

12巻では、オガミ婆によって降ろされた禪院甚爾が暴走、冥冥と特級特定疾病呪霊「疱瘡神」との対決、虎杖と脹相の対決などが描かれています。

オガミ婆の降霊術によって孫に禪院甚爾の肉体の情報を降ろして、禪院甚爾として命令していましたが、肉体が孫の魂を上書きしてしまい禪院甚爾が復活してしまいます。オガミ婆も殺されてしまい、禪院甚爾は勝手に行動してしまいますが、呪霊との戦いにどう影響するでしょうか?

虎杖と脹相との戦いでは、虎杖に止めを刺そうとした脹相は、存在しない記憶を見て混乱します。虎杖と脹相や壊相、血塗が兄弟であるかのようなイメージが描かれていましたが、これが何を意味するのか?今後の展開が気になりますね。

13巻のあらすじ、ネタバレはこちらの記事です。

週刊少年ジャンプで連載中の呪術廻戦の13巻 渋谷事変-霹靂- の感想、ネタバレです。 13巻は、第107話から第115話まで掲載されて...

12巻、コミックの購入はこちらからどうぞ。

スポンサーリンク

フォローする

トップへ戻る