【ネタバレ】呪術廻戦 11巻 渋谷事変-開門- のネタバレ、感想

スポンサーリンク
スポンサーリンク

週刊少年ジャンプで連載中の呪術廻戦の11巻 渋谷事変-開門- の感想、ネタバレです。

11巻は、第89話から第97話まで掲載されています。

 

前巻、10巻のあらすじ、ネタバレはこちらの記事です。

【ネタバレ】呪術廻戦 10巻 宵祭り のネタバレ、感想
週刊少年ジャンプで連載中の呪術廻戦の10巻 宵祭り の感想、ネタバレです。 10巻は、第80話から第88話まで掲載されています。 前巻、9巻のあらすじ、ネタバレはこちらの記事です。 10巻 10巻の表...

 

スポンサーリンク

11

11巻の表紙は、七海建人です。

© 芥見下々 呪術廻戦 11巻より

第89渋谷事変⑦

地下五階に到着した電車の中から大量の改造人間と真人が現れ、一般人はさらに混乱し逃げ惑います。さらに雑草が塞いでいた吹き抜けが開き、そこからも大量の一般人が投入され、さらに真人、脹相、漏瑚が同時に五条悟を攻撃、五条悟はさらに追い詰められます。

© 芥見下々 呪術廻戦 11巻より

 

漏瑚は五条悟が追い詰められても無量空処は展開できないと読んでいましたが、五条悟は一か八か、無量空処を0.2秒だけ展開し全員の気を失わせ、その間に地下五階の改造人間だけを鏖殺します。

© 芥見下々 呪術廻戦 11巻より

第90渋谷事変⑧

偽夏油は獄門疆を開門し五条悟を封印しようとしますが、封印するには獄門疆開門後、封印有効範囲、半径約4メートル以内に1分間五条悟を留めなければなりません。回想の中で漏瑚は五条悟をその条件下で一分間留めるのは無理難題と激怒しますが、1分間は五条悟の脳内時間で1分であればよく、条件を満たした獄門疆は五条悟を捕縛します。

© 芥見下々 呪術廻戦 11巻より

第91渋谷事変⑨

五条悟が封印された頃、メカ丸が作成した機械(傀儡)が作動し五条悟が封印された事や、冥冥を始末する為に呪詛師がこの線路に向かっている事を、虎杖と冥冥に告げます。メカ丸が作成した機械(傀儡)は、虎杖に明治神宮前に戻り地上から渋谷に向かい、五条封印を術師全体に伝達するように指示します。

© 芥見下々 呪術廻戦 11巻より

第92渋谷事変⑩

五条悟が封印された頃、“帳”の外で待機していた3班(七海班、禪院班、日下部班)が待機を止め建物内に突入を開始します。しかし、連絡役として渋谷駅の周辺にいた伊地知は、呪詛師の重面春太に背後から刺され、重傷を負います。重面春太は裏梅の指示で、補助監督をさらに襲撃し続けます。一方、獄門疆は五条悟という情報を処理しきれず、重量が増したため偽夏油は獄門疆を動かせずにいました。

© 芥見下々 呪術廻戦 11巻より

第93渋谷事変⑪

漏瑚は宿儺を復活させようとしますが、真人と脹相は虎杖を見つけたら殺すと勝手に決めてしまい、虎杖を探しに地下五階を勝手に離れてしまいます。

虎杖は七海班と合流し、地下五階の状況や五条悟が封印されている状況を七海に伝えます。七海は猪野、虎杖、伏黒の三人に、“術師を入れない帳”を解いて欲しいとお願いをします。

© 芥見下々 呪術廻戦 11巻より

第94渋谷事変⑫

猪野と虎杖は“帳”の基を破壊する為、一番目立つ場所にあるビルの屋上へと伏黒の「鵺」を使って、直接攻め込みます。予想通り “帳”の基はビルの屋上にあり、呪詛師の三人が“帳”の基を守っていました。虎杖は粟坂二良をワイヤーで搦めて屋上から地上に落とし、伏黒と二人で粟坂二良と対峙します。

© 芥見下々 呪術廻戦 11巻より

第95渋谷事変⑬

猪野はビルの屋上に残ったオガミ婆とその孫と対峙します。猪野は降霊術「来訪瑞獣(らいほうずいじゅう)」を使いオガミ婆を倒そうとしますが、孫がオガミ婆を身を挺して守るため、オガミ婆に攻撃が当たりません。孫がオガミ婆を守っている間に、オガミ婆は「禪院甚爾」の肉体を孫に降ろして、「禪院甚爾」の肉体を復活させます。

© 芥見下々 呪術廻戦 11巻より

第96渋谷事変⑭

虎杖と伏黒は粟坂二良と戦いますが、何度攻撃してもほとんどダメージを与えられず粟坂二良の異常なタフさに苦戦します。伏黒は粟坂二良の異常なタフさには、十中八九 術式が絡んでいると考え、五条悟が渋谷に来ている、と粟坂二良を挑発して様子を見ます。その後粟坂二良の受け答えから、粟坂二良では五条悟に勝てない事、攻撃用でない「脱兎」が粟坂二良に効いた事、などから伏黒は粟坂二良の術式の正体を推測します。

© 芥見下々 呪術廻戦 11巻より

第97渋谷事変⑮

粟坂二良の術式が、自身が受けた力の強弱を逆転させる“あべこべ”、と見抜いた伏黒は、術式に気付いたことを悟られないように、全力で馬力をアピールするように虎杖に指示します。その上で、強い力と程々の弱い力を粟坂二良に当てて一気に畳みかけます。

© 芥見下々 呪術廻戦 11巻より

おまけ 獄門疆の使い方

おまけで獄門疆の使い方が説明されています。獄門疆は、Aが開門と言うと開いて中央の目が封印する対象のBを捕捉します。その後Bの脳内で1分が経過すると、Bの身体から獄門疆の一部が生えてきます。そしてAが閉門と言うと、封印する対象Bを獄門疆の内部にしまって、キューブ状の形に戻り封印完了です。

© 芥見下々 呪術廻戦 11巻より

まとめ

11巻では五条悟が獄門疆に封印されてしまいます。これによって、五条悟単独での渋谷平定を狙っていた呪術界・上層部の思惑は外れ、事態は一気に動きます。待機していた七海班、禪院班、日下部班の三班は渋谷駅の建物内に突入し、呪霊側は真人と脹相が勝手に虎杖を殺しに動き始めます。七海班は虎杖と合流後、五条封印を伝えられ、五条悟を奪還すべく、まずは“帳”を解こうとします。

まさかの五条封印で、呪霊や偽夏油の側が有利になったように見えます。偽夏油はさらに何かを企んでいるようですが、どんな企みがあるのでしょうか?今後の渋谷事変編の展開に注目です。

 

12巻のあらすじ、ネタバレはこちらの記事です。

【ネタバレ】呪術廻戦 12巻 渋谷事変-降霊- のネタバレ、感想
週刊少年ジャンプで連載中の呪術廻戦の12巻 渋谷事変-降霊- の感想、ネタバレです。 12巻は、第98話から第106話まで掲載されています。 前巻、11巻のあらすじ、ネタバレはこちらの記事です。 12巻...

 

11巻、コミックの購入はこちらからどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました