【ネタバレ】呪術廻戦 13巻 渋谷事変-霹靂- のネタバレ、感想

スポンサーリンク
スポンサーリンク

週刊少年ジャンプで連載中の呪術廻戦の13巻 渋谷事変-霹靂- の感想、ネタバレです。

13巻は、第107話から第115話まで掲載されています。

 

前巻、12巻のあらすじ、ネタバレはこちらの記事です。

【ネタバレ】呪術廻戦 12巻 渋谷事変-降霊- のネタバレ、感想
週刊少年ジャンプで連載中の呪術廻戦の12巻 渋谷事変-降霊- の感想、ネタバレです。 12巻は、第98話から第106話まで掲載されています。 前巻、11巻のあらすじ、ネタバレはこちらの記事です。 12巻...

 

スポンサーリンク

13

13巻の表紙は、日下部篤也です。

© 芥見下々 呪術廻戦 13巻より

第107渋谷事変㉕

人型に変態した陀艮は、伏黒の満象を遥かに上回る大量の水を出して、直毘人、七海、真希を押し流そうとします。陀艮の出した大量の水をかわした直毘人は、術式「投射呪法」で陀艮の速度を圧倒し、何度も攻撃しますが陀艮の果てしない体力を前にほとんど削ることが出来ません。それでも直毘人は「投射呪法」を使い、速度で圧倒し陀艮に術式を発動さえる隙を与えません。

© 芥見下々 呪術廻戦 13巻より

第108渋谷事変㉖

陀艮が領域「蕩蘊平線(たううんへいせん)」を使用すると、ビーチのような風景が広がり魚の式神が直毘人、七海、真希を襲います。さらに陀艮は小手調べで三人の力を測ると、術式「死累累湧軍(しるるゆうぐん)」を開放し、大量の獰猛な魚の式神を召喚します。際限なく湧き出る式神に直毘人と七海はなす術がなく、一方的にやられてしまいます。

© 芥見下々 呪術廻戦 13巻より

 

三人の中で一番弱いと言われた真希は陀艮から手加減されますが、それでも真希にとっては強敵で攻撃に耐えるだけで精一杯です。先に伏黒と合流するべきだったと後悔する真希ですが、タイミングよく伏黒が現れ領域を展開、さらに真希に特級呪具・游雲を届けます。

© 芥見下々 呪術廻戦 13巻より

第109渋谷事変㉗

陀艮の領域に侵入した伏黒は自身の領域を展開することで、陀艮の領域内での必中効果を打ち消します。陀艮は改めて必中効果を得ようと伏黒を狙いますが、直毘人、七海、真希が伏黒を守り、陀艮は伏黒に近づくことが出来ません。伏黒は七海に、陀艮の結界に穴を開けて領域の外に脱出する作戦を伝えます。

© 芥見下々 呪術廻戦 13巻より

第110渋谷事変㉘

伏黒の領域外への脱出という作戦は、暴走状態の禪院甚爾の乱入によって失敗に終わります。禪院甚爾はオガミ婆の術式の暴走によって、本能のまま戦い続ける殺戮人形と化していて、その牙はこの場所における一番の強者・陀艮に対して向かいます。真希から特級呪具・游雲を奪った甚爾は、陀艮を一方的に游雲で攻撃し続けます。

© 芥見下々 呪術廻戦 13巻より

第111渋谷事変㉙

暴走状態の甚爾は陀艮に反撃を許さず、一方的に攻撃し一人で陀艮を祓ってしまいます。陀艮がいなくなっても暴走状態の甚爾は止まらず、次は伏黒を狙おうとします。甚爾は伏黒と一緒に建物の外に飛び出して行ってしまい、真希達は伏黒を追おうとしますが、三人の元に突然 漏瑚が現れます。漏瑚はあっという間に七海、真希、直毘人に重傷を負わせ、止めを刺そうとします。しかしその時、突然宿儺の指が解放された気配を漏瑚は感じます。

© 芥見下々 呪術廻戦 13巻より

第112渋谷事変㉚

漏瑚は一時的にでも肉体の主導権を宿儺に移すため、虎杖に宿儺の指を10本、全て喰わせます。目覚めた宿儺は、指一本分くらいは聞いてやる、と枷場菜々子、美々子に何か話したいことがあれば言ってみろ、と言います。枷場菜々子、美々子は、偽物の夏油を殺してください、と宿儺に頼み、夏油の体を乗っ取った何者かを後悔させてやろうとします。しかし、宿儺は指の一、二本で指図されたことに怒り、枷場美々子を殺してしまいます。

© 芥見下々 呪術廻戦 13巻より

第113渋谷事変㉛

暴走状態の甚爾を相手に脱兎を使って攪乱し、影を使って甚爾のタイミングをずらし呪具で仕留めようとしますが、甚爾には呪具を避けられてしまいます。甚爾は伏黒を追い詰めますが、伏黒と戦う中で昔の記憶が蘇り、自分の子供であることを思い出します。伏黒が禪院の名前を名乗っていないことを知ると、甚爾は笑みを浮かべてそのまま自害してしまいます。

© 芥見下々 呪術廻戦 13巻より

第114渋谷事変㉜

伏黒は真希達と合流しようとしますが、呪詛師の重面春太に背後から襲われ、深手を負ってしまいます。一方、一般人の捜索を行っていたパンダと日下部篤也は、夏油派の呪詛師と遭遇します。特級呪霊の相手をしたくない日下部篤也、呪詛師の集団を相手にのらりくらりといこうと考えますが、漏瑚と宿儺が突然、戦闘を行いながら乱入してきます。

© 芥見下々 呪術廻戦 13巻より

第115渋谷事変㉝

俺に一撃でも入れられたら呪霊の下についてやる、という宿儺の言葉を信じ、漏瑚は宿儺と勝負をします。しかし、宿儺の強さの前に漏瑚の攻撃は通用せず、漏瑚は何とか一撃だけでも入れようと、漏瑚は極ノ番「隕」を使用します。特級呪霊同士の戦いに巻き込まれたくない日下部篤也は、さっさと逃げようとしますが宿儺に「よし」と言うまで動くのを禁じられてしまいます。

© 芥見下々 呪術廻戦 13巻より

おまけ 化け物級の相手ばかりさせられる漏瑚

五条悟や宿儺など、化け物級の相手ばかりさせられてため息をつく漏瑚です。第115話でも宿儺と勝負をしていますが、散々な目に遭っています。

© 芥見下々 呪術廻戦 13巻より

まとめ

13巻では、陀艮と直毘人、七海、真希の戦い、甚爾と伏黒の戦い、さらに漏瑚と宿儺の戦いが主に描かれています。

陀艮との戦いでは、直毘人、七海、真希、さらにその後合流した伏黒の四人でも苦戦しますが、暴走状態の甚爾は陀艮の領域に乱入してくると、陀艮を一人で祓ってしまいます。

漏瑚は、俺に一撃でも入れられたら呪霊の下についてやる、という宿儺の言葉を信じ、宿儺と勝負をします。しかし、漏瑚は極ノ番「隕」を使用しても宿儺に傷一つ負わせられず、さらに領域を使わないでいると、負け犬根性極まれりだな、と宿儺に言われ散々な目に遭います。

だいぶ長く続いている「渋谷事変」ですが、宿儺が(一時的にとはいえ)復活し、好き勝手に暴れ始めました。真人や夏油もまだ健在なので、「渋谷事変」はまだまだ終わりそうにありません。

 

14巻のあらすじ、ネタバレはこちらの記事です。

【ネタバレ】呪術廻戦 14巻 渋谷事変-理非- のネタバレ、感想
週刊少年ジャンプで連載中の呪術廻戦の14巻 渋谷事変-理非- の感想、ネタバレです。 14巻は、第116話から第124話まで掲載されています。 前巻、13巻のあらすじ、ネタバレはこちらの記事です。 14...

 

13巻、コミックの購入はこちらからどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました