【ネタバレ】ランス10 プレイ日記 その120 クエスト 2つの災厄 その1

今回、クエスト「2つの災厄」を中心に進めていきます。

スポンサーリンク
google adsense

クエスト「2つの災厄」

クエスト「浮遊するだけのランス城」

準備クエスト「浮遊するだけのランス城」を攻略します。

ランスがランス城の端に立って、遠くを見渡しているのを見てシィルがランスに声をかけます。

ランスはランス城がただ浮かんでいる事をもったいないと言い、なんとか動かせないかと考えます。

そこに忙しそうにしているマリアがいます。忙しそうにしているマリアですが、ランスはおかまいなくマリアに話しかけます。

マリアにランス城を動かせるように言います。

が、即決で無理だと言われます。

マリアでは無理でしたが、ランスは他に名案を思い付き、キャンテルを呼び止めます。

ランスから暇そうと言われますが、哨戒や防衛をしているキャンテルは不満そうです。

おかまいなしのランスは、キャンテルにランス城を引っ張って飛ぶように命じます。さすがにキャンテルも、何言っているの?という感じです。

かまわず、キャンテルとランス城を結ぶ巨大ロープをシィルとパットンが持ってきて、キャンテルの前に置きます。

ランスはうし車と同じだと言い、キャンテルに出来なくはないだろうと言います。無理だと言うキャンテルに、やる前からほざくな、この敗北主義の風邪引きトカゲが!といい、いいからやれと言います。

無理なのは分かっていますが、パットンもキャンテルも言いだしたら聞かないランスの性格を分かっているので、とりあえず試します。力一杯ランス城を引っ張るキャンテルです。

少しずつランス城が動き、ランスはこのまま魔物界まで一直線だと意気揚揚です。

しかし、案の定無理がありキャンテルがもう無理だと諦めてしまいます。

力尽き落下するキャンテルに引きずられランス城も落ちますが、ここでは落下途中でキャンテルがもう一度力を振り絞り、何とか空中でキャッチしています。

結局、キャンテルに引っ張ってもらう案は駄目でランス城を移動する事は出来ませんでした。

クエスト「2つの災厄」

続いて作戦クエスト「2つの災厄」を攻略します。このクエストは暴走する最強の魔物と最強の魔法使い、どちらかを選択する必要があります。

マップはこんな感じです。すごく単純です。

ランス城にゼスの兵が多いと感じているランスですが、シィルがゼスの山田千鶴子が来ているせいでは、と言います。

そんな話をしていると不機嫌な山田千鶴子が慌ただしく歩いていて、すぐにゼスに帰らないといけなくなったと言います。

ランスがゼスでトラブルか?と聞く、山田千鶴子は「アニスが」と言います。これだけで全てを察せられるぐらいアニスは迷惑な存在ですが、今回は逆立ちするわんわんに吠えられて暴走しているようです。

今回も敵も味方も見境無いそうなので、ランスは放っておけばいいのではと言いますが、力尽きた時に魔軍に襲われると危険だし、今回は補給物資を溜め込んでいる町に突っ込んでいるようで放っておけないようです。

さらに山田千鶴子だけでなく、クリームもランスに会いに来ます。

山田千鶴子に挨拶するクリームです。千鶴子に千鶴子四天王と言った時に、千鶴子で結構と言われて「見た目ほど固くないのかしら?」と思うクリームです。

クリームが会いに来たのはトッポスが現れどう対処すべきとの話です。

トッポスは敵も味方も見境なしで誰も近づけない状況だそうです。

そしてトッポスは補給物資を溜め込んでいる町へ突っ込んでいて放置しておけないそうです。まさしくアニスの時と同じ状況です。

どうにかする必要がありますが、両方まとめて対処するのは無理です。せめてどちらかだけでも…。

ここのクエストはトッポスか、アニスどちらかを選択する必要があります。今回は今後の攻略も考慮して、トッポス側を選択します。

アニスは山田千鶴子に任せてトッポスにむかいます。

まとめ

作戦クエスト「2つの災厄」を攻略する為に、2つのクエストを選択しました。実際は、クエストを実行さえすれば、作戦クエスト「2つの厄災」を選択できるので、簡単だと思います。

この後は、いよいよ対トッポス戦です。

前回の記事です。

今回も準備クエスト「魔王を惚れさせる名案」を進めていきます。 準備クエスト「魔王を惚れさせる名案」 美樹の記憶を操作 引き続き...
スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

トップへ戻る