【ネタバレ】ランス10 プレイ日記 その216 食券イベント60

食券クエスト、やっていきます。今回はロナとソルトアンの食券イベントです。

スポンサーリンク
google adsense

食券イベント

ロナ 食券イベント B

ロナの食券イベント Bです。

おはようございます、ご主人様、シィル様、何かお申し付けはございますでしょうか?と、いつものように朝、ロナがランスの部屋に来て用はないかと聞いています。

おはよう、ロナちゃん、うぅん、今日は大丈夫よ、とシィルが用はない事を伝えますが、隣でランスが、ふーむ……、と唸っています。

その様子を見たロナが、如何致しましたか、ご主人様、何か仕事でしょうか?とランスに、尋ねます。

するとランスはロナをまじまじと見ながら、せっかく可愛い女の子ゲットしたのに、こう小さいんじゃなあとな……、まあ成長が楽しみになったと思えばいいか、とボヤきます。

そしてランスは軽い気持ちで、よし、ロナ、試しに裸になってみろ、とロナに言います。

服を脱ぐように命じるランスにシィルが驚いていると、ロナは、はい、かしこまりました、と恥ずかしがる様子もなく、ロナはあっさりと服を脱ぎ、裸体をランス達の前に晒します。ランスが、ちょっとくらいは恥ずかしがるかと……、羞恥心なんかは育ってないのか、と言いますが、ロナは羞恥心の意味が分からず首をかしげるだけです。

その後、ランスはロナに身体検査と称して体を調べますが、特にレッドアイに苛められた傷などは残っておらず、これはクルックーが治したとの事です。すごい痩せっぽちで、あばらが浮くくらい体が貧相ですが、これはレッドアイといた昔は、食事は三日に一度、あれば良い方で、大体は死んでしまいそうになる前、ぐったりした頃に食べ物が与えられる、そんな生活を送っていたからだそうです。その話を聞いたランスは、ぬ、ぬぬぬ……、と唸った後、大声でビスケッタを呼びます。

どこからか現れたビスケッタに、ランスは用ーーーー意!と命令し、ビスケッタも尋ねることも無く、かしこまりました、と返事をします。

ロナは、食堂に連れてこられ、ロナの前に大量の食事が並べられます。

ランスは、肉だ肉、肉を食べてぶくぶくと……、は、駄目だ、とにかく食べまくって、ぷくぷくくらいにはなりなさい、とロナにたくさん肉を食べるように言います。

ロナは、……はい、かしこまりました、はむ……はむ……、ととりあえず言われた通り、目の前の食事をもぐもぐし始めます。

シィルも、おかわり、おかわりいっぱいあるからね、とロナにたくさん食べるように食事を勧めます。

ロナ本人だけが、何故ご飯をいっぱい食べるように言われているのか、分かっていないまま、訳が分からない状態のロナは骨付き肉にかぶりつきます。

ソルトアン 食券イベント A

ソルトアンの食券イベント Aです。

サイアスと一人の少女が昼食は中庭にしよう、と話をしています。

そこにランスが通りかかり、廊下でサイアスと自分が知らない少女が連れ立って歩いている所を見つけます。サイアスもランスに気付き、あっ…………、と声を出し表情が変わります。

何をイチャイチャと!俺様の城で口説いとるんじゃ貴様ーーー!!と、一瞬で沸騰したランスがカオスを抜いてサイアスに斬りかかります。

バリア、と割って入った少女のバリアはランスの一撃を受け止め、弾き返します。おおっ……!?と思わず声を出しランスは驚きます。そして、ぬ……君、やるではないか、だがその男は顔だけのクズだぞ、やめた方がいい、とサイアスをボロクソにけなします。

するとサイアスは誤解だと言い、こっちはソルトアン、王国親衛隊からうちの炎軍に出向している、部隊長の一人だよ、つまり、仕事仲間だ、と少女、ソルトアンを紹介します。

どうも、総統閣下さん、とソルトアンはランスに挨拶をします。四天王の直属部隊って所かな、本来は、俺たち四軍とは別系統なんだが……、とサイアスが説明すると、ソルトアンが、戦況が悪いから、って編入されたの、とサイアスの軍に来た経緯をランスに説明します。……とまあそういうわけだ、本来はウルザの下で、捜査官みたいな仕事をしてたらしい、とサイアスが言うと、よしよし、ならが総統閣下とベッドで戦況会議だ、とランスが全く脈絡なく話を展開させます。

却下、それより、ちょうどいいわ、総統さんにはゼスやゼス国民に対する、様々な違法行為の容疑があるんだけど、とばっさりランスの話を切り捨てると、ソルトアンは捜査官の仕事を始めて、ランスの様々な違法行為の話を始めます。

しかしランスは気にせず、がっはっは、そんな事か、気にするな気にするな、俺がそんな罰、大人しく受けるとでも……、と軽くソルトアンの話を流そうとします。すると、罪を認める形跡無し……てことは、即決刑罰、魔法による要因機能の一時停止、つまりこの場合は……男性器、とソルトアンはランスに言います。

そしてソルトアンはいきなり、即決刑罰執行!と言って、まっすぐランスの股間を狙って魔法を放ちます。ランスは間一髪回避すると、お、お、恐ろしい事をするな、君は!とソルトアンのいきなりの魔法に驚きます。

安心して、しばらく……一週間から一ヶ月くらい、そこが機能しなくなるだけだから!とソルトアンは言いますが、ランスは、最悪の展開だぞそれ!とソルトアンに怒ります。

ランスは一時退却を余儀なくされ、どこかに逃げます。それを見ながらサイアスは、やれやれ、行っちまった、………………ま、ウルザ辺りがなんとかするか……、と呟きます。

まとめ

魔人レッドアイに日々、虐待を受けていたロナは食事も満足にとらせてもらっていなかったため、あばらが浮き出るくらい痩せています。それを見たランスは、たくさん食事をとらせようと、ビスケッタを呼んで肉を大量に用意します。食べさせまくるランスですが、奴隷としての生活が長いせいで一般常識を知らず、自分が虐待を受けていた事にロナ本人は全然気づいていません。

ゼスの炎軍にいるソルトアンですが、以前はウルザの下で捜査官をしていたようで、ランスの様々な違法行為をいきなり取り締まろうとします。しかし、違法行為を取り締まる為とはいえ、いきなり問答無用で局部を魔法で攻撃して機能不全にしようとする辺り、任務の事になると結構過激です。

次回、ハイジの食券イベントです。

食券イベント ハイジ 食券イベント C ハイジの食券イベント Cです。 はーい失礼しまーす、ご主人様、お茶ですよー...

前回の記事です。

食券クエスト、やっていきます。今回はキバ子の食券イベントです。 食券イベント キバ子 食券イベント C キバ子の食券イベント ...
スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

トップへ戻る