【ネタバレ】ランス10 プレイ日記 その153 クエスト「作戦 ベズドグ山に突撃」28

引き続き、クエスト「作戦 ベズドグ山に突撃」の攻略を進めていきます。

スポンサーリンク
google adsense

クエスト「作戦 ベズドグ山に突撃」28

魔人ケイブリスのイベントをみた後は、再びMAPを進めます。自動戦闘後に、ボス戦がありそうです。

自動戦闘は今まで通り、ボーナスのフォーカードやファイブカードが出るまで戦闘を繰り返せば、今後が楽になります。ただ、自動戦闘は繰り返してもなかなかフォーカードやファイブカードのボーナスが出ない時があるので、そんな時はあまり拘らず先に進めた方が、時間をとられなくていいと思います。

ボーナスのフォーカードやファイブカードがつけば、経験値にもボーナスがつくのでRankUp稼ぎにはちょうどいいです。

自動戦闘後にMAPを進めると、大ボスマスがありボス戦がありそうです。

腐ったバイランローズ

ランスが魔人ケイブリスを目指して歩いていると、どこからか変な声が聞こえてきます。シィルが変な声ですか?と聞き直し、耳をすませると確かに謎の可愛らしい声がどこからか聞こえてきます。

ランスはこの声にどこかで聞いたことがあるような気がすると思っていると、シャリエラが懐かしい…、と呟きます。そして、ランスが周囲を見てみると。。。

泥姫バイランローズがドロドロに溶けた状態で、らんらん、るんるんと歌っています。さすがにその姿かたちに驚くランスですが、ベゼルアイは変わり果てた姿ながら、この魔物が泥姫バイランローズだと気付きます。そして泥姫バイランローズは、苦しそうな濁った呻き声を漏らし始めます。

ベゼルアイは泥姫バイランローズがこんな姿になってしまった原因は、腐敗物ばかりのここ環境のせいじゃないか知らと言います。泥姫の体のほとんどは泥で、周囲の環境を取り込む性質があるから、そのせいで腐敗物を取り込んでしまい、腐ったようなドロドロに溶けた状態になってしまったのではないかとベゼルアイは推測します。

魔人ケイブリスは門番にもかかわらずランス達を通してしまった、泥姫バイランローズにきっつい罰を与えると以前言っていたそうで、その罰と言うのがこの環境に放置する事だったようです。ランスはけったくそ悪い話だと言い、泥姫バイランローズに一緒に魔人ケイブリスをブッ殺しに行こうと誘います。

しかし腐った泥姫バイランローズはランスの誘いに乗らず、駄目だと拒否します。そしてもう失敗出来ないと言い、ランス達をもう通せないと言いながら襲ってきます。

ランスは驚きながらも身構えて、腐った泥姫バイランローズとの戦闘に備えます。

腐ったバイランローズ戦

腐った泥姫バイランローズとの戦闘です。

腐った泥姫バイランローズに対して、アナライズを行った結果です。4、8、12ラウンドで大技と体質再生を行ってきます。大技は大したことありませんが、体質再生(バイラン体質)が面倒くさいです。

バイラン体質を実行されると、バイラン体質を支援配置されてしまいます。

バイラン体質は物理反射で、攻撃を受けた時反撃で攻撃してきます。かなみの手裏剣などで、行動阻止して支援配置されないようにしましょう。

後、シィルの「ヒーリング」などで回復を行うと腐った泥姫バイランローズが「私もかいふくー」を使ってきます。名前から泥姫バイランローズも回復行動をするのかと思いましたが、泥姫バイランローズが大爆発を起こして自身にダメージを与えるだけなので、「ヒーリング」とかは使っても問題ないです。

バイラン体質を行動阻止すれば、後は腐った泥姫バイランローズのHPを削っていくだけなので、私はAP0攻撃で地道に削っていきました。ヒーリングしても勝手に自爆してくれるだけなので、特に苦戦しないと思います。

腐った泥姫バイランローズのHPもあと少しです。

腐ったバイランローズ戦、勝利

腐った泥姫バイランローズとの戦闘、勝利です。待機組と合流しているので、今まで使えなかったキャラも使用できて、若干楽になっていると思います。

まとめ

再び泥姫バイランローズが登場しましたが、魔人ケイブリスから罰を受けてしまい、インパクト抜群の姿になっての再登場です。まさか腐ってしまうとは、ベゼルアイも自分が産んだレア女の子モンスターがこんな姿かたちになって複雑なのでは?しかも泥姫バイランローズは腐敗しているので、回復行動をとっても自爆してしまう始末です。戦闘相手としては、特に苦戦する相手でもないのでバイラン体質に気を付ければ力押しでも倒せそうです。

前回の記事です。

引き続き、クエスト「作戦 ベズドグ山に突撃」の攻略を進めていきます。 クエスト「作戦 ベズドグ山に突撃」27 自動戦闘を行ったあ...
スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

トップへ戻る