【ネタバレ】ランス10 プレイ日記 2部 その23 魔王ランス

いよいよ今回は魔人シルキィ、ホーネット、サテラ、そして魔王ランスと戦闘です。翔竜山の周辺も大分暗くなってきました。

スポンサーリンク
google adsense

魔人、魔王との最終決戦

魔人シルキィ・リトル

魔人シルキィ・リトルと対決です。

無敵結界を破った後は、レリコフの「あれこれ破壊」で重装甲を破ります。

後は、「リトルの完全装甲」の効果でダメージ20万以下は、ダメージが通らないのでコンボや高AP攻撃で高ダメージを与えてください。

うまく「軍師効果」がのればコンボを考えなくても、ダメージが通るようになります。

撃破です。1部では無理ゲーだったリトル付きのシルキィもここでは楽勝だと思います。

シルキィも素直に退いてくれます。

魔人ホーネット

続いて魔人筆頭、ホーネットです。さすがに魔人筆頭だけあって強いです。

解除不可の六色魔道球がすごくウザいです。以下、各々の能力です。

←赤

←青

←黄

←白

←黒

←紫

六色魔道球の効果が切れると、即補充しようとします。ウズメの手裏剣で防げばいいのですが、防げませんでしたw

6,13,20,27,34ラウンドで魔力球が配置されるので注意しましょう。

しかたがないので地道にダメージを与えていきます。一度HPがヤバかったので「巫女回復の術改」でHPを回復しています。たぶん六色魔道球の補充を妨害できればもっと簡単でした。

21ターン目です。この辺まで来ると六色魔道球の補充はしなくなりますが、強攻撃を連発してくるので、これはこれで厄介です。

白色破壊光線の8倍攻撃までしてくるので、HPには気を付ける必要があります。が、対処さえ間違えなければ強くなった魔王の子供たちの敵ではないです。

撃破しました。戦闘、長かったです。

ホーネットも敗北を認め、道を通してくれます。

魔人サテラ

その頃魔王ランスはクルックー達から奪った、人類の切り札「氷像」を何時間も飽きることなく見ています。魔王の子供たちが城に侵入して来ても魔王ランスは特に興味もありません。他に魔人もいなくなったのでサテラが出撃します。

魔人サテラです。ガーディアンを何体か召喚しますが、支援除去を怠らなければ楽勝です。即席壁も乱義の「側面射撃2」で除去すれば問題ありません。

←今のエール達なら召喚されても対処できます

ゴリ押しでも勝てそうでした。

魔王ランス

いよいよ魔王ランスです。魔王と戦う前に戦うか、休むかの分岐がありますが初回は素直に回復ポイントのあるルートを選びました。

大分魔王化が進んでいるようで、既にダークランス、リセットら子供の事も覚えていません。戦闘前、一瞬前回の敗北のイメージがよぎりますが、今のエールには強く頼りになる仲間たちがいます!魔王ランス戦です。

ここはダークランスとリセットが言うように、隙が見えた時にリセットの「クラウゼンの手」で正気に戻す作戦をとります。魔王ランスを倒すルートもあるようですが、そちらは2週目以降で目指します。

HP残量が赤い状態になったら、魔王ランスの「隙無し」が解除されます。氷像に気を取られています。

この隙にリセットの「クラウゼンの手」で攻撃すれば、あっさり勝利です。

宝箱は「かなみ忍法帳」です。これさえあれば、天井裏生活も快適!

一瞬、リセットの「クラウゼンの手」が効いていないように見えましたが。

無事、記憶を取り戻します。

皆のお父さんがかえってきました。

まとめ

魔人シルキィ、ホーネット、サテラに勝利し、魔王ランスの記憶も取り戻しました。しかし魔王ランスが気を取られていた氷像の謎がとけていません。

次回は氷像の正体と、クルックーが何を隠していたかです。

大怪獣クエルプランと対決します。またあの人が復活します。

エピローグ 魔王ランスも正気に戻って子供達と話している所に、クルックーが現れます。クルックーは衝撃の事実を伝えます。 シィル...

前回の記事です。

12ターン、クエスト「魔王ランス」 特訓を経て強くなったエール達。最後の冒険に挑みます。 再びアメージング城へ 再びアメー...
スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

トップへ戻る