【ネタバレ】呪術廻戦 第262話-2「人外魔境新宿決戦㉞-2」あらすじ、ネタバレ

この記事はアフィリエイト・アドセンス広告を利用して作成しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

週刊少年ジャンプに掲載されている、呪術廻戦 第262話-2のネタバレ、感想です。

 

前回の記事はこちらです。五条乙骨は「小さい結界」を展開し、3分以内に「伏魔御廚子」を維持することが不可能なダメージを宿儺に与えようとします。

【ネタバレ】呪術廻戦 第262話「人外魔境新宿決戦㉞」あらすじ、ネタバレ
週刊少年ジャンプに掲載されている、呪術廻戦 第262話のネタバレ、感想です。 前回の記事はこちらです。羂索の術式を使って五条悟の肉体に渡った乙骨は、宿儺に無量空処を使用します。 完全顕現したリカの様子が… 週刊少年ジャンプ 2024年28号...

 

スポンサーリンク

五条乙骨が虚式「茈」を放つ

今回は第263話ではなく、第262話-2となっていて第262話の続きと言う形になっています。おそらくコミックス収録時には、第262話と第262話-2を合わせて第262話と言う形になるのでは、と推測します。

© 芥見下々 呪術廻戦 262話-2より

リカは五条乙骨には憑いていない

お互い3分以内に相手の領域を破壊し決着をつけようと、乙骨は無下限呪術で宿儺を攻撃し、宿儺は領域展延で無下限呪術を中和しつつ乙骨を攻撃します。五条乙骨の肉体にはやはりリカは憑いてこなかったようで、前回乙骨の肉体を抱きしめて泣いていたリカは乙骨の肉体がある部屋にいるようです。五条乙骨の肉体にリカが憑いていないので、無下限呪術以外の術式は使えませんが、宿儺は左腕を失ってから世界を断つ斬撃を出していないので、今は展延以外に無下限呪術を破る術はないと乙骨は判断しています。

© 芥見下々 呪術廻戦 262話-2より

 

世界を断つ斬撃を使えないので乙骨は、アドバンテージは僕にある、と考えますが距離感をミスったようで、上手く無下限呪術を使った攻撃が宿儺に決まらなかったようです。

© 芥見下々 呪術廻戦 262話-2より

無下限呪術に手を焼く五条乙骨

一度入れ替え修行を行って乙骨は無下限呪術を練習していますが、無下限呪術は想像以上にピーキーな術式で、一度の入れ替え修行では乙骨といえども使いこなせないようです。乙骨は無下限呪術を使って宿儺を吹き飛ばすような素振り見せますが、不発に終わってしまいます。どうやら無下限呪術を使いこなすには、やはり六眼は必要不可欠なようです。

© 芥見下々 呪術廻戦 262話-2より

 

乙骨は五条の事を思い出し、五条が最強を言えるようになるまでどれほど修行をしたのか想いを馳せます。しかし、宿儺も乙骨が無下限呪術に手を焼いている事に気付いたようで、そんな暇があるのか?と、戦闘中に考え事をしている乙骨に容赦なくパンチを浴びせます。宿儺は戦いながら、乙骨が今この状態で「模倣(コピー)」の術式を使えるのか?と、考えます。使えたとしても模倣(コピー)した術式は把握しているし、模倣(コピー)した術式を複数同時使用できないことは一度目の領域内で確認済みと宿儺は考え、無下限呪術以外の手札は今、乙骨にはないと判断します。さらに、乙骨が初めからこの戦いの先を考えておらず、羂索の術式が終了した時肉体が維持できず死んでも構わないと考えていたら、取る手段は………、と宿儺は何かを推測します。ここで、235話の五条が遠隔で虚式「茈」を発動させた時の場面が描かれます。宿儺は乙骨がこの戦いの先を考えていなければ、第235話の五条のように自身も巻き込む無制限の虚式「茈」を乙骨が使ってくるかも?と、想像したかもしれません。

【ネタバレ】呪術廻戦 第235話「人外魔境新宿決戦⑬」あらすじ、ネタバレ
週刊少年ジャンプに掲載されている、呪術廻戦 第235話のネタバレ、感想です。 前回の記事はこちらです。五条が数的に不利になり、乙骨は戦いに乱入しようとします。しかし、五条の一騎打ちにこだわる鹿紫雲一は乙骨を止めようとします。 自爆覚悟の虚式...

© 芥見下々 呪術廻戦 262話-2より

 

乙骨は五条の肉体の記憶をひとつひとつ丁寧に読みながら、“九綱”“偏光”と茈を発動させるための呪詞の詠唱を行います。しかし宿儺は茈を出す為のタメ、隙は与えず、展延で無下限呪術を中和しつつ打撃を乙骨にくらわせて、呪詞の詠唱をさせません。一方、乙骨は宿儺はまだ「模倣(コピー)」を警戒しているかもしれないが、「模倣(コピー)」した術式を2つ同時に使えないと思っているので、対策が容易なこの術式でも「無量空処」の中でなら通ると断言します。

© 芥見下々 呪術廻戦 262話-2より

 

乙骨は術式順転「蒼」を使用して、領域内の様々な物体を引き寄せます。その中にボイスレコーダーがあり、それも引き寄せられます。

© 芥見下々 呪術廻戦 262話-2より

狗巻の呪言をボイスレコーダーで再生

宿儺の背後でボイスレコーダーから音声データが再生されます。その音声データとは、「動くな」という狗巻の呪言でした。宿儺も何かに気付いたのか背後を振り返ります。

© 芥見下々 呪術廻戦 262話-2より

狗巻も大ダメージを負う

携帯電話や拡声器を介しての呪言が有効だったように、ボイスレコーダーでの再生でも狗巻の呪言は有効なようで宿儺は動けなくなってしまいます。まさか「模倣(コピー)」した術式ではなく、本家の術式を使ってくるとは宿儺も予想していなかったようで、完全に不意を突かれました。しかし宿儺に呪言を使った反動は大きく、狗巻は口から大量の血を吐きかなりのダメージを負ってしまいます。それでも宿儺に大きな隙ができ、その隙を見逃さず乙骨は“九綱”“偏光”“烏と声明”“表裏の間”と呪詞の詠唱を終えます。

© 芥見下々 呪術廻戦 262話-2より

 

そして乙骨は動きが止まって隙だらけの宿儺に、虚式「茈」を放ちます。

© 芥見下々 呪術廻戦 262話-2より

まとめ

第262話-2では、乙骨は無下限呪術に手を焼きながらも、虚式「茈」を発動しようとします。しかし、宿儺も茈を発動させる隙を与えず、乙骨に呪詞の詠唱をさせません。ここで、乙骨は狗巻の「動くな」という呪言が入ったボイスレコーダーを再生させて、宿儺の動きを止めます。宿儺も乙骨の「模倣(コピー)」は警戒していましたが、本家の方が来るとは思っておらず、呪言をくらってしまいます。第222話の乙骨と狗巻の会話で、乙骨が、ありがとう、使わせてもらうよ、と狗巻に言っていましたが、このボイスレコーダー(音声データ)の事だったようです。

© 芥見下々 呪術廻戦 222話より

【ネタバレ】呪術廻戦 第222話「予兆」あらすじ、ネタバレ
週刊少年ジャンプに掲載されている、呪術廻戦 第222話のネタバレ、感想です。 前回の記事はこちらです。五条悟がついに復活、羂索を殺そうと一気に羂索の元まで移動します。 そして最終決戦、五条と宿儺の戦いへ 指を食べて、五条との戦いに備える宿儺...

これで宿儺が茈をくらって領域展開「伏魔御廚子」を維持できなくなるほどのダメージをくらえば、乙骨の勝利は確定となりそうな流れですが、果たして上手くいくでしょうか?

 

週刊少年ジャンプ 2024年33号の、少年ジャンプ+・ゼブラックでの電子配信日は7月15日(月曜)0時です。

次回、羂索の術式が焼き切れてしまい、乙骨は五条の肉体を操れなくなり行動不能に陥ります。

【ネタバレ】呪術廻戦 第263話「人外魔境新宿決戦㉟」あらすじ、ネタバレ
週刊少年ジャンプに掲載されている、呪術廻戦 第263話のネタバレ、感想です。 週刊少年ジャンプ 2024年33号の、少年ジャンプ+・ゼブラックでの電子配信日は7月15日(月曜)0時です。 前回の記事はこちらです。五条乙骨は無下限呪術を使いこ...

 

最新刊、27巻を購入される方は、こちらから。

こちらはKindle版です。

こちらはコミックス(紙)です。

呪術廻戦 27 (ジャンプコミックス)
集英社
¥572(2024/07/23 09:26時点)
コミックス(紙)

楽天市場はこちらから、どうぞ。

 

発売中のコミックス27巻のネタバレ、感想も書いています。

【ネタバレ】呪術廻戦 27巻 バカサバイバー!! のネタバレ、感想
週刊少年ジャンプで連載中の呪術廻戦の27巻 バカサバイバー!! の感想、ネタバレです。 27巻は、第237話から第245話まで掲載されています。 前巻、26巻のあらすじ、ネタバレはこちらの記事です。 27巻 27巻の表紙は、髙羽史彦です。 ...

コメント