【ネタバレ】ワールドトリガー 178話「二宮隊」あらすじ、ネタバレ

ジャンプSQ 2019年5月号に掲載されているワールドトリガー 178話のあらすじと感想です。

前回の記事はこちらです。いよいよ最終戦の対戦相手が決まります。

ジャンプSQ 2019年4月号に掲載されているワールドトリガー 177話のあらすじと感想です。 前回の記事はこちらです。B級ラ...

スポンサーリンク
google adsense

二宮隊との焼き肉

弄ばれる辻

最終戦に向けて夕食は焼肉を食べに来た玉狛支部の四人ですが、そこで二宮隊と遭遇します。若干緊張する三雲とは対照的に、小南と宇佐美は迅に積極的に絡もうとし、氷見から辻で遊ばないようにと警告を受けます。

© 葦原大介 ワールドトリガー 178話より

そういえば13巻の辻のキャラ紹介で、異性への耐性がなく女子と目を合わせることすら困難という設定がかいてありました。

© 葦原大介 ワールドトリガー 13巻より

今度は犬飼から話しかけられる小南ですが、どうやら犬飼は初々しさが足りず小南にとってはお断りのようです。その後、両チームおもいおもいに最初の注文を行います。玉狛支部の女性陣三人と焼肉に来た三雲に対して、辻は女子との3対1ごはんに驚きます。

© 葦原大介 ワールドトリガー 178話より

鳩原 未来

小南は三雲が女子相手に緊張しないのは、母親が美人だからだと断言し、辻がその発言に驚きます。雨取の方は、ごはんが大好きなようで、ごはんばかり食べています。辻がまともに会話できる女子は氷見と鳩原ぐらいだと犬飼が言います。辻曰く、鳩原先輩は最初から優しかったから話せたとのことです。

© 葦原大介 ワールドトリガー 178話より

鳩原の事が気になっていた三雲に、犬飼が鳩原の話題で話しかけてきます。宇佐美と小南には鳩原の事を話していなかったようで、小南が鳩原の話題に食いついてきます。そして犬飼の話で明らかになりますが鳩原が向こうに行きたがっていた理由、そして遠征選抜を目指していた理由は、鳩原の弟がむこうに連れていかれていたことが理由でした。

© 葦原大介 ワールドトリガー 178話より

鳩原の話題から鳩原が遠征選抜に選ばれなかった理由が人を撃てなかった事が理由という話題に移り、雨取にも話が移ります。雨取がROUND 7で爆撃による攻撃で人を撃てたことから雨取が、人を撃てないことを克服できたのではと犬飼は揺さぶりをかけてきました。

そして警告なのか分かりませんが、雨取が人を撃てたとしても現状は空閑とヒュースの二枚看板の方が、現実的な脅威だと犬飼は言います。

© 葦原大介 ワールドトリガー 178話より

さらに犬飼はヒュースがむこうから来た人だとか、トリオンの量がすごい雨取はむこうの人っぽいと揺さぶりをかけてきます。がっつり揺さぶりに引っ掛かる小南ですが、既に二宮隊にはヒュースの素性はボーダー本部経由で伝わっていたそうです。

© 葦原大介 ワールドトリガー 178話より

犬飼はヒュースのトリオン量の大きさからエスクード以外にも、隠し玉がある事を見抜きます。ヒュースがアステロイドだけでなく、バイパーという隠し玉がある事も見抜かれているかもしれず、三雲は内心動揺します。しかしここで二宮は会計を始め食事を終わらせます。

© 葦原大介 ワールドトリガー 178話より

二宮隊との食事後

焼肉を食べた後、玉狛支部で二宮隊との出来事を空閑、ヒュースにも話します。バイパー作戦がバレていた事を話し三雲は、ヒュースがせっかく次戦のために隠しておいてくれたのにと、残念がります。

© 葦原大介 ワールドトリガー 178話より

しかし空閑とヒュースは特に問題ないと言い、バイパー作戦は二宮隊以外の生駒隊と弓場隊に使えば点は獲れると言い、二宮隊には二宮隊専用の新手を考えればいいと前向きです。むしろ食事の時の揺さぶりは隊長の三雲を動揺させるのが、狙いだった可能性もあると宇佐美は言います。

© 葦原大介 ワールドトリガー 178話より

さらに陽太郎が、二宮はヒュースが倒すと言いだします。陽太郎は一見考えなしですが、宇佐美の考えではトリオン量で二宮に勝てるのは、ヒュースと雨取だけだと言い正面からぶつけるのはその二人だけだそうです。正面から二宮を撃つには雨取がシールドでフルガードし、ヒュースの弾トリガーで撃つ戦法が無敵だと言います。

© 葦原大介 ワールドトリガー 178話より

ヒュースは、射撃戦の戦法としてはそれでもいいが、機動戦になると雨取がついてこれなくなるので他の戦法案が欲しいと言います。そこでヒュースと雨取は二宮隊のログを見て射撃戦の対策を練る、宇佐美と陽太郎はそのサポート、三雲と空閑は射撃戦以外のパターンを考えてさらに二宮隊以外のチームの情報収集、といった指示を三雲は全員に出します。

© 葦原大介 ワールドトリガー 178話より

雨取の「人を撃てない」の奥底

早速ヒュース、雨取、宇佐美、陽太郎の4人は過去のログから射撃戦への対策を練ろうとしますが、二宮隊と射撃戦をしようとするチームがおらず、過去のログを見ても射撃戦の参考になりません。宇佐美が悩んでいる時、ヒュースが雨取に対してひとつ確認したいことがあると話し始めます。ヒュースは、雨取が本当は人が撃てるのではないかと言います。宇佐美が雨取は人を撃てないとフォローしますが、それを知ったうえでヒュースはもう一度、雨取は人を撃てると思っていると言います。

© 葦原大介 ワールドトリガー 178話より

まとめ

二宮隊との食事では鳩原に弟がいること、近界に誘拐されたこと、弟を探しに行くため遠征選抜を目指していたことが判明します。三雲も驚いていましたが、二宮隊の中では鳩原の話題は軽く出せる話題のようです。

二宮隊には揺さぶられましたが、バイパー作戦は二宮隊以外に使用することで問題なく、二宮隊には新手を考えます。そこでヒュースが雨取に、本当は人を撃てるだろうと言い出します。部屋の外で木崎が会話を聞いているシーンがあったので、何かあれば木崎がフォローしてくれるとは思いますが、ヒュースが最終戦前のタイミングでこんな事を言い出した真意が気になります。

最新刊19巻を購入される方は、こちらから。

スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

トップへ戻る