【ネタバレ】ワールドトリガー 199話「B級ランク戦終了」あらすじ、ネタバレ

ジャンプSQ 2020年9月号に掲載されているワールドトリガー 199話のネタバレ、感想です。9月号は一挙2話掲載です。

前回の記事はこちらです。B級中位最終戦も勝敗は決まり、試合終了です。

ジャンプSQ 2020年9月号に掲載されているワールドトリガー 198話のネタバレ、感想です。 前回の記事はこちらです。香取隊...

スポンサーリンク
google adsense

B級中位最終戦終了、それぞれの隊は

今期の全ての試合が終了

B級中位最終戦は那須隊勝利で終了し、解説席では今回の試合を振り返っています。那須隊のMAPを使った戦術としては、今回の戦術はよりマイルドでその分柔軟な戦い方を準備してきていました。

© 葦原大介 ワールドトリガー 199話より

最後の堤の防御は2枚のシールドで那須のバイパー、置き弾、日浦の狙撃の3つの攻撃を防ぐ満点の回答と思われました。しかし、固定シールドを使った事で堤が動かなくなったことで、逆に日浦は急所狙いからトリオン露出狙いに切り替える余裕が生まれました。堤も置き弾に気を取られて、考えが頭か心臓の急所狙い一本道になった事を悔やんでいます。

© 葦原大介 ワールドトリガー 199話より

試合後、香取隊では若村が自分の指揮のせいで、と自分の責任を感じていますが、別にあんた1人のせいじゃないでしょ、と香取は若村の責任を気にしていません。これが今の香取隊の実力ってこと、それだけの話よ、と今の香取隊を冷静に見ています。

© 葦原大介 ワールドトリガー 199話より

オペレーターの染井も今回は香取に賛成で、なんとなくで上位残留にならなくてよかったと思う、自分達のいる位置を自覚しないと、何をすべきかは見えてこないから、と染井は若村と三浦に言います。

© 葦原大介 ワールドトリガー 199話より

元弓場隊、神田の門出を祝って

後日、弓場隊と王子隊の王子と蔵内が集まって、食事会を開いています。元弓場隊、神田の門出を祝って集まったようです。

© 葦原大介 ワールドトリガー 199話より

神田の進学先は九州で、三門近辺でも建築系に強い学校はあるようですが、九州の大学の近くには神田の親の知り合いの事務所があり、そこから誘いがあったからのようです。神田は大学に行きながら、そこでバイトをして仕事を覚えるつもりのようです。

© 葦原大介 ワールドトリガー 199話より

弓場隊の今回のシーズンに関しては8位に終わり、予想通り神田から自分という存在のでかさが浮き彫りになった感じっスかねー、と言われてしまいます。しかし帯島の成長も見れたので、先行きはそんなに暗いわけでもないと弓場は言います。

© 葦原大介 ワールドトリガー 199話より

神田からも、帯島はこっからどんどん強くなるさ、と言われると、帯島は試合中に空閑にも、おびしまちゃんは強くなるよ、おれが保証する、と言われた事を思い出し、思わず泣き出してしまいます。やっと、負けて悔しいと思えてきて、涙があふれて来たようです。

© 葦原大介 ワールドトリガー 199話より

悔しいんなら泣きゃあいい、……そのかわり、泣いた分だけ、強くなれよ、と弓場に言われて、帯島は笑顔で、ハイ!と答えます。

© 葦原大介 ワールドトリガー 199話より

日浦は三門市から引越し

日浦は、那須隊の皆や、スナイパー繋がりで雨取と夏目に見送られて引越しです。日浦の師匠である奈良坂には一昨日、スナイパーの集まりでちゃんとお礼を言えているようです。

© 葦原大介 ワールドトリガー 199話より

那須と一緒に別れを惜しんでいると、日浦は那須隊のこれからという事で、自分の後のスナイパーとして夏目を後任に推薦します。自分が那須隊に推薦されて驚く夏目です。

© 葦原大介 ワールドトリガー 199話より

日浦から、出穂ちゃんは絶対強くなりますよ!当真先輩もそう言ってたし、と夏目を推しますが、夏目本人はただのC級っすよ!?と遠慮します。しかし、日浦から意見を聞かれた雨取も夏目に出来ると思うと言い、他の那須隊も夏目を歓迎します。夏目も照れながら、B級に上がれたらお願いします、と言い夏目は那須隊に内定します。

© 葦原大介 ワールドトリガー 199話より

わたしもずっと那須隊ですから!またメールしますね~~!と言いながら夏目は引っ越していき、那須隊と雨取、夏目は車で去っていく日浦を見送ります。

© 葦原大介 ワールドトリガー 199話より

会っておいてほしい人とは?

場面変わって、玉狛支部では空閑と三雲が遠征選抜試験について話していると、メガネくんと遊真には、会っておいてほしい人がいるんだ、と迅から言われます。

© 葦原大介 ワールドトリガー 199話より

まとめ

B級中位最終戦後、それぞれの隊で試合を振り返っての話などをしています。那須隊は、日浦が前に話していた通り中学卒業と同時に三門市から引っ越しとなってしまいましたが、電車で2時間の距離のようですし、まだ今後も出番があるかもしれません。そして、197話のコメント欄で教えてもらった通り、夏目が那須隊に加入の流れとなりました。B級に上がれたらという事で内定の状態ですが、那須隊のスナイパーとしてランク戦に参加する日も近そうです。

そして、迅から遠征選抜試験の前に会っておいてほしい人がいると言われますが、一体誰の事でしょうか。

次回、玉狛支部に来た三雲と空閑は、ある女性と会います。

ジャンプSQ 2020年10月号に掲載されているワールドトリガー 200話のネタバレ、感想です。10月号は一挙2話掲載です。 ...

最新刊22巻を購入される方は、こちらから。

発売中のコミック22巻のネタバレ、感想も書いています。こちらからどうぞ。

ワールドトリガー22巻には、第188話から第196話まで掲載されています。 22巻の収録内容 22巻の表紙は雨取 千佳です。 ...
スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

トップへ戻る