【ネタバレ】ヒナまつり 第九十九話『それからの日常 前編』の感想

ハルタ 2020年 volume 75に掲載されているヒナまつり 九十九話のネタバレ、感想です。

前話、九十八話の記事です。成功を祝して、いつものキャバクラで打ち上げです。

ハルタ 2020年 volume 74に掲載されているヒナまつり 九十八話のネタバレ、感想です。 前話、九十七話の記事です。い...

スポンサーリンク
google adsense

二年後のヒナ達

ライブ、そして打ち上げから2年後のヒナです。ラストエピソードとして、今回が前編、次の話が後編になるそうです。次で最終回のようですね。

© 大武政夫 ヒナまつり 99話より

ヒナは高校卒業後、ゲーム専門学校へ

伝説のライブから2年後、ヒナが朝食を食べながらテレビを見ていると瞳が人類最速で、世界長者番付にランキング入りを果たしたと、ニュースが流れています。10台のうちに資産が五千億超えているそうです。

© 大武政夫 ヒナまつり 99話より

そしてヒナは学校に向かいます。今日から授業のようで、新田から授業中に寝ないように注意されていますが、ヒナは自信満々に、私をなめないでいただきた、と新田に返事をします。学校に行く途中で貴志と偶然会います。貴志もヒナと同じゲーム専門学校に通っているようで、中学からヒナを知っている貴志は、どうせ寝るだけだろ、とヒナが寝ること前提で話し始めます。しかしそれは偏見だよ、とヒナは言い、今は違う、夢をかなえるためならがんばれる、と笑顔で貴志に話します。

© 大武政夫 ヒナまつり 99話より

授業前の自己紹介でやらかす

授業前に自己紹介から始まりますが、皆好きなゲームを無難に話すぐらいです。しかし、ヒナは好きなゲームから始まり、そのゲームの批評をし、さらに自分がいたらもっと世界観をもう少し分かりやすく出来たハズ、と上から目線で話し、さらに将来は新田プロダクションを作って新田監督と呼ばれる、など将来の夢まで語り始めて、クラスの皆を引かせます。

© 大武政夫 ヒナまつり 99話より

そして授業が始まりますが、最初はやる気がありましたが、やはりヒナが授業を起きて受けるのは難しかったようで、学校が終わるまでずっと寝ていました。一瞬ずっと寝ていた事にヒナはショックを受けていたようですが、貴志からゲーセンに誘われると、何事もなかったようにゲーセンの誘いに応じて、ゲーセンに向かいます。

© 大武政夫 ヒナまつり 99話より

場面変わって、ゲーセンに到着すると、ケンゴが既に来ていて二人と合流します。ケンゴは大学に進学して、野球部所属しているようですが、まじめに野球部で活動しているようで、雑用が多くてしんどいと言っています。それを聞いてヒナが、しんどかった事ないなぁ、こっち来て、ゲームしてるだけだしな、と呟くと、貴志とケンゴは相変わらずカスみたいな暮らししてんな、とヒナに厳しいツッコミを入れます。

© 大武政夫 ヒナまつり 99話より

他の同級生は?

他の高校の同級生ですが、山中(殺人ニワトリ)は美佳の指導をずっと受けたくて、2年を何度も留年しているようです。その成果なのか美佳の顔面パンチをふんばれるようになりましたが、今までは全力ではなかったようで、次から半分の力で殴ってやると言うと、山中(殺人ニワトリ)をぶん殴ります。山中(殺人ニワトリ)と仲が良かった足立は、建設の現場で働いていて、山中(殺人ニワトリ)が現場に来るといつまで高校生なんだと、山中(殺人ニワトリ)にあきれています。

© 大武政夫 ヒナまつり 99話より

他、茜は美容師学校、舞はアパレルショップ店員、新庄はどこかの大学に入ってサークルに入っているか、イチから自分好みのサークルを作っているようです。そして、貴志が気になっている瞳ですが、貴志は瞳のSNSをチェックしているようで、瞳は今日本にいるようです。

© 大武政夫 ヒナまつり 99話より

瞳、さよ、委員長は同じ大学

再び場面変わって、さよと委員長は同じ大学に進学していたようで、委員長がさよに腐れ縁だよねぇ、と話しています。委員長は大学でもいい物件探しにいそしんでいるようで、大学のツテで社会人との合コンに日々参加しているようです。しかし、委員長にとってのいい物件にはなかなか出会えないようです。さよに物件紹介して欲しかったら、いつでも言ってね、とファイリングした書類を渡しますが、一軍、二軍、三軍とランク分けしてあって、それを見たさよはエゲつねぇな、と呟きます。

© 大武政夫 ヒナまつり 99話より

そこに瞳が合流しますが、3年越しの念願の学生生活にかなり浮かれていて、瞳はテンション高いです。

© 大武政夫 ヒナまつり 99話より

委員長から、世界長者番付にランキング入りしているのに、大学どころか日本にいて大丈夫なのか聞かれますが、アホみたいに5GやAI関連の最先端技術に投資したから大丈夫、と瞳は自信満々に言います。

© 大武政夫 ヒナまつり 99話より

瞳は今後サークル活動とか、コンパとか、青洲したいと思いっきりはしゃいでいます。一方、委員長は目の前に最高級物件があるから、他の男の物件価値が低く見えるわけだと納得し、委員長は手段を選ばなくなったのか、瞳に女の子に興味ない?と、危ない質問を始めます。

© 大武政夫 ヒナまつり 99話より

眠らないように、頑張ろうとするが…

高校の同級生の近況を聞いた後、ケンゴは専門学校で全力を出す!とやる気を出し、ヒナも今日みたいに寝てらんないな、と二人で頑張ろうとします。ヒナは横間地が眠気を誘うのならと、超能力を使って目を強制的に開けた状態にします。しかし、この超キモい寝方に気付いた奴はみんな引いてしまいます。

© 大武政夫 ヒナまつり 99話より

それならと、眠気が来て首がカックンと落ちたら、超能力で首を元に戻そうとしますが、眠くて力のコントロールが出来ないのか、自分で首をねじってしまい失神してしまいます。

© 大武政夫 ヒナまつり 99話より

気が付けばヒナは保健室で寝ていて、もう学校は終わってしまっています。ヒナは学校の大体の奴に覚えられてしまい、貴志からすげぇスタートダッシュ切ったよな、と言われてしまいます。

© 大武政夫 ヒナまつり 99話より

その後、学校から家に帰りますが、貴志と別れた後、ヒナは家電屋にゲームを見に寄ります。そこのテレビ売り場では、セントラルパークがインタビューを受けています。ワールドツワーが大いに盛り上がったと言っているので、アツシ達セントラルパークは順調のようです。

© 大武政夫 ヒナまつり 99話より

マオはイリュージョン担当として注目されていて、今度はハリウッド女優デビューをするようですが、それを見ていたヒナはマオに嫉妬し、マオに注目とか世界見る目ないな、と毒づきます。

© 大武政夫 ヒナまつり 99話より

マオに毒づきながらも、活躍しているマオより頑張ろうという気は無いようで、ワゴンセールで何かゲームを買うか…、と悩みながら、また明日から頑張ろうと、と中学、高校の時と同様、頑張ることを先延ばしにします。

© 大武政夫 ヒナまつり 99話より

ヒナが家に帰ってくると、いいニオイがしていて、丁度夕飯だな、と上機嫌になります。結局、ヒナは2年後でも高校の時と変わらず、新田が作ったごはんを食べています。

© 大武政夫 ヒナまつり 99話より

まとめ

今回と次回がラストエピソードと位置づけで、ライブから2年の話が描かれています。ヒナはゲーム専門学校に進み、自分の考える最高のVRMMORPGを本気で作るつもりのようです。しかし、高校と同じく授業をまるまる寝ているので、難しそうです。他の高校の同級生の2年後も描かれていますが、瞳は一応大学でキャンパスライフを満喫していて楽しそうですし、アツシは超人フィットネスから離れたので、会長コースからは無事外れる事が出来たようです。

次回、ヒナまつりもとうとう完結です。ラストは新田のお話です。

ハルタ 2020年 volume 76に掲載されているヒナまつり 最終回(百話)のネタバレ、感想です。 前話、九十九話の記事で...

ヒナまつり、最新刊18巻は発売中です。

スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

トップへ戻る