【ネタバレ】呪術廻戦 第171話「東京第1結界(コロニー)⑪」あらすじ、ネタバレ

週刊少年ジャンプに掲載されている呪術廻戦 第171話のネタバレ、感想です。

前回の記事はこちらです。伏黒は満象を呼び出してレジィを攻撃します。

週刊少年ジャンプに掲載されている呪術廻戦 第170話のネタバレ、感想です。 前回の記事はこちらです。芸人術師・髙羽史彦が乱入、...

スポンサーリンク
google adsense

重量の我慢比べ

「嵌合暗翳庭」を展開

伏黒は体育館のスペースをそのまま利用し、「嵌合暗翳庭」を展開します。

© 芥見下々 呪術廻戦 171話より

レジィは彌虚葛籠を使用

レジィは伏黒が領域展開出来るほどの術師とは思っていなかったので焦るかと思いましたが、それほど焦らず手で印を結ぶと、奥義「彌虚葛籠(いやこつづら)」という技を使用します。彌虚葛籠とはシン・陰流「簡易領域」の原型であり、領域を中和し必中効果を打ち消す性能を持つ奥義です。

© 芥見下々 呪術廻戦 171話より

レジィは彌虚葛籠で伏黒の領域の必中効果を打ち消したと思い笑みを浮かべますが、伏黒の式神・蝦蟇の舌がレジィの足を捕らえます。式神の攻撃が当たると思っていなかったレジィは困惑の表情を浮かべますが、これは彌虚葛籠や簡易領域が術式そのものを中和しているのではなく、術式の付与された結界を中和することで、付与された術式の必中効果を無効化しているからでした。

© 芥見下々 呪術廻戦 171話より

伏黒の領域は未完成で、必中の術式は付与されておらず「嵌合暗翳庭」は現時点で十種影法術を拡張し、潜在能力を120%引き出すためのものにすぎません。そのためレジィの彌虚葛籠で術式の必中効果を無効化しても、意味がありませんでした。

© 芥見下々 呪術廻戦 171話より

伏黒の怒涛の攻撃

伏黒の領域が未完成と知らないレジィにとっては虚を突かれた形となり、薄ら笑いが消えてるぞ、と伏黒が言うとレジィは激怒して言い返そうとしますが、言い返している途中で影から出てきた式神や伏黒の分身による連続攻撃がレジィを襲います。

© 芥見下々 呪術廻戦 171話より

数体の伏黒の分身による攻撃でレジィは一方的にやられますが、レジィの足は蝦蟇の舌で捉えられている為、身動きが上手く出来ません。レジィはレシートから数本の刃物を再現すると、蝦蟇の舌を斬ってさらに一本の剣をさらに再現します。

© 芥見下々 呪術廻戦 171話より

しかし、さらに影から現れた伏黒の分身に足を取られ体を転倒させられます。レジィも剣で反撃しようとしますが、数体の分身の前になす術がありません。この辺りでレジィも、分身や式神もレジィに当たる前から実体があることに気付き、この結界に必中の術式が付与されていないと推測します。

© 芥見下々 呪術廻戦 171話より

レジィは、伏黒の領域による術式性能の上昇が半端でなく、このまま領域で満象を出されて水責めで畳みかけられたら、レジィの手数は半減し敗色濃厚と考えます。しかし、そうはならないのが“俺”って感じだよなぁ、とレジィはつぶやくと、レシートを空中に何枚か投げます。伏黒はすぐにレジィが何かレシートで再現しようとしていると気付き、鵺でレシートを使用不可にしようとします。

© 芥見下々 呪術廻戦 171話より

乗用車3台を再現

しかし、鵺がレシートにたどり着く前にレシートは乗用車3台を再現します。乗用車3台はそのまま伏黒の領域の影に吸い込まれていくと、伏黒はその場に身をかがめた形になります。レジィは伏黒の領域の仕様に気付いたようで、影に物を出し入れしたり、自分を出し入れしたり便利だね、でも1つ気になっていた、とレジィは言います。“武具のストックが少ない”、俺はまだちんけな呪具一つしか見ていない、とレジィは指摘します。

© 芥見下々 呪術廻戦 171話より

そして呪具が一つしかない理由をレジィは、影に格納したものの“重さ”を地震で引き受けなきゃならないか?と、推測します。この推測は当たっていたようで、今伏黒には乗用車3台分の重さ約2.4トンがかかっていて、伏黒は身をかがめた状態から立ち上がることが出来ず、苦しそうな表情を浮かべます。

© 芥見下々 呪術廻戦 171話より

レジィは、君が自重で潰れるまで、重さを足し続ける、と伏黒に言い放つとレシートをからさらに何かを再現しようとします。しかし伏黒は口元に笑みを浮かべると、抜けてるんじゃないか?未完成でも領域は領域、と言い領域の天井の影を指さします。

© 芥見下々 呪術廻戦 171話より

上も影だ!!と、伏黒が言うと天井の影から満象が出現、レジィの所に落ちてきます。レジィも満象の重さを引き受けることになり、レジィと伏黒の重量の我慢比べが始まります。

© 芥見下々 呪術廻戦 171話より

まとめ

伏黒対レジィ・スターの戦いですが、レジィを体育館に誘い込んだ伏黒はそこで「嵌合暗翳庭」を展開します。これで一気に伏黒優位かと思いましたが、レジィも奥義「彌虚葛籠(いやこつづら)」を使用して対抗します。この奥義は結局意味がなかったのですが、レジィは伏黒の領域を分析し、領域の仕様に気付きます。ここからレジィは自動車3台分の重さを伏黒に引き受けさせ、伏黒は満象の重さをレジィに引き受けさせます。

レジィが言っていた通り、“呪術師は嘘ついてなんぼよね”の仕掛け合いで、伏黒とレジィは重量の我慢比べとなりましたが、どちらが勝利するでしょうか?

次回、伏黒とレジィの壮絶な我慢比べ、レジィはさらに“とっておき”を出そうとします。

週刊少年ジャンプに掲載されている呪術廻戦 第172話のネタバレ、感想です。 前回の記事はこちらです。伏黒は嵌合暗翳庭を展開しま...

最新刊18巻を購入される方は、こちらから。

発売中のコミック18巻のネタバレ、感想も書いています。

週刊少年ジャンプで連載中の呪術廻戦の18巻 熱 の感想、ネタバレです。 18巻は、第153話から第161まで掲載されています。 ...
スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

トップへ戻る