【ネタバレ】五等分の花嫁 40話 『七つのさよなら②』の感想

週刊少年マガジン 2018年27月号に掲載されている五等分の花嫁 40話のネタバレ、感想です。

前回 39話の記事はこちらです。

週刊少年マガジン 2018年26月号に掲載されている五等分の花嫁 39話のネタバレ、感想です。 前回 38話の記事はこちらです...

前回、風太郎は五つ子達に期末試験に向けて気合をいれて対策の勉強を教えようとしますが、二乃と三玖、五月が喧嘩をしてしまいます。

スポンサーリンク
google adsense

姉妹喧嘩勃発

喧嘩の翌日

二乃と五月が喧嘩した翌日、風太郎は三玖に呼び出されます。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁  40話より

あの後、二乃と五月の喧嘩がエスカレートします。五月は風太郎が作った問題集を粗末に扱った事を、風太郎に謝る事を要求します。三玖は風太郎が作った問題集は全て手書きで、五つ子全員真剣に取り組むべきだと言います。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁  40話より

五つ子達の中で孤立する形になっているように見える二乃は、家を出ていくことを決意します。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁  40話より

「前から考えていたことよ」「この家は私を腐らせる」とはどういう事でしょうか。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁  40話より

結局二人とも家出

また五月が未練がましく母親の代わりを演じていると言われます。このセリフも気になります。一花と四葉は話し合おうと言いますが、「ドメスティックバイオレンス肉まんおばけ」のセリフに、五月がキレてしまい結局話し合いになりませんでした。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁  40話より

一花と四葉は外せない用事があるらしく、結局風太郎と三玖で二人を探します。が、体力無しコンビらしく、すぐにバテてしまいます。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁  40話より

二乃の家出先

仕方がなく三玖がとった最終手段は、五つ子ならではの方法です。これで本当に、二乃の泊まっているホテルの場所が分かりました。ホテルにはパックをしてくつろいでいる二乃が本当にいます。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁  40話より

部屋に入る方法はやはり三玖が自分自身で言って、開けてもらっています。これには二乃も「ガバガバセキュリティ」と怒ります。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁  40話より

二乃に部屋から追い出されそうになる風太郎は、二乃に誰よりも五つ子とあの家が好きだったはずだと言いますが、二乃からこうなったのは全部風太郎のせいだと責められます。「あんななんて来なければよかったのに」とまで二乃に言われてしまいます。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁  40話より

五月の家出先

結局二乃にホテルのフロントに通報されてしまい、一旦撤退します。二乃の居場所は分かり無事ホテルにいる事も判明したので、次は五月です。しかし五月は家に財布を忘れていて一文無しの状態です。腹を空かせているだろうなと、心配する風太郎です。

↓こうなっていなければいいですが。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁  40話より

五月を心配しつつ、風太郎は自宅にいったん帰宅します。自宅では妹・らいはがカレーを作ってくれています。五月の為を思い、1人分をタッパーに移して欲しいと言います。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁  40話より

が、そこには満面の笑みでカレーのおかわりを要求する食いしん坊の五月がいます。とりあえず、五月の居場所の懸念はなくなりました。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁  40話より

そのまま上杉家で入浴して、風太郎、らいは、五月の三人で川の字で寝る事になります。このままじゃいけないと強く思う風太郎です。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁  40話より

五月から話したい事

風太郎が悩んでいると、五月から起きているかと話しかけてきます。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁  40話より

続けて話さないといけないことがあると言います。今夜は月が綺麗に見えます、少し歩きませんかと風太郎を誘います。

 

© 春場ねぎ 五等分の花嫁  40話より

まとめ

二乃、三玖、五月の姉妹喧嘩が勃発し、期末試験対策、赤点対策どころではなくなってしまいました。このままだと期末試験で再び赤点を取ってしまいそうですが、ここから二乃も含めて赤点回避はあるのでしょうか。

また二乃、五月ともに過去に何かあったような事を言っています。来週、五月の口からそのあたり全て語られるか気になります。

次回、五月と夜の散歩をし、過去のお話を聞きます。

週刊少年マガジン 2018年28月号に掲載されている五等分の花嫁 41話のネタバレ、感想です。 前回 40話の記事はこちらです...

5巻は7月17日(火)発売予定です。

スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

トップへ戻る