【ネタバレ】呪術廻戦 第174話「仙台結界(コロニー)①」あらすじ、ネタバレ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

週刊少年ジャンプに掲載されている呪術廻戦 第174話のネタバレ、感想です。

 

前回、173話の記事はこちらです。伏黒とレジィの戦い、決着です。

【ネタバレ】呪術廻戦 第173話「東京第1結界(コロニー)⑬」あらすじ、ネタバレ
週刊少年ジャンプに掲載されている呪術廻戦 第173話のネタバレ、感想です。 前回、172話の記事はこちらです。レジィは数トンの圧力に耐えながら、とっておきを発動しようとします。 舞台は仙台結界へ レジィとの...

 

スポンサーリンク

黒沐死の襲撃

乙骨の動きを察知

乙骨がドルゥヴを倒したことで、外にいたドルゥヴの式神が消えていきます。ドルゥヴの式神を外で見ていた石流龍と烏鷺亨子は、ドルゥヴが死んだと分かりコガネを呼び出します。

© 芥見下々 呪術廻戦 174話より

 

仙台結界で1分以内にポイントに動きがあったプレイヤーを出すよう、石流龍はコガネに言います。烏鷺亨子も同じようにコガネに命令したようで、二人とも乙骨の名前を確認します。二人とも乙骨の名前を確認後、黒沐死が動くと予想し、石流龍は面白くなるな、とつぶやき、烏鷺亨子は最悪、とつぶやきます。黒沐死は導入条件の消失まで休眠中、と173話で説明がありましたが、どうやら休眠から覚めて動き出すようです。

© 芥見下々 呪術廻戦 174話より

 

乙骨は一般市民を保護しながら移動しているようで、皆に北上して結界の縁を目指しましょう、と言います。しかし赤ちゃんと幼い娘を連れている母親を見ると、幼い娘が母親にだっこをせがんでいて、乙骨はこの親子が疲れている事に気付きます。乙骨は皆にドルゥヴがいたスタジアムで少し休憩しましょう、と言い全員で休もうとします。しかし何かの物音に気付いた乙骨は、物音がする方を見てすぐに全員にスタジアムの中に走るように指示します。

© 芥見下々 呪術廻戦 174話より

ゴキブリの群れが人を襲う

乙骨が見たのは無数のゴキブリの群れが数人の人間を襲っている光景でした。既に何人かはゴキブリの群れにやられていましたが、1人は助けられそうで乙骨はゴキブリの群れを避けつつ、男性を助けようとします。

© 芥見下々 呪術廻戦 174話より

 

しかし、男性もゴキブリの群れに下半身を飲み込まれてしまい、下半身を食い尽くされてしまいます。そして上半身も食われてしまい、男性の体はあっという間に骨だけになってしまいます。このゴキブリは一匹一匹に呪力が宿って強化されていて、群れで動かれると乙骨にとっても脅威になるようです。

© 芥見下々 呪術廻戦 174話より

 

さらにゴキブリの群れは逃げている一般市民の方に向かい、一般市民を食い尽くそうと襲い掛かります。乙骨はリカにトンネルを落とすように言うと、ゴキブリの群れの半数をトンネルに入ったところでリカがトンネルを潰します。トンネルに潰されて、ゴキブリの半数くらいは瓦礫の下敷きになりました。

© 芥見下々 呪術廻戦 174話より

 

残った半数のゴキブリの群れが乙骨に襲い掛かりますが、乙骨は刀に呪力をこめて振るうとゴキブリの群れは一気に消滅してしまいます。乙骨がゴキブリの群れと戦っている様子を見ていた石流龍と烏鷺亨子は、乙骨の呪力の総量に驚きます。

© 芥見下々 呪術廻戦 174話より

ゴキブリの特級呪霊・黒沐死

乙骨はあの呪霊もプレイヤーなのかとコガネに聞くと、あぁ、黒沐死ってんだ!!と、コガネは答えます。黒沐死はドルゥヴ・ラクダワラとの相性が悪いと見るや否や、ドルゥヴのコロニー内での生存を休眠導入条件として眠っていたようです。黒沐死は休眠から覚醒した直後で飢餓状態です。食事を妨げる乙骨を本能のまま、貪り喰うことを黒沐死は決めます。

© 芥見下々 呪術廻戦 174話より

 

乙骨は物資が有限な以上、結界の出入りを可能にするルールを追加しないといけないと考えていましたが、ドルゥヴや黒沐死のように攻撃範囲が広く無差別に人間を襲うプレイヤーを結界の外に出すわけにはいかないと強く思います。他の結界にも似たようなプレイヤーがいるかもしれないので、結界の出入りを可能にするルールの追加は無差別に人間を襲うプレイヤーを排除してからとなるので結界同士の連絡は不可欠だ、と乙骨は考えます。その為伏黒が提案した2つのルールに追加して、結界同士の連絡手段の確立、結界の出入り、の4つのルールは最低でも必要だと乙骨は考えます。

© 芥見下々 呪術廻戦 174話より

 

五条に二度も親友を殺させない、羂索は自分が殺す、1人で400点獲る、と乙骨は決意します。

© 芥見下々 呪術廻戦 174話より

 

乙骨が刀を構えると、黒沐死は呪具のような刀、爛生刀を取り出します。爛生刀とは生と死の交雑する魔剣ということですが、どのような機能を持った魔剣なのでしょうか?

© 芥見下々 呪術廻戦 174話より

まとめ

前回、乙骨はドルゥヴを倒しましたが、すぐに黒沐死と連戦となってしまいました。さらにドルゥヴや黒沐死のような無差別に襲い掛かるプレイヤーの存在に、伏黒が提案した2つのルールに追加して、4つのルール追加が必要と乙骨は考えます。4つのルールとは、

・プレイヤー間でのポイントの譲渡を可能にする

・ポイントを消費して死滅回游から離脱できる

・結界同士の連絡手段の確立

・結界の出入り

となります。この内プレイヤー間でのポイントの譲渡のルール追加は、虎杖と日車が総則10を追加して実現しています。よって、乙骨がルール追加に必要なポイントは300ポイントとなります。300ポイントでも一人で実現するのはかなり大変だと思いますが、乙骨は実現できるでしょうか。

 

次回、爛生刀で攻撃してくる黒沐死を乙骨が迎えうちます。

【ネタバレ】呪術廻戦 第175話「仙台結界(コロニー)②」あらすじ、ネタバレ
週刊少年ジャンプに掲載されている、呪術廻戦 第175話のネタバレ、感想です。 前回、174話の記事はこちらです。ドルゥヴを倒した乙骨は、一般市民をスタジアムに誘導しますが、そこに黒沐死が襲い掛かってきます。 ...

 

最新刊18巻を購入される方は、こちらから。

発売中のコミック18巻のネタバレ、感想も書いています。

【ネタバレ】呪術廻戦 18巻 熱 のネタバレ、感想
週刊少年ジャンプで連載中の呪術廻戦の18巻 熱 の感想、ネタバレです。 18巻は、第153話から第161話まで掲載されています。 前巻、17巻のあらすじ、ネタバレはこちらの記事です。 18巻 18巻の...

コメント

タイトルとURLをコピーしました