【ネタバレ】呪術廻戦 第202話「血と油」あらすじ、ネタバレ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

週刊少年ジャンプに掲載されている、呪術廻戦 第202話のネタバレ、感想です。

 

前回の記事はこちらです。羂索はアメリカ大統領との交渉で、呪力の力を見せつけます。

【ネタバレ】呪術廻戦 第201話「直接会談②」あらすじ、ネタバレ
週刊少年ジャンプに掲載されている、呪術廻戦 第201話のネタバレ、感想です。 前回の記事はこちらです。羂索はアメリカ大統領と直接会談し、日本の呪術師を拉致するように言います。 羂索、アメリカに対して術式を披露...

 

スポンサーリンク

羂索が薨星宮へ到着

天元と九十九の会話

天元は天内理子の話を九十九にしています。天内理子以外の星漿体が12年前にいなかったのか、と天元は九十九に質問します。

© 芥見下々 呪術廻戦 202話より

 

九十九は天元に、何故リスクを冒してまで同化を拒否したんだ?と、聞きますが、天元は、拒否と言うより現実を受容した、と答えます。星漿体との同化によって不死の私は肉体を初期化し、単純な加齢による進化を止めていた、と天元は言いますが、九十九はその答えを聞き、怒りを覚えます。結界術を利用して理性を保っている、と言う天元を九十九は非難し、お茶を飲みながら文句を言います。

© 芥見下々 呪術廻戦 202話より

 

子供達に勝手に号を背負わせ、利用してきた歴史を理性的だと?と、九十九は怒り、さらに「同化しなくても大丈夫でした」だ?と、怒った口調で九十九は天元に話しかけます。

© 芥見下々 呪術廻戦 202話より

 

それを理性と呼べるなら私のことは、大聖とでも呼んで崇めろクソジジィと、九十九は展延に怒ります。九十九は、盤星教が星漿体の暗殺でなく、保護隔離に舵を切っていたら私は彼らの見方をした、と言いますが、タラレバ言うのは嫌いなんだ、と吐き捨てます。

© 芥見下々 呪術廻戦 202話より

九十九は元星漿体

天元は九十九に、星漿体が何と言ているかを尋ねますが、九十九は星漿体が何と言っているかを答えようとしません。天元に、オマエに楽なんてさせない、と言い、それが元星漿体の私の責任だ、と九十九は天元に語ります。すると、天元はもう少し、君と話していたかった、と九十九に言いますが、それと同時に結界が破られます。

© 芥見下々 呪術廻戦 202話より

薨星宮に現れる羂索

結界を破ったのは羂索で、薨星宮直上に現れ、脹相に話しかけます。

© 芥見下々 呪術廻戦 202話より

 

脹相は羂索に興味がないと言い、漠然とオマエに対する殺意が湧いてくる、と言います。羂索は脹相に天元はどこにいる?と、質問しますが、脹相は天元の居場所は答えず、オマエに会いたくないそうだ、と答えます。すると、羂索は、死滅回游は既に役割を終えて、日本にいる非術師の同化前の慣らしは済んでいる、と脹相に教えますが、脹相はその答えを聞き、早すぎると虎杖達の心配をします。

© 芥見下々 呪術廻戦 202話より

 

羂索は、見せてあげるよ、終わりの可能性その一つを、と言うと、九十九が以前天元との同化を、「術師に成る」ことだと指摘していた事を話し、それは同化の手前、死滅回游での検証に過ぎない、と言います。しかし、九十九が日本人が呪力資源として消費されることまで懸念していた事を嬉しかったと言い、九十九の考え方は私に近いと脹相に語ります。

© 芥見下々 呪術廻戦 202話より

 

さらに、呪霊の可能性も考えていたと言い、呪霊と人間の混血である脹相達には期待していたん、と言いますが、ガッカリだ、普通過ぎる、と脹相に言いますが、脹相はその話には興味を持たず、次に弟達に触れてみろ、この余興を待たずに殺してやる、と羂索に断言します。

© 芥見下々 呪術廻戦 202話より

 

羂索は、天元と日本の非術師の同化は一億人の呪力を孕んだ呪霊に成ると私は見ている、と自分の見解を言い、どんな姿をしているのか、私は今白い画用紙の前でクレヨンを握りしめた幼子のような心持だ、と自分の気持ちを嬉しそうに脹相に話します。

© 芥見下々 呪術廻戦 202話より

 

脹相は嬉しそうに話す羂索に、何がしたい、と質問します。何がオマエを突き動かすかと聞いている、と話しかけると、羂索は面白いと思ったから、と答えます。

© 芥見下々 呪術廻戦 202話より

 

羂索の答えに脹相は驚きますが、面白いと思ったことが、本当に面白いかどうかは実現するまで分からない、と羂索は脹相に言います、さらに、もし一億人の呪力の塊が捧腹絶倒のマヌケ面だったら君はどうする?と、脹相に言い、笑っちゃうよね、と笑顔で言いますが、その答えに脹相は怒り、脹相は羂索に穿血を放とうとします。

© 芥見下々 呪術廻戦 202話より

まとめ

前回、アメリカ大統領と交渉してた羂索ですが、今回はいきなり薨星宮の結界を破って、羂索が天元の元に現れます。脹相は羂索を止めようとしますが、羂索は死滅回游の役割は既に終えていて、日本にいる非術師の同化前の慣らしは済んでいる、と教えます。非術師の同化前の慣らしが既に終わっている、という羂索の答えは驚きですが、死滅回游の役割が終わっているから、アメリカの兵士達を日本に投入したり、爆弾を投下しようとしている、という事でしょうか?死滅回游の行方が今後どうなるのか?事態は急変する可能性もあるので、目が離せません。

 

次回、脹相は羂索と1対1で戦いますが、羂索相手に苦戦します。

【ネタバレ】呪術廻戦 第203話「血と油②」あらすじ、ネタバレ
週刊少年ジャンプに掲載されている、呪術廻戦 第203話のネタバレ、感想です。 前回の記事はこちらです。羂索が薨星宮に現れ、脹相は羂索と対峙します。 脹相は一人で羂索と戦う 九十九と脹相の会話 場面は羂索が...

 

アニメ呪術廻戦 第2期「懐玉・玉折」/「渋谷事変」の情報が公開されました。こちらの記事にまとめています。

【ネタバレ】呪術廻戦 第2期「懐玉・玉折」ティザービジュアル公開
アニメ呪術廻戦 第2期の情報、ティザービジュアル解禁 週刊少年ジャンプに掲載されている、呪術廻戦が原作のテレビアニメ、呪術廻戦の第2期の情報が解禁されました。第2期は予想通り、五条悟と夏油傑の呪術高専時代のエピソード「懐玉・玉折」が描かれ...

 

最新刊、20巻を購入される方は、こちらから。
こちらはKindle版です。

こちらはコミックス(紙)です。

発売中のコミック20巻のネタバレ、感想も書いています。

【ネタバレ】呪術廻戦 20巻 仙台結界-宴半ば- のネタバレ、感想
週刊少年ジャンプで連載中の呪術廻戦の20巻 仙台結界-宴半ば- の感想、ネタバレです。 20巻は、第172話から第180話まで掲載されています。 前巻、19巻のあらすじ、ネタバレはこちらの記事です。 2...

コメント

タイトルとURLをコピーしました