【ネタバレ】呪術廻戦 第250話「人外魔境新宿決戦㉒」あらすじ、ネタバレ

この記事はアフィリエイト・アドセンス広告を利用して作成しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

週刊少年ジャンプに掲載されている、呪術廻戦 第250話のネタバレ、感想です。

 

前回の記事はこちらです。場面は御所湖結界(コロニー)に戻り、羂索のコントロールを失った呪霊が暴走を始めます。

【ネタバレ】呪術廻戦 第249話「人外魔境新宿決戦㉑」あらすじ、ネタバレ
週刊少年ジャンプに掲載されている、呪術廻戦 第249話のネタバレ、感想です。 前回の記事はこちらです。日車は宿儺にやられてしまい、処刑人の剣も崩壊してしまいます。 乙骨の領域展開を使用 呪霊操術の暴走 場面は第243話の続きに戻り、岩手県御...

 

スポンサーリンク

乙骨が「捌」を使用

領域「真贋相愛」の能力

乙骨の領域「真贋相愛」は模倣(コピー)し包蔵(ストック)している術式の中から、一つを選択し必中術式として結界に付与するそうです。今回は天使の術式・邪去侮の梯子が付与されているようです。そして、それ以外の術式は領域内の刀にランダムで宿っており、乙骨だけがその効果を引き出すことが出来るそうです。ただし、どの刀にどの術式が宿っているかは、乙骨も刀を手にするまで分からず、刀は一度術式を解放すると消滅するそうです。本数に制限はないそうで、一度術式を使って消滅しても、もう一度使いたい術式を引き当てることが出来れば何度でも術式を使えそうです。前回、烏鷺亨子の術式・宇守羅彈を使えたのも、直前に抜いた刀に烏鷺亨子の術式が宿っていたから宇守羅彈を使えたようです。

© 芥見下々 呪術廻戦 250話より

 

第178話のように乙骨は髪を媒介に新たな式神を呼び出し、宿儺へと放ちます。さらに虎杖とリカも、乙骨の攻撃と連携するように宿儺に近接攻撃をくらわせます。

【ネタバレ】呪術廻戦 第178話「仙台結界(コロニー)⑤」あらすじ、ネタバレ
週刊少年ジャンプに掲載されている、呪術廻戦 第178話のネタバレ、感想です。 前回の記事はこちらです。乙骨は烏鷺と石流の攻撃に苦戦します。 領域展開を三人同時に使用 © 芥見下々 呪術廻戦 178話より 「リカ」は外付けの術式と呪力の備蓄 ...

© 芥見下々 呪術廻戦 250話より

ドルゥヴ・ラクダワラの術式

乙骨が呼び出した式神にはドルゥヴ・ラクダワラの術式が使われていたようで、宿儺は式神の軌跡に触れて負傷してしまいます。ドルゥヴ・ラクダワラの術式は、式神の軌道を自らの領域とし不可侵の結界を張る術式で、宿儺は不可侵の結界に触れたため負傷したようです。さらに乙骨は新たな刀を抜いたようで、再び烏鷺亨子の空間を面で操る術式を使い、空間を歪めて宿儺の目を攪乱しようとします。

© 芥見下々 呪術廻戦 250話より

宿儺の現状

ここで宿儺の現状が明らかになります。今の宿儺は五条との戦闘の影響で、領域は依然使えず反転術式の効きもまだ鈍いようです。さらに呪力総量が減っていて、現在の宿儺の呪力総量は乙骨と同じ程度のようです。さらに、術式対象を拡張する世界を断つ「解」は「彌虚葛籠」を維持しながら撃つことは出来ないようです。

© 芥見下々 呪術廻戦 250話より

 

リカが虎杖の体を掴み、宿儺に向かって虎杖を投げます。さらに空間を歪めていた乙骨は、いつの間にか宿儺の死角に移動していて、投げられた虎杖が宿儺にドロップキックを仕掛けるタイミングで、乙骨も刀で斬りかかります。宿儺は虎杖と乙骨の同時攻撃を、腕を使って同時に捌きます。この時、虎杖のドロップキックが宿儺に当たると、宿儺の視界がグラ…と揺れます。この虎杖の攻撃が、現在の宿儺に効いているようです。

© 芥見下々 呪術廻戦 250話より

 

虎杖の攻撃は、宿儺と伏黒の魂の境界を知覚し打ち込んでくるようで、“浴”で沈めた伏黒の魂を叩き起こし、宿儺と伏黒の肉体の同調を阻害できるようです。これは虎杖が宿儺の魂を身体に宿していた事で、魂の輪郭を捉えることが出来るようになった為、今回も宿儺にこのような攻撃が出来たようです。宿儺は虎杖の攻撃を受ける度に、宿儺の呪力出力は下がり肉体のコントロールも鈍っていくようです。「彌虚葛籠」を維持できなくなるまで宿儺を削り、リスクは承知で邪去侮の梯子で伏黒の中の呪物を消し去るつもりだろう、と宿儺は虎杖と乙骨の作戦を推測します。虎杖と乙骨の同時攻撃を捌いた宿儺ですが、虎杖は宿儺の腕の一本を掴んで離そうとしません。そんな虎杖に宿儺はゼロ距離で斬撃を加えようとします。

© 芥見下々 呪術廻戦 250話より

 

すると、乙骨は狗巻の呪言を使って「動くな」と宿儺に命令します。宿儺は一瞬動けなくなり隙が出来た所に、乙骨は領域内の刀を新たに一本抜き取り、再び宇守羅彈で宿儺を攻撃します。

© 芥見下々 呪術廻戦 250話より

 

宇守羅彈で吹き飛ばされた宿儺にリカは両手で攻撃し、地面に宿儺を叩きつけます。さらに乙骨と虎杖が地面に叩きつけられた宿儺を追い、追い討ちをかけようとします。

© 芥見下々 呪術廻戦 250話より

 

すると宿儺は地面に叩きつけられた後に体勢を整え、乙骨と虎杖に解を放ちます。乙骨と虎杖は解をくらってしまい、無数の斬撃を受けて後ろに吹き飛ばされます。そこにリカが攻撃を加えようと宿儺に近づきますが、宿儺はリカに蹴りを入れるとリカにも斬撃を加えます。しかしリカには致命傷にはならず、リカは石流よりは硬くないようですが、宿儺とはいえリカに触れて切らないと致命傷には至らないようです。

© 芥見下々 呪術廻戦 250話より

 

ここで高専術師全員が、宿儺の呪力出力が下がっているとはいえ、宿儺の攻撃に耐えられるだけの防御力を備えている事に宿儺は気付きます。さらに虎杖が反転術式を身につけている事、加えて乙骨の領域の必中術式の対象が宿儺のみに絞られている事にも違和感を覚えます。乙骨の領域の必中術式の対象が虎杖を除外していて、かなり高度な結界術の運用だ、と宿儺は心の中でつぶやき、宿儺はひと月でどうやって身につけたのか疑問に思います。このひと月何をした?と、宿儺は二人に聞きますが、虎杖は努力と根性と答えますが、乙骨はズルしました、と答えて、二人の答えがずれて微妙な雰囲気になります。

© 芥見下々 呪術廻戦 250話より

シャルル・ベルナールの術式・「G戦杖」

乙骨も虎杖も宿儺が手強いと認めつつ、この領域で決着をつけないと後が怖いと、再び宿儺に挑みます。乙骨はさらに新たな刀を抜き、次はシャルル・ベルナールの術式・「G戦杖」を使います。既に条件(インク)は満たされている!!と、乙骨は心の中でつぶやき、宿儺の動きを予知すると、顔面にパンチをくらわせます。決戦前に乙骨はシャルル・ベルナールと会って術式を模倣(コピー)していたようで、現在シャルル・ベルナールは新宿の決戦を観戦しているようです。

© 芥見下々 呪術廻戦 250話より

 

乙骨の領域展開やリカの攻撃、さらに虎杖の宿儺と伏黒の肉体の同調を阻害する攻撃で宿儺を追い詰めているようにも見えますが、まだ宿儺には余裕があるのか冷静に乙骨の能力を分析しています。

  1. 天使の邪去侮(天使の術式)
  2. 空間を面で操る術式(烏鷺亨子の術式)
  3. 式神の軌道に不可侵の結界を張る術式(ドルゥヴ・ラクダワラの術式)
  4. 呪言(狗巻棘の術式)
  5. 未来予知(シャルル・ベルナールの術式)

と宿儺は、今まで乙骨が模倣した術式を挙げた後、無下限呪術は六眼なしではコントロールできないだろうから、模倣は無いと予測します。そして、宿儺はひと通り出揃ったか?と、包蔵(ストック)した術式が出尽くしたと予測します。しかし乙骨は、宿儺でも初見の術式なら隙はできる、だからアレならもっと、と心の中でつぶやき引き当てたい術式がある事を示唆します。その後乙骨は刀を引き抜くと、引き当てたい術式が出たようで、きた!!と、心の中でつぶやきます。

© 芥見下々 呪術廻戦 250話より

 

ここで乙骨は空間を面で操る術式を使いますが、この時乙骨は両手で二本の刀を持っています。二本の刀を持てば、二つの術式を連続使用する事も可能なようで、空間を歪めて宿儺に手元を見せないようにすると、乙骨は歪めた空間越しに刀を突き出します。宿儺は二本の腕で乙骨の刀を受け止めますが、乙骨は引き当てたかった術式を使用します。

© 芥見下々 呪術廻戦 250話より

大きな隙を作れるか?

その術式は「捌」で、宿儺の術式を宿儺に使用します。宿儺にとっては予想外の攻撃と思われますが、宿儺の顔面に斬撃の痕が刻まれていきます。乙骨は大きな隙を作ることは出来るでしょうか。

© 芥見下々 呪術廻戦 250話より

まとめ

第250話では、乙骨の領域展開「真贋相愛」の能力の詳細が明らかになっています。模倣(コピー)し包蔵(ストック)している術式の中から、一つを選択し必中術式として結界に付与し、さらにそれ以外の術式は領域内の刀にランダムで宿っており、刀を引き抜くことで乙骨だけがその効果を引き出すことが出来るそうです。今回だけで必中術式を含めて6個の術式を使っており、その中には宿儺の術式「捌」もありました。まさか、宿儺も自分の術式を使われるとは思っていなかったようで、これは俺の…、と宿儺も驚いているようです。虎杖の魂を捉える打撃も、宿儺が攻撃を受ける度に宿儺の呪力出力が下がり、肉体のコントロールが鈍っていくようで、宿儺がかなり追い込まれているように見えます。前回では乙骨は、宿儺が領域を再び使えるようになるのも時間の問題かもしれない、と危惧していましたが、虎杖の攻撃が効いているので、宿儺が再び領域を使うのは難しそうに思えます。このまま一気に宿儺を削って、伏黒の中から呪物を消し去れるのか?クライマックスも近いようですし、次回の話の展開が非常に気になります。

 

次回、宿儺に大きな隙を作った乙骨達は、攻撃を強めて宿儺を一気に削ります。宿儺は彌虚葛籠を解いて、捨て身の攻撃に出ます。

【ネタバレ】呪術廻戦 第251話「人外魔境新宿決戦㉓」あらすじ、ネタバレ
週刊少年ジャンプに掲載されている、呪術廻戦 第251話のネタバレ、感想です。 前回の記事はこちらです。乙骨の領域展開と虎杖の魂を捉える打撃で、宿儺を削っていきます。 宿儺、捨て身の世界を断つ斬撃「解」 最後の「宿儺の指」を喰っていた 宿儺は...

 

最新刊、25巻を購入される方は、こちらから。

こちらはKindle版です。

こちらはコミックス(紙)です。

呪術廻戦 25 (ジャンプコミックス)
集英社
¥528(2024/06/14 09:49時点)
コミックス(紙)

 

発売中のコミック25巻のネタバレ、感想も書いています。

【ネタバレ】呪術廻戦 25巻 人外魔境新宿決戦 のネタバレ、感想
週刊少年ジャンプで連載中の呪術廻戦の25巻 人外魔境新宿決戦の感想、ネタバレです。 25巻は、第218話から第227話まで掲載されています。 前巻、24巻のあらすじ、ネタバレはこちらの記事です。 25巻 25巻の表紙は、両面宿儺です。 © ...

コメント