【ネタバレ】葬送のフリーレン 第124話「影なる戦士」のネタバレ、感想

この記事はアフィリエイト・アドセンス広告を利用して作成しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

週刊少年サンデーに掲載されている葬送のフリーレン 第124話のネタバレ、感想です。

 

前回の記事はこちらです。シュタルクの誕生日にフェルンは誕生日プレゼントを渡そうとします。

【ネタバレ】葬送のフリーレン 第123話「頑張ってきた証」のネタバレ、感想
週刊少年サンデーに掲載されている葬送のフリーレン 第123話のネタバレ、感想です。 前回の記事はこちらです。フリーレン一行は帝国領ティタン城塞跡で、アルメーという没落した貴族と出会います。 今日はシュタルクの誕生日 © 山田鐘人・アベツカサ...

 

スポンサーリンク

影なる戦士に命を狙われるフリーレン

© 山田鐘人・アベツカサ 葬送のフリーレン 124話より

便りが来ていないか、確認する男

勇者ヒンメルの死から31年後、帝国領アオフガーベ連峰のとある村で男が郵便受けの中を確認しています。便りが来ていないか朝早くから確認していますが、便りは来ていないようです。便りが来ていないことを確認した男は、奥さんと思われる女性と普通の会話をします。

© 山田鐘人・アベツカサ 葬送のフリーレン 124話より

 

場面はフリーレン一行へと移り、フリーレン一行は泥濘(ぬかるみ)だらけの森を進んでいます。かなり険しい道で、フェルンが弱音を吐いていますが、帝都へ向かう道はここしか無いとフリーレンが言い、仕方なく歩いています。フリーレンは、私だって頑張って歩いているんだから文句言わないの、泣かない、と言ってフェルンを励ますと、シュタルクが、情けねぇな、この程度で、おぶってやろうか?と、冗談でフェルンに言います。

© 山田鐘人・アベツカサ 葬送のフリーレン 124話より

 

すると、フリーレンとフェルンは強引にシュタルクにおんぶしてもらい、冗談だからとシュタルクがやめるように二人に泣きながらお願いしています。そんなやり取りをしつつ、ボロボロになりながらやっと村にたどり着きます。峠道はまだ中継地点で悪路は続くようなので、フリーレンが宿を取って英気を養わないと、と言い宿を探しに行きます。

© 山田鐘人・アベツカサ 葬送のフリーレン 124話より

近くに大きな街道が出来ていた

しかし、村の人に話を聞くと、近くに大きな街道が出来ていて、この峠道を通る人はほとんどいなくなったそうです。フェルンに、フリーレン様…?と聞かれて、最近のことはよくわかんないや、とフリーレンはとぼけますが、街道が出来たのは大体30年前だそうです。お婆ちゃんじゃん、とシュタルクがボソッと言うと、聞こえますよ、とフェルンがシュタルクに注意します。フリーレンをお婆ちゃん扱いすると、後々まで恨まれそうですが、シュタルクは大丈夫でしょうか?

© 山田鐘人・アベツカサ 葬送のフリーレン 124話より

村長のラダールを気にするフリーレン

冒頭、郵便受けの中を確認していた男が登場します。この男はこの村の村長のようで、村人からかなり慕われています。先ほどの村人が村長に、フリーレン一行がこの村で一晩宿を取りたい、と言っていると紹介すると、村長は歓迎すると言って話を続けようとしますが、フリーレンの顔を見て言葉が止まります。その後、村の子供にはここで遊んで待つように言うと、村長のラダールだ、小さな村だがゆっくりしていってくれ、と何事もなかったように普通にフリーレンに挨拶します。しかし、村長のラダールと握手したフリーレンは、何かに気付いたようで無言になります。

© 山田鐘人・アベツカサ 葬送のフリーレン 124話より

 

その後、ラダールから少し離れた場所の空き家を紹介されると、フリーレンも普通の振る舞いに戻り、ありがとう、とラダールに感謝します。村の子供に冒険者を始めて見たとシュタルクは言われると、シュタルクは子供の相手を始めます。ラダールから、村の連中に冒険譚でも聞かせてやって欲しい、こんな村じゃ、娯楽もなくてな、日々畑仕事よ、と言われ、フリーレンはラダールに、村長も畑仕事を?と、聞きます。ラダールは、昔はな、今は流石に隠居老人さ、とフリーレンに答えた後、フリーレン達は村人達に冒険の話をしてあげます。ただ、シュタルクが村人達に話をしてる間も、フリーレンはラダールの様子を気にしています。

© 山田鐘人・アベツカサ 葬送のフリーレン 124話より

 

シュタルクの話は終わったようで、ラダールの奥さんと思われる女性がラダールに、冒険者さん達の話が面白かったと話しています。女性から聞けばよかったのにと言われますが村の連中は村長に伺いを立てるのが大好きだから、無駄な仕事で忙しかった、とラダールは答えます。女性は、慕われてるのよ、とラダールに言うと、ラダールは急に昔の事を話し始めます。素性の知れないよそ者の俺に一番最初に手を差し伸べてくれたのはお前だったとラダールは言い、あのとき渡された不格好なサンドイッチ今でもよく覚えてる、とラダールが言うと、女性は、不格好で悪かったわね、と答えますが、美味かったよあれ、とラダールは嬉しそうに話します。その後、ラダールは一つやり残した仕事があると言うと女性と別れ、フリーレン達が泊っている空き家の方に向かいます。

© 山田鐘人・アベツカサ 葬送のフリーレン 124話より

 

一方、空き家に泊っているフリーレン達ですが、シュタルクが見張りをしていました。フリーレンが、見張りの交代の時間になったら起こして、とシュタルクに言いますが、起きれんのかよ、とシュタルクが答えると、ベッドから蹴落としていいから、とフリーレンは言います。フェルンに見張りを立てて大袈裟じゃないですか?と、言われるますが、フリーレンは村の人達にラダールの事を聞いたと答えます。村長のラダールは穏やかで人当たりがいいこと以外は普通の人、と村人達は言っていたようですが、フリーレンは隠している理由が分からないと言います。そして、村長の手が現役の戦士の手だったと、とフリーレンはフェルンに明かします。どうやらラダールは現役の戦士のようですが、奥さんも含めて村人全員に自分が戦士であることを隠しているようです。

© 山田鐘人・アベツカサ 葬送のフリーレン 124話より

極秘任務の内容とは?

場面はラダールが剣の準備をしている所に移り、ラダールは武器を構えながら昔を思い出します。まだラダールが若かった頃、四人の戦士が上官と思われる男から極秘任務の説明を受けています。帝都でも一部の者しか知りえない極秘任務で、四人の戦士の使命は峠を通る者達を監視し、このリストに該当する人物をすべて始末すること、と男は説明します。四人の戦士を、帝国に忠誠を誓いし影なる戦士達、と言っている事から、普通の戦士でなく暗殺者に近い戦士のようです。

© 山田鐘人・アベツカサ 葬送のフリーレン 124話より

 

峠道は当時では南側から帝都に続く唯一の道だったようで、リストの人物達に帝都の地を踏ませるな、と男は言います。リストの中には帝国に貢献した者も多いようですが、理由など君達の知りえることではない、となぜ始末するのか理由は教えてもらえません。村に潜伏する任務の期間も、リストの人物を全員始末するまでのようで、仮に不測の事態が起きたとしても任務続行の可否は帝国側が判断するようで、通達を待つように四人の戦士に言います。場面は現在に戻り、リストの人物はフリーレン以外は始末されたようで、リストにはフリーレン以外の人物に×がついています。四人の戦士もラダール以外はもういないようで、ラダールとフリーレンはお互い最後の一人になってしまったようです。ラダールは平穏に余生を過ごしたかったようですが、俺には許されないんだな、とラダールはつぶやきます。

© 山田鐘人・アベツカサ 葬送のフリーレン 124話より

 

ラダールはフリーレンを始末するため空き家に行きますが、見張りのシュタルクに見つかります。見張りを立てられる程、警戒されちまうとは俺の腕も鈍ったもんだ、とラダールが言うと、フリーレンの見立て通りならあんたは歴戦の戦士らしいぜ、今の俺にもそう見える、とシュタルクは言い、さらにラダールを警戒しつつ何の用か聞きます。シュタルクに何の用か聞かれ、ラダールは隠すことなく俺が欲しいのはフリーレンの命だけだと言い、シュタルクに退くように言います。しかしシュタルクは退くことなく、まだ話し合いの余地はあるだろ、とラダールに話しかけます。

© 山田鐘人・アベツカサ 葬送のフリーレン 124話より

 

しかし、ラダールは話し合いには応じず、お前は老いぼれの俺よりも腕が立つだろうさ、場数も踏んでる、見りゃわかるよ、でも足りてねぇな、とナイフを構えながらシュタルクに言います。そこはもう、戦士(おれ)の間合いよ、とラダールが言うと、シュタルクも斧を取って構えようとしますが、シュタルクが斧を取るよりも速くラダールは斧を手で押さえ、ナイフをシュタルクの首に向けます。

© 山田鐘人・アベツカサ 葬送のフリーレン 124話より

シュタルクでも歯が立たず

一気に間合いを詰められて武器も押さえられてしまったシュタルクは、フリーレンの名前を叫ぼうとしますが、先にラダールに腹を蹴られて気を失ってしまいます。お前の名前はリストには無い、とラダールは言い、シュタルクの命は取ろうとしません。そして、ラダールはフリーレンの命を狙おうとします。

© 山田鐘人・アベツカサ 葬送のフリーレン 124話より

まとめ

124話では最初、フリーレン一行は村の空き家に普通に一泊するのかと思いましたが、フリーレンが村長のラダールにいきなり命を狙われます。しかも、かなり昔から帝国に極秘任務として殺すように命令されていたようで、リストの他の人物は全員殺されているようです。フリーレンは魔王討伐の偉業を成し遂げていて帝国に命を狙われる理由はないはずですが、他のリストの人物も帝国に貢献した者も多いようで、かなり闇が深そうです。さらに、約30年前にこの村の近くに大きな街道が出来ていて、現在は峠道を通る者はほとんどいないはずなので、極秘任務も中止となってもよさそうなものですが、いままで極秘任務が続行されてきた事にも違和感があります。

第121話でフリーレンが、80年前に比べて寂れている感じがすると言っていた事とも関連がありそうですが、次回でフリーレンが狙われている理由が明かされる事に期待したいと思います。

【ネタバレ】葬送のフリーレン 第121話「街道の魔物」のネタバレ、感想
週刊少年サンデーに掲載されている葬送のフリーレン 第121話のネタバレ、感想です。 前回の記事はこちらです。帝国領に入ったフリーレン達は、帝国のお祭り・討伐祭に参加します。 帝国の様子がおかしい? © 山田鐘人・アベツカサ 葬送のフリーレン...

 

次回、ラダールはこの村で何十年もの間、どのように過ごしてきたかを語ります。

【ネタバレ】葬送のフリーレン 第125話「家族」のネタバレ、感想
週刊少年サンデーに掲載されている葬送のフリーレン 第125話のネタバレ、感想です。 前回の記事はこちらです。フリーレンは村長、ラダールに命を狙われます。 使命は消えて、家族が残った © 山田鐘人・アベツカサ 葬送のフリーレン 125話より ...

 

アニメ 葬送のフリーレンのまとめ記事を書いています。

【ネタバレ】TVアニメ「葬送のフリーレン」、9月29日より放送開始、単行本あらすじも紹介
この記事ではTVアニメ「葬送のフリーレン」の最新話までのネタバレ・感想、さらにアニメ情報のまとめ記事、単行本最新巻までのあらすじ・まとめ等をご紹介します。 TVアニメ 葬送のフリーレン 第1~23話 のネタバレ、感想 アニメ 初回2時間スペ...

 

最新刊、葬送のフリーレン 12巻 発売中です。

 

発売中のコミック 12巻のネタバレ、感想も書いています。

【ネタバレ】葬送のフリーレン 第12巻のネタバレ、感想
週刊少年サンデーに掲載されている葬送のフリーレン 第12巻のネタバレ、感想です。 12巻は、第108話から第117話までが掲載されています。 前巻、11巻のあらすじ、ネタバレはこちらの記事です。 12巻 © 山田鐘人・アベツカサ 葬送のフリ...

コメント

  1. Sho Naka より:

    117話で「トートがかけた呪い」って、人が魔法使いを恐れるようになる呪いなのかもですね。丁度中世の魔女狩りのように。

    • 管理人 より:

      そういえば、トートの呪いがありましたね。80年前三割で、100年たったらこの星を覆い尽くすとトートは言っていたので、現代だと大分呪いは進行していそうですね。
      トートの呪いが関係している可能性もありますね。
      人が魔法使いを恐れるようになる呪い、のような類の呪いの可能性もありますね…。どんなものなのか、気になります。