【ネタバレ】ランス10 プレイ日記 その181 クエスト「エピローグ」6

スポンサーリンク
google adsense

クエスト「エピローグ」6

ランスを殺そうと狙うが…

バードの左腕の義手に気付いたシィルが先ほどから、何らかの力を溜めているらしき、義義手代わりのアタッチメントを指して、バードに尋ねます。

バードは相変わらず穏やかな口調で、左腕の義手が自分の新しい武器だと話します。強力な魔法を放つ小型破壊光線砲だそうです。

威力は白色破壊光線並みとまではいかないようですが、人の頭を吹っ飛ばすくらいは容易いくらいの威力はあるそうです。そして、自分の義手はどうでもいい、今僕の話をしてるんだ、ちゃんと聞いてくれるかな?ね?と、バードは視線を微動だにせず、話を続けます。

そのバードの視線の先には女の子達と戯れる、激しい嫉妬、憎しみの対象であるランスの姿があります。

そして、もう英雄にはなれなくてもいい……、でも僕の不幸の原因は誰にあるのか、って……、誰のせいで僕はこんな目に遭っている……、僕は誰を倒せばいいのか……、そんな事をずっと考えていたとバードは言います。

そして充填が90%に達した頃、バードは結論が出たと言います。ランスがいなくなっちゃえばいいんじゃないかなって、という結論です。

バードに気付くランス

その時、ランスがバードとシィルに気付き、ランスが何してやがる!とバードに怒ります。バードも、お、ようやく英雄様が気づいてくれた、とやっとランスが自分に気付いたとバードが言いますが、その時左腕の義手の充填が100%に達します。

バードの左腕の破壊光線砲は、今にも発射せんばかりに、チキチキと不穏な音を立てています。そしてバードはシィルを見てにっこりと微笑みながら、さっきのランスとの会話を聞いていたとシィルに話します。

ランスが、もう敵がどこにもいないとシィルに言っていた会話ですが、バードはもう敵がどこにもいないなんて……、ひどいよねぇ、ランスさんは、とシィルに言います。

バードは狂気に満ちた表情でシィルに、まだ僕がいるのに、と言うと自分の左腕の破壊光線砲をランスの頭に向けます。

バードの破壊光線砲が自分に向けられ驚くランスですが、バードがランスを殺そうとしていると察したシィルは、駄目ーーーーーッ!!と叫びながらシィルはバードをすぐに止めようとします。

破壊光線砲はシィルへ

しかし、バードはなんちゃって、と言うと自分の破壊光線砲の砲口をシィルの腹部に向けます。そしてバードは、僕が本当に殺したいのは君だよ、とシィルに向かって言います。

そしてバードは破壊光線砲をシィルに向かって発射し、シィルの腹部に命中します。………………あ、とシィルは呟くのみです。

周りの全員が…、ランスも、そしてシィル自身も、突然の事態にただ目を丸くしています。例外はただ一人、バードだけです。

まとめ

破壊光線砲を堂々と充填していたバードですが、とうとうシィルに向かって破壊光線砲を発射するという凶行にバードが及びました。しかも、最初はランスを殺すような口ぶりや素振りを見せていたので、かなり計画的です。それだけランスが嫉妬や憎しみの対象だったのなら、ランス本人に嫉妬や憎しみをぶつければいいのに…。

次回、ランスはヒーラーを呼んでシィルを助けようとしますが…。

クエスト「エピローグ」7 破壊光線砲を発射されたシィルは… 破壊光線砲を発射したシィルに対してバードは、僕はね……、君にさえ出会わなけれ...

前回の記事です。

クエスト「エピローグ」5 落ちぶれた冒険者 バード 何年かぶりに再会したバードにシィルは驚きますが、バードの方はシィルに再開できたことに...
スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

トップへ戻る