【ネタバレ】ランス10 プレイ日記 その233 食券イベント77

食券クエスト、やっていきます。今回はマリス・アマリリスの食券イベントです。

スポンサーリンク
google adsense

食券イベント

マリス・アマリリス 食券イベント C

マリス・アマリリスの食券イベント Cです。

ランスはアールコートからマリスが裏切っているかもしれないという情報を聞き、マリスがリアを裏切ってるかも知れんだとー!?と、思わず大声で叫んでしまいます。

まだ証拠があるわけではありません、くれぐれも言動には気をつけて下さい、とクリームから注意されランスは一旦落ち着きますが、マリスがリアを裏切っているという情報に、にわかに信じられず何があったか聞きます。

するとウルザが説明をしてくれて、ことの発見者はコパンドン様です、彼女は独自のソースでお金の流れを色々と把握されているそうですが……、あるとき、リーザスから流れる不審なお金の流れを見つけたと、とウルザが言います。

隠し口座から大量のお金が…

それをたどっていくと隠し口座が見つかったと、口座の持ち主は……その……、アールコートが言いづらそうにしていると、ランスが、マリスか、と推測して言います。アールコートが頷き証拠の書類を見せてくれます。その書類は、口座に二十万GOLDが貯め込まれていることが分かる書類でした。

口座に二十万GOLDも貯め込んでやがる…、これはなかなか…、書類を見ながらランスがつぶやいていると、不審に思いこちらでも調べてみますと、マリス殿の長距離うし車の予約履歴が見つかりました、とウルザが言います。

長距離うし車?どこに行くんだ?と、ランスが聞くと、一ヶ月後に…行き先はJAPANだそうです、とクリームが言います。金持ってトンズラして国外逃亡しようってのか……、とランスが言うと重々しくクリームが頷きます。

これはリーザス内部のゴタゴタです、本来なら口出しすべきことではないのですが……、今は情勢が情勢ですからね……、全ての国が一蓮托生、これが原因で内部崩壊などされては困ります……、とクリームが言うと、ランスがうーーーーーむ、と言い悩みます。

すると、ふーん、面白そうな話、リアにも聞かせて欲しいなー、とリアがいつの間にか部屋にいて、ランスに話しかけます。さらにマリスも一緒に立っていて、アールコートから受け取った書類を数秒流し見していきます。

……なるほどねぇ、とリアが言うと、すぐにマリスに声を掛けます。おそらく、私の失脚を目論んだ、国内の反対勢力の偽装工作ですね、証拠はまだありませんが……、こういうことをしそうなのはグレー貴族ですかね、とマリスはすぐに犯人の目星を付けて、リアにそれを言います。

すぐに調べておいて、とリアが言うと、数日以内に確固たる証拠が見つかるかと、とマリスが答えます。すると、そしたらリアに言ってね、リア自らグレー貴族と話するか、とリアは当人と直接話すと言います。

かしこまりました、とマリスが返事をすると、というわけで、はい解決、これは身内のゴタゴタだから気にしないで、とリアは話を強引に終わらせようとします。ランスが、お、おいおい、証拠はないんだろう?マリスを信じていいのか?と、言い少し心配します。

しかし、ふふふ、だーって…、あははははっ、マリスがリアを裏切るわけないのにねー、とニマニマと笑っていたリアがついに噴き出します。呑気な二人に、皆がポカーンとします。

それにしても……、二十万GOLD、かあ……、くすくす、ねえマリス、これはちょっと……ねえ……?と、リアが笑いながらマリスに話しかけると、少しショックですね、手前味噌ですが、私が同じことをするなら、桁がもう一つは欲しいところです、やろうと思っても、それだけしか動かせるお金がなかったのでしょうが……、とマリスは変なところでショックを受けたと言います。

リアが少し考えた後に、ねえ、マリス?本当に同じことしようと思ったら、リアが許すわ、桁もう三つは上乗せしなさい、マリスの退職金と考えたら、それでも安いもんね、とマリスにとんでもない事を言い出します。くすっ……、はい、覚えておきます、とマリスも笑いながら答えます。

あ、でも本当にしようとしても意味ないわよ、お金はまだいいけど逃げるのが駄目、世界の隅っこの石の裏まで捜して、絶対にマリスを連れ戻すから、とリアが言うと、……しかし連れ戻してどうなさいます?と、マリスがリアにどうするのか聞きます。

歪んだ信頼関係

説得してまた侍女に戻ってもらうわ、拷問、薬漬け、孕ませて子を人質にとか、使える手はなーんでも使って、ちゃんと心変わりさせてあげる、とリアは怖いことをさらっと言います。

だから……リアから離れようなんて思っちゃ駄目よ?と、リアがマリスを見上げてニコッと笑いながら言います。

それを聞き、心の底から……本当に嬉しそうにマリスも笑いながら、はい、私のすべてはリア様の為に、と答えます。当然でしょ、マリスはリアのものなんだから、とリアが答えると、マリスもはいと返事をします。

そんなおかしな二人の会話を聞いたランスは、なんか……歪んだ会話だったな……、と心の中でつぶやきます。

クリームも、共依存ってこんな風になるのね……、と心の中で思います。

その日、城内で、何故かマリスの機嫌がとても良いと少しだけ噂になります。そして、数日後……、マリスの言葉通り、今回の一件がリーザス貴族の偽装工作だと判明します。

まとめ

リアの信頼の厚いマリスですが、金を持って逃亡するかもしれない、という容疑をかけられても、リアは全くマリスを疑いません。常に日ごろからマリスを信頼しているリアだから笑い飛ばせますが、リアは歪んでいるので、薬漬けとか拷問とか色々怖いことを考えています。それに応えようとするマリスも怖いです。まさしく、この二人は共依存の関係なのでしょう。

次回、ミステリアの食券イベントです。

食券クエスト、やっていきます。今回はミステリア・トーの食券イベントです。 食券イベント ミステリア 食券イベント B ミステリ...

前回の記事です。

食券クエスト、やっていきます。今回はクリームの食券イベントです。 食券イベント クリーム 食券イベント C クリームの食券イベ...
スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

トップへ戻る