【ネタバレ 感想】進撃の巨人 108話『正論』あらすじと感想

別冊少年マガジン 2018年9月号に掲載されている進撃の巨人 108話のあらすじと感想です。

前回の記事はこちらです。

別冊少年マガジン 2018年8月号に掲載されている進撃の巨人 107話のあらすじと感想です。 前回の記事はこちらです。 ...

スポンサーリンク
google adsense

マーレ義勇兵の拘束

前回、無事マーレの義勇兵を拘束でき、一安心する憲兵団の面々だが、ナイルは今まで技術提供などいろいろ尽くしてくれた義勇兵を拘束したことに納得していない様子です。それに比べて、他の面々はジークが何を考えているか不明で、信用できないと言います。また当初の提案通り、ジークが島に着くなり巨人にしたヒストリア女王にジークを食わせるべきだったとまで言います。

© 諫山創 進撃の巨人 108話より

やはり前回、最後にヒストリアが出ていましたが、ヒストリアは妊娠していました。憲兵団の1人、ローグは「婚礼も無しにその辺の男と…所詮は下賤の身に過ぎない名ばかりの女王様ってことだ」と言って、ヒストリアが勝手に身ごもった事に納得がいっていない様子です。

© 諫山創 進撃の巨人 108話より

ちなみにヒストリアの相手は昔いた牧場で、ヒストリアに石を投げてからかっていた青年だそうです。ヒストリアが女王として運営していた孤児院を手伝っていた時に、出会ったそうです。

© 諫山創 進撃の巨人 108話より

ローグはヒストリアが懐妊したタイミングを疑います。ジークをヒストリアに食わせようと提議したタイミングで懐妊しているので、ジークをこの島で生かしたい奴がヒストリアにこっそりと助言したと考えます。ローグの考えでは、義勇兵特に、イェレナが怪しいと睨んでいるようですが、根拠はありませんが、ヒストリアが妊娠している間は巨人化させるのはかなり危険な賭けになります。

© 諫山創 進撃の巨人 108話より

エレンの真意

場面変わって、1年前まだエレンがマーレに潜入していない頃、ヒィズル国に他国と交渉できないか提案していましたが、ヒィズル国は全く相手にしてくれず取りつく島も無かったそうです。

© 諫山創 進撃の巨人 108話より

結局、「地鳴らし」に頼るしかなく、ヒストリアの犠牲も避けられない事になってしまい結果は変わりそうにありません。

© 諫山創 進撃の巨人 108話より

ここでハンジは「だから…会いに行こう」「わからないものがあれば理解しに行けばいい」「それが調査兵団だろ?」と言い、ここで初めてマーレに拠点を設けて潜入する事を提案します。

© 諫山創 進撃の巨人 108話より

が、結局エレンはジークの計画に乗って、式典の最中にマーレを襲いました。アルミンはエレンともう一度話をし、真意を確かめようとします。ジークが何かを企てていても、「始祖の力」を持つのはエレンの側で、ジークが何かを企てていてもエレンが望まない限りジークの企ては叶わない、だからアルミンはエレンの真意を確かめようとします。

© 諫山創 進撃の巨人 108話より

そしてもしエレンがジークと同じ目的なら、信頼できる他の誰かを巨人にしてエレンの「始祖」の巨人を継承される事も決心します。

© 諫山創 進撃の巨人 108話より

牢屋に閉じ込められている、エレンと。

© 諫山創 進撃の巨人 108話より

巨大樹の森で、リヴァイに監視されているジーク、今後どう展開するでしょうか。

© 諫山創 進撃の巨人 108話より

逃走したガビとファルコ

逃走したガビとファルコは牢屋を脱出して、どこか遠くに逃げたようですがその先で、昔サシャが助けたと思われる少女と出会います。警戒していたガビは石で襲いかかろうとします。

© 諫山創 進撃の巨人 108話より

が、少女の家に誘われて警戒はしながらもついていくようです。

© 諫山創 進撃の巨人 108話より

ライナーの決意

場面変わって、エレンが襲撃した演説会場後です。「獣の巨人」の死骸跡を調べた結果、ジークの体が部分的には見つかりましたが、両腕両足のものだけだったことから、パラディ島的勢力と手を組んで飛行船で逃げたことが既にばれています。

© 諫山創 進撃の巨人 108話より

マガトは半年以内にパラディ島に世界連合軍による焦土作戦を仕掛ける事を決定します。だが、ライナーはジークもすぐにマーレ軍のみで攻勢に転じる事は無く、世界連合軍の集結を待って攻めてくると考えると言い、そして半年後に潰されるのをただ待っている人でもないと言います。

© 諫山創 進撃の巨人 108話より

ライナーは世界連合軍の集結を待たずに、すぐにパラディ島を奇襲すべきだとマガトに提案します。

© 諫山創 進撃の巨人 108話より

まとめ

ヒストリアが妊娠したことで、身重の身で巨人化してジークを食うのはかなり危険そうです。ヒストリアがこの時期に妊娠したのは、本当に義勇兵の誰かの差し金でしょうか。

またエレンが何を考えているか、アルミンは確かめに行こうとしますがエレンはミカサやアルミン相手とはいえ、あの思いつめた感じだと簡単には話しそうにないように感じます。

で、いよいよライナーの方は、パラディ島を奇襲すると言っています。どうなるでしょうか。

次回、ガビとファルコは出会った少女に助けられます。

別冊少年マガジン 2018年10月号に掲載されている進撃の巨人 109話のあらすじと感想です。 前回の記事はこちらです。 ...
スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

トップへ戻る