【ネタバレ 感想】進撃の巨人 110話『偽り者』あらすじと感想

別冊少年マガジン 2018年11月号に掲載されている進撃の巨人 110話のあらすじと感想です。

前回の記事はこちらです。

別冊少年マガジン 2018年10月号に掲載されている進撃の巨人 109話のあらすじと感想です。 前回の記事はこちらです。 ...

スポンサーリンク
google adsense

エレン、反乱

ラカゴ村の出来事

ジークがラカゴ村襲撃時の様子をリヴァイに説明します。ちなみにこの内容、何度も説明していますが、ジークはリヴァイに何度も説明させられています。

© 諫山創 進撃の巨人 110話より

ジークの脊髄液を元にして作ったガス兵器でラカゴ村を襲撃しました。そのガスを少しでも吸うと「ユミルの民」は巨人の力の送り先となる座標が刻み込まれてしまうそうで、その後はジークの命令に従って、巨人の力が座標に送りこまれてしまうそうです。

© 諫山創 進撃の巨人 110話より

そしてその巨人たちは「獣の巨人」を介した道で繋がっていて、ジークの意志通りに動く巨人となるようです。

© 諫山創 進撃の巨人 110話より

場面変わって、リヴァイがジークにラガコ村での惨劇を再度、問い詰めていますがそもそもジークは島に上陸した時にすぐに話しているので、同じ話を何度も聞き返す事に不満を訴えます。

© 諫山創 進撃の巨人 110話より

リヴァイはジークがラガコ村の村人を犠牲にした事に、全く罪悪感を覚えていないと考えているようでジークにねちねちと嫌味を言っています。ジークはそんな事よりエレンと会っていつ実験をするのかを気にしていますが、いつ実験ができるかは不明のようです。

© 諫山創 進撃の巨人 110話より

イェレナ尋問

場面変わってピクシスとイェレナが会話をしています。というより、イェレナがピクシスから尋問されている感じですが、イェレナはあっさりとエレンと密会していた事を告白します。

© 諫山創 進撃の巨人 110話より

イェレナがエレンと密会した目的はエレンを誘導して、兵団を無理にでも動かす事とピクシスは推測します。しかしイェレナの反応から、ジークの信奉者のイェレナは、エレンも同じように神格化しているようにさえ見えます。

© 諫山創 進撃の巨人 110話より

ジークとエレンの二人の兄弟が世界を変える事を望むイェレナは、エレンと密会した真の目的は結局、好奇心だったと白状します。ピクシスはそれでもまだ疑っているようで、エレンと交わした会話の全てを話すように言い、イェレナへの尋問はまだ続きます。

© 諫山創 進撃の巨人 110話より

オニャンコポン軟禁

続いて場面変わって、オニャンコポンが軟禁されている状況にハンジに抗議しています。今さら、ジークを疑う事、この三年間全員で鉄道を施設して島の発展に尽くしてきた結果が、人質という事が納得いきません。ハンジは平謝りでオニャンコポンにもう少しの間耐えて欲しいと言います。

© 諫山創 進撃の巨人 110話より

この後、オニャンコポンにイェレナがエレンと密会した事を明かしオニャンコポンの反応を確かめますが、本当にイェレナの事は知らないらしく、その事実に驚きます。しかしイェレナがそんなことをするわけ無いとまではイェレナを擁護はしません。

© 諫山創 進撃の巨人 110話より

イェレナは浸食を共にした友であっても怪しいマーレ人、義勇兵を疑ったマーレ人はすべて事故死として容赦なく葬っていました。しかしそこまで冷徹なイェレナが何故か、島ではマーレ兵の人権を譲らず政権に反発してまで、マーレ人を守っていた事にハンジは引っかかります。

© 諫山創 進撃の巨人 110話より

アニの現状

水晶体の中に閉じこもっているアニに触れようとするアルミン、それを大声で止める筆致です。アルミンはアニに接触する事によって、巨人の記憶、アニの記憶を手に入れ、入内な情報が手に入らないかと触ろうとしました。ヒッチに「お客さん その子はお障り厳禁なんだけど」と止められてしまいますが。

© 諫山創 進撃の巨人 110話より

ヒッチに止められて思いとどまるアルミンですが、世間はエレンを拘束した兵団に不満を募らせて兵団支部全域を民衆が取り囲む事態になっています。過激化する民衆。

© 諫山創 進撃の巨人 110話より

さらにザックレー総統と面会する、ミカサとアルミンですが既に状況はかなり悪くなっているようで、以前から申し出いたエレンとの面会を拒否されます。理由は義勇兵(イェレナ)とエレンとの密会が明らかになった事だそうです。エレンはこの密会が明らかになってから黙秘したままになっているのも関係していそうです。

© 諫山創 進撃の巨人 110話より

アルミンは既にエレンが既に現兵政権に見限られていて、「始祖」の巨人の継承者選びが始まっているかも、とさえ考えます。エレンの危機の可能性を聞かされて、ミカサは早速行動に移ろうとしザックレー総統の部屋の会話を盗み聞きしようとします。しかし、直後ミカサは直感的に危機を感じます。

© 諫山創 進撃の巨人 110話より

直前で何とかかわすミカサとアルミン。直後ザックレー総統の部屋が爆発します。

© 諫山創 進撃の巨人 110話より

ザックレー総統も爆死します。

 

© 諫山創 進撃の巨人 110話より

ザックレー総統の部屋に爆弾が仕掛けられてしましたが、マーレ義勇兵は全員軟禁中で犯人ではありません。アルミンはザックレー総統から新兵がザックレー総統の部屋を訪れていて、それが調査兵団の人間だったと報告します。どうも調査兵団内部に犯人がいるようです。

© 諫山創 進撃の巨人 110話より

エレン脱走

さらにザックレー総統が殺害されたタイミングで、エレンが地下牢から巨人の力を使って脱走します。

© 諫山創 進撃の巨人 110話より

ミカサは何が起こっているか把握できず、困惑しアルミンに話しかけますがアルミンは無言のままです。

© 諫山創 進撃の巨人 110話より

そしてエレンは地下牢を脱出して、調査兵団の内通者たちと合流します。エレンの目的は、ジークの居場所の特定です。

© 諫山創 進撃の巨人 110話より

エレンを信じるミカサとアルミン、そして仲間割れをしている調査兵団の所にマーレの戦士、ピークが潜入しています。

© 諫山創 進撃の巨人 110話より

潜入しているピーク、何が狙いでしょうか。

© 諫山創 進撃の巨人 110話より

まとめ

マーレの義勇兵との密会で疑心暗鬼になったか、調査兵団は内紛を勃発してエレン派がザックレー総統を暗殺してしまいました。一致団結していたかのようでしたが、調査兵団は民衆の支持を失い、内部に造反者も出てしまいかなり分が悪いです。そのうえ、ピークが街に潜入していてこの先どうなるでしょうか。

次回、ファルコとガビに進展が、そしてジークのもう一つの罠が判明します。

別冊少年マガジン 2018年12月号に掲載されている進撃の巨人 111話のあらすじと感想です。 前回の記事はこちらです。 ...

進撃の巨人 26巻の購入はこちらから。

スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

トップへ戻る