【ネタバレ】進撃の巨人 132話『自由の翼』 あらすじと感想

別冊少年マガジン 2020年10月号に掲載されている進撃の巨人 132話のネタバレ、感想です。

前回の記事はこちらです。エレンの地鳴らしが大陸に到達します。

別冊少年マガジン 2020年9月号に掲載されている進撃の巨人 131話のネタバレ、感想です。 前回の記事はこちらです。海の上で...

スポンサーリンク
google adsense

ハンジ、最後の決意

飛行艇の準備に取り掛かる

オディハに到着したハンジ達は、飛行艇を空に揚げる準備に取り掛かります。オディハの住民は避難したようで誰もおらず町は静かです。キヨミはハンジに自分の故郷、ヒィズルを託します。

© 諫山創 進撃の巨人 132話より

ヒィズルの技術者、アルミンやライナー達が、飛行艇を工場に運び入れて整備を始めます。アルミンは飛行艇に取り付けられていた爆薬を捨てずに、エレンか何かに使えるかもしれないと飛行艇に積んでおこうと言います。

© 諫山創 進撃の巨人 132話より

場面変わって、船の中で目が覚めたファルコはマガトやレベリオの住民が死んだことを知り、取り乱します。ファルコはピークにこれからどうしたらいいか聞きますが、ピークは、ごめん…、分からないの…、と何も答えられません。一方アニですが、降りると言った決意は固いようで、ミカサから新型の立体起動装置に慣れるように言われても、何もする気は無いようで、飛行艇にも乗らないと言います。

© 諫山創 進撃の巨人 132話より

最後の時間くらい…穏やかで…いたい、とアルミンを見つめながら言うアニをミカサは見て、いつの間に?と驚きます。しかし、ミカサは何かを察したようでアニに、あなたはもう辛い思いはしなくていい、と言います。そして、ミカサは遠くに言ったエレンを連れ戻す、私は…ただそれだけ、と言い飛行艇の整備に戻ります。

© 諫山創 進撃の巨人 132話より

エレンの次の目標

目が覚めたリヴァイは全身ボロボロですが、イェレナの意識が戻ったと聞き、エレンの次の行き先を吐かせると、イェレナの所に行こうとします。そこにピークも来て、私も…やることが無いので…、とイェレナの尋問に参加します。

© 諫山創 進撃の巨人 132話より

エレンとイェレナの過去の会話で、まずエレンが地鳴らしを発動させるのは、世界連合艦隊が集結するカリフア軍港だと分かります。エレンは、攻撃目標はそれだけか?とイェレナに聞くと、主要国には十分過ぎる打撃となるが強いて言えば、マーレ大陸南の山脈にある砦、飛行艇の研究基地 スラトア要塞が気になると、イェレナは言います。

© 諫山創 進撃の巨人 132話より

ピークは、そのスラトア要塞がエレンの第二の攻撃目標だと言い、カリフア軍港の次に飛行艇を潰しにエレンは向かうでしょう、と話します。飛行艇の整備は順調に進んでいますが、ピークはキヨミにガビとファルコを船室に閉じ込めるので、お願いしますと言います。二人は飛行艇には乗せず連れて行かないとピークは言い、自分は死んだ仲間達に報いなければならない、と戦士の務めを果たすと言います。

© 諫山創 進撃の巨人 132話より

各々、別れをすませる

飛行艇の離陸準備まで一時間となり、それぞれの装備の点検を行います。リヴァイは指を失っていますが、…二本も指がありゃ十分だ、問題ねぇ、と言います。アニはピークとライナーに、私だけ逃げることになるなんて…、と申し訳なさそうですが、ピークは気にしないように言います。

© 諫山創 進撃の巨人 132話より

ライナーは、ずっと謝りたかった、あの日…、すべてはあの日俺が作戦を強行したことから始まった…、とアニに謝りますが、アニは、何度殺そうとして思いとどまったかわからない、と話し二人は別れをすませます。

© 諫山創 進撃の巨人 132話より

アルミンとアニは手を振りながら、お互いしばらく見つめ合いますが、結局そのまま何も言葉を交わしません。ミカサから、これでよかったの?と聞かれますが、よかったよ…アニは…アニのままでいいんだから、と答えます。

© 諫山創 進撃の巨人 132話より

ハンジは、ピークにこっちでいいの?後のエルディア人の立場を考えたら…、とピークを気にします。しかし、ハンジの言う通りだと言い、マガトが最後に残した指令、力を合わせて為すべきことを為せ…、を行うようです。それを聞いたハンジは、ぜひ今度車力の巨人の背中に乗ってその体温を感じながら、と話しますが、ピークは発言を途中で遮って、何ですか急に気持ち悪いと、ハンジを拒否します。

© 諫山創 進撃の巨人 132話より

フロック、最後の抵抗

飛行艇に燃料を注入しようとしていた時、フロックが突然現れ、準備中の飛行艇に向かって何発も発砲します。発砲音を聞いて、すぐにフロックの方に走るミカサは、躊躇なくフロックを攻撃しようとします。

© 諫山創 進撃の巨人 132話より

ミカサの立体起動装置のアンカーがフロックの首部分に当たり、フロックの致命傷となります。フロックは船にしがみついてここまで来たようですが、フロックの発砲で飛行艇の燃料タンクに穴が開いてしまいます。

© 諫山創 進撃の巨人 132話より

ヒィズルの技術者が、空いた穴を塞ごうと溶接の準備にすぐに取り掛かりますが、その時激しい音と振動が近づいてきます。

© 諫山創 進撃の巨人 132話より

ライナーが工場の外に出て確認すると、地鳴らしが近づいて来ていて、壁の巨人たちが押し寄せて来ています。

© 諫山創 進撃の巨人 132話より

フロックは、行く…な、行かないで…くれ…、島の…、みんな…、殺…される、俺…達の、悪魔…、それ…だけ、希…望…、と呟きそのまま死んでしまいます。ハンジはフロックの言う通りだと認めつつ、でも…あきらめられないんだ、とハンジは言います。

© 諫山創 進撃の巨人 132話より

アルミンに調査兵団団長を託す

近づいてくる壁の巨人たちに、アルミンやライナーは自分が巨人になって足止めしようとしますが、ハンジは巨人の力は一切消耗させる訳にはいかない、と自分がけじめをつけると言います。そして、15代調査兵団団長に任命し、君以上の適任はいない、皆を頼んだよ、とアルミンに言い兵団団長を託します。

© 諫山創 進撃の巨人 132話より

一人で歩きはじめるハンジにリヴァイは話しかけますが、今 最高にかっこつけたい気分なんだよ、このまま行かせてくれ、とハンジは話します。そんなハンジに、心臓を捧げよ、とリヴァイは言いハンジを送り出します。

© 諫山創 進撃の巨人 132話より

壁の巨人たちに一人立ち向かうハンジは、…やっぱり巨人って、素晴らしいな、とハンジらしい呟きを漏らします。ハンジは雷槍で壁の巨人のうなじを狙い、一体倒すことに成功します。

© 諫山創 進撃の巨人 132話より

飛行艇の穴は塞がり、燃料を入れ始めますが、壁の巨人たちがすぐそこまで来ているという事で、全ての燃料は入れられずエンジンをかけて一気に機体を飛ばします。多数の壁の巨人たちに、ハンジは全てを止める事は出来ませんが、それでも一体ずつ倒していきます。

© 諫山創 進撃の巨人 132話より

巨人の高熱にやられて落ちていくハンジ、それを見て泣きながら叫ぶアルミン達、アルミン達を乗せた飛行艇は飛び立っていき、…じゃあな、ハンジ、見ててくれ、とリヴァイは呟きます。

© 諫山創 進撃の巨人 132話より

壁の巨人たちの足跡に倒れているハンジは、目を覚ますと飛行艇はどうなったか確認しようとすると、先に死んだ調査兵団の仲間達が、飛び立ったよ、と答えます。エルヴィン達が、お前は役目を果たした、と出迎えます。

© 諫山創 進撃の巨人 132話より

ハンジは、団長に指名された苦労を漏らしながら、死んでいった調査兵団の仲間達と会話を楽しみます。

© 諫山創 進撃の巨人 132話より

まとめ

オディハに着いて飛行艇の整備に取り掛かったハンジ、アルミン達ですが、ここでアニやガビ、ファルコ達とお別れとなります。ガビやファルコはまだ一緒に行きたかったようですし、アニの巨人の力は戦力として頼りになりますが、このまま出番は終わりなのでしょうか。

もう一度出番がありそうなフロックでしたが、やはり船に付いて来たようで、銃で飛行艇の燃料タンクに穴をあけてしまいます。何とか燃料タンクを塞ぐ時間稼ぎをしようと、ハンジが一人壁の巨人の群れに挑んで、何とか飛行艇を飛び立たせることに成功します。しかしその結果、ハンジは亡くなってしまいます。ラストに向けて、登場人物がどんどん死んでいきますが、最後まで何人が生き残れるでしょうか。

次回、スラトア要塞に向かう飛行艇の中で、アルミン達は作戦を話し合います。

別冊少年マガジン 2020年11月号に掲載されている進撃の巨人 133話のネタバレ、感想です。 前回の記事はこちらです。オディ...

最新刊32巻は発売中です。購入はこちらからどうぞ。

発売中のコミック32巻のネタバレ、感想も書いています。

進撃の巨人 32巻には127話から第130話まで掲載されています。 前巻31巻のあらすじ、ネタバレはこちらの記事です。 ...
スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

トップへ戻る