【ネタバレ】東京卍リベンジャーズ 19巻のネタバレ、感想

週刊少年マガジンで連載中の東京卍リベンジャーズの19巻の感想、ネタバレです。

今回は162話から170話まで掲載されています。

前巻18巻のあらすじ、ネタバレはこちらの記事です。

週刊少年マガジンで連載中の東京卍リベンジャーズの18巻の感想、ネタバレです。 今回は153話から161話まで掲載されています。 ...

スポンサーリンク
google adsense

19

19巻の表紙は灰谷兄弟です。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 19巻より

162話 The blue ogre

灰谷兄弟に挑む八戒とアングリーの“末っ子同盟”ですが、アングリーは竜胆の関節技で右腕と左足を折られ身動きが取れなくなってしまいます。さらに八戒も竜胆の関節技をきめられ、蘭の警棒で一方的に殴られ続けられます。その状況を身動きが出来ない状況で見せつけられたアングリーは、急に泣き出してしまいます。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 19巻より

163話 Awake my potential

泣いたアングリーはリミッターが外れたように強くなり、タックルを仕掛けて再び関節技をきめようとした竜胆を一撃で倒してしまいます。一撃で倒された竜胆を見て動揺した蘭はアングリーを見失ってしまい、気が付くと後ろに回られたアングリーに蘭も一撃で倒されます。さらに灰谷兄弟を瞬殺したアングリーを見て、モッチーがアングリーの相手をしようと乱入してきます。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 19巻より

164話 Head the list

灰谷兄弟、モッチー、さらにムーチョと四人を瞬殺したアングリーのおかげで、一気に天竺は劣勢になってしまいます。勢いづく東卍に、イザナから言われた事を思い出し何とか東卍を止めようとするムーチョは、短刀(ドス)を使ってアングリーを殺そうとします。しかし、カクチョーにアンタまで天竺に染まるな、と言われムーチョは味方のカクチョーに倒されてしまいます。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 19巻より

165話 Things change, but not all

カクチョーはアングリー、乾、千冬を次々と瞬殺し、武道も一方的に殴り続けて圧倒します。それでも諦めず武道はカクチョーの前に挑もうとしますが、気付くと東卍で立っている者は武道しかおらず、東卍はもう終わりだとココは言います。それでも立とうとする武道は、千冬は武道にもう止めるように説得します。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 19巻より

166話 Brave heart

全身ボロボロ、満身創痍の武道ですが、オレがいる限り東卍は負けねぇんだよ、と言い切り、その気迫にカクチョーは動揺してしまいそれ以上殴れなくなってしまいます。武道は、目ぇみりゃ分かる、負けらんねぇって覚悟がねぇ、となおもカクチョーを精神面で圧倒しますが、そこに稀咲が前に出てきて銃を武道の顔の前に出し脅します。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 19巻より

167話 Who wouldn’t

銃で脅す稀咲ですが、精神的に優位に立った武道に銃の脅しは効かず、焦った稀咲は武道を殴ります。満身創痍の武道は体が言う事を聞かず、起き上がることが出来ません。しかし、千堂やペーやん、アングリー、八戒、乾、千冬たち、東卍の仲間から勇気づけられ、武道は再び起き上がり稀咲と対峙します。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 19巻より

168話 Headliner

稀咲は武道に和解を持ち掛け、東卍と天竺の合併を提案します。そんな稀咲の提案には乗らず、未来でドラケンが稀咲を殺すと語っていたと言うと、稀咲に殴りかかります。しかし、イザナが稀咲の前に割って入り邪魔をすると、今度はイザナが武道に襲いかかります。満身創痍の武道はイザナに歯が立ちませんが、それでも諦めずイザナに挑みます。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 19巻より

169話 The home front

全身ボロボロでも諦めず抵抗していた武道の所に、妹のエマを亡くし失意のどん底のハズのマイキーが助けに来ます。天竺と東卍との抗争に駆けつけたマイキーに天竺側は驚きを隠せませんが、さらにドラケンも天竺との抗争に現れ、ドラケンが乗っているバイクの後ろにはヒナの姿もありました。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 19巻より

170話 Homecoming

ヒナから、武道のタイムリープの話、ヒナが12年後に死ぬ話をマイキーとドラケンにしたと聞かされ、武道は驚きます。さらにマイキーとドラケンの二人は失意のどん底だったはずなのに、ケンカなんて出来るのかと武道は心配します。しかし、マイキーはまだ天竺は半分ぐらいの200人残っていると聞き、二万人連れてこい!と叫ぶ余裕を見せ、いつものマイキーが戻って来たと武道は安心します。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 19巻より

まとめ

この巻もまるまる東卍と天竺の抗争が描かれていますが、アングリーが天竺 四天王を次々瞬殺したと思えば、カクチョーが東卍 幹部を次々と瞬殺していくという、少年マンガらしい熱い展開になっています。後半は武道が何度殴られ続けても諦めず立ち向かった結果、マイキーとドラケンが遅れて登場という、これまた熱い展開となっています。マイキーとイザナの兄弟げんかが原因?の、抗争の決着も間近そうです。

東京卍リベンジャーズ 映画版の追加キャスト情報が解禁になっています。

東京卍リベンジャーズ、2021年にTVアニメ化決定だそうです。

19巻、コミックの購入はこちらからどうぞ。

スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

トップへ戻る