【ネタバレ】東京卍リベンジャーズ 18巻のネタバレ、感想

週刊少年マガジンで連載中の東京卍リベンジャーズの18巻の感想、ネタバレです。

今回は153話から161話まで掲載されています。

前巻17巻のあらすじ、ネタバレはこちらの記事です。

週刊少年マガジンで連載中の東京卍リベンジャーズの17巻の感想、ネタバレです。 今回は144話から152話まで掲載されています。 ...

スポンサーリンク
google adsense

18

18巻の表紙は武藤 泰宏(ムーチョ)です。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 18巻より

153話 NoctoKing

横浜第7埠頭で東卍を待つ天竺ですが、既に10時を回り東卍は抗争にはもう来ない、と鶴蝶はイザナに伝えます。三ツ谷とスマイリーは班目と竜胆が、壱番隊はムーチョが潰し、そしてマイキーとドラケンはエマの死によって戦意喪失した事により、東卍は何もできないと天竺のメンバーから思われていました。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 18巻より

154話 Be in the van

武道を総長代理として天竺との抗争に現れた東卍ですが、天竺400人に対して東卍は50人と圧倒的に数の上では不利です。イザナはまずは班目がタイマン戦を申し出てきて、東卍側はぺーやんが名乗り出ます。マイキー達主力メンバーが不在で、東卍側が不利と思われましたが、ぺーやんがパンチ一発で班目を倒し東卍の士気を上げます。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 18巻より

155話 Turn the tide

班目とぺーやんのタイマンを契機に、東卍対天竺の乱戦が始まり武道は稀咲を目指します。ぺーやんがタイマンに勝って勢いに乗る東卍は天竺を圧倒します。勢いが止まらないぺーやんは天竺メンバーを次々と倒していきますが、勢いを止めようと出てきたイザナにぺーやんは蹴り一発で沈められてしまいます。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 18巻より

156話 A den of iniquity

5年前の回想として、イザナと極悪の世代は少年院で出会っていました。その時、いつかみんなで集まろう、その時まで……、もっと極悪(きわめ)ろ、とイザナは極悪の世代に言います。そして、再び東卍と天竺の抗争の場面に戻り、天竺四天王 望月は千冬と、灰谷蘭は八戒と、竜胆は河田ソウヤと、鶴蝶は武道とそれぞれ対峙します。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 18巻より

157話 Money monger

乾と対峙したのは、ムーチョに拉致されやむなく天竺に入ったはずのココでした。天竺側のふりをしなくてもいい、オマエを迎えに来たと乾はココに言いますが、東卍は金になんねぇ、と逆に乾を天竺に来いと誘います。乾の為にポストも用意したとココは言いますが、乾は天竺に行く気は無いと拒否し、ココにいつまで“赤音”にこだわってんだよ!?と言います。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 18巻より

158話 Untamed heart

乾には5歳年上の姉 赤音がいて、ココは赤音の事が好きでした。ココは小学生の頃、赤音に一生好きだから!大人になったら結婚してください!!と告白し、赤音からは、大人になるまで待っているネ、と返されます。その帰り道、ココは乾の自宅の方を振り返ると、乾の自宅から火の手が上がっているのに気付きます。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 18巻より

159話 I know in my head

ココは重度の火傷を負った赤音の治療費を稼ぐために、悪ガキを数人集めて窃盗や恐喝を行わせる窃盗団を作り上げました。ココはさらに大金を稼ぐために、窃盗団ではなく金持ち相手の犯罪代行サービスを考えつきます。捕まっても罪の軽い未成年にはうってつけの商売で、この商売はココの金脈となりますが、大金を稼ぐ前に赤音は亡くなってしまいます。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 18巻より

160話 Stand no chance

鶴蝶に挑む武道ですが、鶴蝶には歯が立たず稀咲の所まで辿り着けずにいます。他の東卍メンバーも天竺の幹部相手に苦戦していて武道の手助けを出来ずにいます。天竺の極悪の世代とイザナは少年院で出会っていて、極悪の世代はそれぞれ凶悪な事件を犯して少年院に入れられていました。イザナは極悪の世代がそろった天竺に、東卍なんてどう足掻いたところで無駄だと言います。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 18巻より

161話 The baby of the family

灰谷兄弟のコンビネーションに翻弄され、苦戦する八戒とソウヤはなんとか灰谷兄弟のペースを乱そうとしますが、逆にお互いの足を引っ張ってしまい、灰谷兄弟からはコイツらコンビネーションゼロだな、と皮肉を言われます。さらに八戒は姉のユズハなら、ソウヤは兄のスマイリーなら、わかってくれるのに、と自分の事を棚に上げてお互いを責めて、ワガママな“末っ子同盟”と千冬からも皮肉を言われます。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 18巻より

まとめ

エマが亡くなりマイキーもドラケンも戦意喪失している中、武道が総長代理として天竺と抗争を始めます。東卍の主力を欠くなかでも、天竺の幹部、最悪の世代相手になんとかやりあっていますが、全体的に苦戦している感じです。その上、イザナはマイキーの異母兄弟だけあってかなり強いので、東卍にとってかなり分が悪そうですが、東卍対天竺の抗争の結果はどんな展開になるでしょうか。

東京卍リベンジャーズ 映画版の追加キャスト情報が解禁になっています。

東京卍リベンジャーズ、2021年TVアニメ化決定だそうです。

19巻のあらすじ、ネタバレはこちらの記事です。

週刊少年マガジンで連載中の東京卍リベンジャーズの19巻の感想、ネタバレです。 今回は162話から170話まで掲載されています。 ...

18巻、コミックの購入はこちらからどうぞ。

スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

トップへ戻る