【ネタバレ】TVアニメ ワールドトリガー 2話「激突」のネタバレ、感想

TVアニメ、ワールドトリガー 2ndシーズンのネタバレ、感想です。詳しい内容は、TV放送だけでなくネット配信でも視聴出来ます。

前回 1話の記事はこちらです。

TVアニメ、ワールドトリガー 2ndシーズンのネタバレ、感想です。詳しい内容は、TV放送だけでなくネット配信でも視聴出来ます。 襲...

スポンサーリンク
google adsense

激突

脱走したヒュースは街中で戦闘音が響いているのを聞いて、ロドクルーンかガロプラが来ている事を確信します。ヒュースはロドクルーンかガロプラと、どうやって接触するかを考えます。

基地外部の街中でトリオン兵を率いて妨害を行っていたコスケロには、三輪と米屋が対応しますが、コスケロはブレードを斬れなくするシールドで米屋のブレードをブヨブヨにして、三輪達の邪魔をします。

基地内部に侵入したウェン・ソーはドグの数を増やし、煙幕を使用して那須と熊谷の足止めを行います。

さらにウェン・ソーは変装用トリガーで熊谷の姿に変装して、那須を背後から奇襲をして那須にダメージを与えます。熊谷の姿に化けた事に、許せないと那須は怒ります。

遠征艇ドック用エレベーターまで侵入したガトリンとラタリコフですが、ガトリンは自分達の動きが気取られている感じを気にします。内部の警備が温すぎるので、ターゲットの前に先回りして待ち構えていると予想します。

遠征艇を守る4

ガトリンの予想通り、遠征艇が格納されているハンガーの前で敵を待つ四人です。アタッカーランク1位から4位までが集結して遠征艇を破壊されないように守っています。

アタッカーランク上位4人で守っているからか、迅の予知であらかじめ知っている余裕からか、太刀川が相手の心配をのんきにしていると、小南から、迅の予知だとあんた、真っ二つにされるらしいわよ、と言われます。

しかし、自分が真っ二つにされると聞いて、そいつは俄然楽しみになってきた、とかえってやる気になります。

一方、迅は基地内部の4人を手伝いに行くか、基地外部のみんなを手伝いに行くか考えていると、陽太郎が雷神丸とヒュースを探しに行こうとしてることをサイドエフェクトで気付きます。陽太郎が平気で可能性の低い未来を選んだことに迅は呆れつつ、陽太郎の所に向かいます。

基地外部の状況

基地外部の地上班は、敵のトリオン兵を押し返し、さらに狙撃犯の半分と合流し地上で追撃しようとします。地上班の指揮を二宮がすることに、おもしろくないと加古は文句を言います。

二宮と加古が言い合っているのを、隊長たちは仲がいいと眺めている犬飼と黒江です。結局、年長者の諏訪が指揮を執ることになりますが、諏訪は二宮になんか案出せと命令し、結局二宮が指揮をすることになります。

火力を集中させて確実に敵を減らし、三輪と米屋の所まで押し返そうとする地上班ですが、ガロプラ側もヨミがアイドラで援護に入り地上班を妨害しようとします。

遠征艇のあるドックに到着したガトリンとラタリコフですが、4人が待ち構えている事を確認すると、それぞれトリガー、処刑者(バシリッサ)と、踊り手(デスピニス)を出します。さらにガトリンは、風間に奇襲でやられた腕にも大砲を装着します。

ドックでも戦闘開始

戦闘開始早々ガトリンは、左腕に装着した大砲で遠征艇のあるハンガーを狙いますが、この砲撃は村上がレイガストで何とか防ぎ、いきなり遠征艇を破壊される事態は回避します。

その後もガトリンとラタリコフは遠征艇を狙おうとし、太刀川、風間、小南、村上の精鋭4人は、敵二人を倒そうとしますが、小南が処刑者(バシリッサ)の鎌を一本折ったぐらいで、どちらも冷静に敵に対応します。双方ともに作戦を確認した後、戦闘を再開します。

地上班の方は連携攻撃によって確実に敵の数を減らしていましたが、ヨミが操縦しているアイドラによって撹乱されます。ヨミは陣形を一気に崩そうとし、レギンデッツはトリオン兵による攻撃を強めます。

ヨミが操縦しているアイドラを止めようと黒江と木虎、笹森と辻がそれぞれアイドラの所に向かいます。

次のB級ランク戦に向けて準備をしているため、本編ではいまだに出番のない空閑と三雲、出番がないと三雲がボヤいていますが、次の話でも空閑と三雲の出番はなさそうです。

まとめ

2話の内容は原作だと、15巻 126話「ガロプラ⑤」から15巻の129話「ガロプラ⑧」の途中までになります。

ワールドトリガー 15巻には、第125話から第133話まで掲載されています。 B級ランク戦 第5戦が近づく中、アフトクラトルの従属国家...

ドックではいよいよ太刀川、風間、小南、村上の4人と、ガロプラのガトリン、ラタリコフとの戦闘が始まりました。ドックでの戦闘で、ガトリンは自分の処刑者(バシリッサ)のアームを黒トリガー以外に折られた事に驚いていましたが、あれは小南の攻撃だけでなく太刀川の旋空弧月が傷を付けた所に、さらに小南が二発目を打ち込んでやっと折れたものでした。ガトリンが驚くのも分かる気がします。

基地外部の方の戦いでは、ヨミが操縦するアイドラが地上班を撹乱し始めて、黒江と木虎、笹森と辻がアイドラを止めに向かいます。ヨミが操縦しているアイドラは動きが全然違うので、なかなか手強そうです。

3話「決戦」

3話「決戦」の記事です。

TVアニメ、ワールドトリガー 2ndシーズンのネタバレ、感想です。詳しい内容は、TV放送だけでなくネット配信でも視聴出来ます。 ...

アニメ ワールドトリガー 2ndシーズンの放送開始が決定しました。2ndシーズンの内容を予想しています。

ワールドトリガーのアニメ新シーズンの放送開始日が決定しました。アニメ「 ワールドトリガー 」2ndシーズンとして、2021年1月9日(土)か...

最新刊22巻を購入される方は、こちらから。

発売中のコミック22巻のネタバレ、感想も書いています。

ワールドトリガー22巻には、第188話から第196話まで掲載されています。 22巻の収録内容 22巻の表紙は雨取 千佳です。 ...
スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

トップへ戻る