【ネタバレ】TVアニメ ワールドトリガー 7話「勝負」のネタバレ、感想

TVアニメ、ワールドトリガー 2ndシーズンのネタバレ、感想です。詳しい内容は、TV放送だけでなくネット配信でも視聴出来ます。

前回 6話の記事はこちらです。

先週は2月13日(土)に発生した地震による報道特別番組に伴い、休止でした。というわけで6話は、20日(土)の放送です。 TVア...

スポンサーリンク
google adsense

勝負

柿崎は活動限界となりベイルアウトとなります。一方、空閑も心臓部は護りましたが、大きなダメージを負いトリオンが漏出しています。このまま、トリオン漏出でベイルアウトしてしまいまそうです。

しかし空閑はスコーピオンで傷穴にフタをし、トリオン漏れを防ぎます。トリオン漏れが止まるまでの応急処置で、ベイルアウトは防げましたがかなりトリオンを削られたため少しでもダメージを受ければ、空閑はすぐに落ちてしまいそうです。フリーとなった空閑は、移動を開始し三雲か雨取のどちらかのフォローに向かいます。

一方、柿崎隊で一人残った照屋は雨取を獲ろうと近づいていきますが、近づくほど雨取の狙撃が正確になっていきます。香取隊は照屋が動いたのを確認し、今なら雨取の狙撃がなく三雲を落とすチャンスと、三浦と若村が三雲の後ろに回り込もうとします。

三浦と若村がカメレオンとバッグワームで近づく間、香取は三雲の気を引こうと三雲を挑発します。しかし、三雲は香取の挑発に乗らずスパイダーを利用して若村を罠にはめて転倒させます。そして、三雲はレイガストとアステロイドを使い若村を倒し、ベイルアウトさせます。

さらに空閑が駆け付け香取を攻撃し香取も反撃しようとしますが、空閑の傷を見てベイルアウト寸前だと思い攻撃を躊躇してしまいます。一撃で仕留めないとトリオン漏れで柿崎の得点になってしまうと香取は迷ってしまい、その隙を見逃さず空閑は香取の片腕を落とします。

さらに香取を援護しようとした三浦を、空閑と三雲の連携で落としてベイルアウトさせます。立て続けに若村と三浦を落とされ玉狛第2は独走状態となり、追い込まれてしまった香取は三雲と空閑に怒りをあらわにします。

香取の回想

追い詰められた香取は第一次ネイバー侵攻時の出来事を思い出します。ネイバー侵攻によって倒壊した家屋の下敷きになった香取を、染井が助け出します。香取は怪我を負いながらも助け出されますが、染井も大怪我を負います。

さらに病院に入院した後、染井が家族を失ったことを香取は知ります。なんで家族じゃなくてアタシを助けたの?と、香取は染井に聞きますが、助かる可能性が高い方を選んだだけ、葉子が気にすることじゃないよ、と染井は気にしないように言います。

染井が三門の中学に行き、ボーダーに入ろうとしていると知り、香取もボーダーに一緒に入ることを目指します。二人はやるからには一番を目指すと言い、アタシらが組めば楽勝だわ!と、香取は染井に言います。

香取は昔の記憶を思い出しながら、自分達が主役みたいな顔しちゃって…、と玉狛第2に対して苛立ち、激しい銃撃を行います。

照屋 対 雨取

一方、照屋は障害物を縫って少しずつ雨取に近づきますが、雨取は引かずにあくまで照屋を迎え撃とうとします。そして照屋が雨取に向かって走り出し、雨取は照屋が空中に出る一瞬を狙ってレッドバレットで狙撃します。

レッドバレット狙撃が成功したかと思いましたが、照屋は建物の破片で防御し雨取の攻撃をかわします。照屋が攻撃可能な距離まであと少しという所で、雨取が武器を解除します。

そして、レッドバレットのハウンドで照屋を攻撃します。

無数のレッドバレットで攻撃され照屋は身動きが取れなくなり、雨取は照屋を捕らえることに成功します。その時動けなくなった照屋が雨取に攻撃しますが、雨取はシールドで防ぎます。

雨取の勝利に思えましたが、照屋は時間差での包囲射撃を行い、照屋は雨取を落とします。その後、残っていても落とされるだけと判断し、照屋は自発的にベイルアウトします。

香取 対 空閑&三雲

柿崎隊は全員がベイルアウトし、残りは香取と空閑と三雲の三人です。香取は空閑と三雲を倒し、生存点込みの4点を獲れば玉狛第2と並べる、と考え最後の勝負に賭けます。

香取は空閑狙い、と見せかけて赤いワイヤーを利用して三雲を落としベイルアウトさせます。続いて空閑を狙いますが、落とされる前に三雲は香取にワイヤーをしかけていて、香取は空閑の手前でワイヤーに引き戻されます。

そこを空閑の新技スコーピオン攻撃「マンティス」が決まり、香取はベイルアウトとなります。

まとめ

7話の内容は原作だと、17巻 143話「三雲 修⑭」から17巻145話「玉狛第2⑬」までになります。

ワールドトリガー 17巻には、第143話から第151話まで掲載されています。 17巻の収録内容 第143話 三雲 修⑭ 柿崎隊...

玉狛第2は香取隊の若村と三浦を落とし、点数で一気に独走状態となります。一方、追い込まれた香取は、昔の記憶を思い出しながら空閑と三雲の二人を落とそうと、かかり気味で攻撃します。

雨取と照屋の対決はハウンド+レッドバレットが決まり、雨取の勝利と思われましたが、照屋の時間差包囲射撃の方が勝り柿崎隊は1点をもぎ取ります。

そしてラスト、香取は空閑と三雲を連続で落とそうとしますが、三雲のワイヤーと空閑の新技「マンティス」が決まり、香取は落とされベイルアウトとなり勝負は決着します。B級ランク戦 ROUND5は玉狛第2が大量7点を獲り、圧勝という結果になりました。

8話「交渉」

8話「交渉」の記事です。

TVアニメ、ワールドトリガー 2ndシーズンのネタバレ、感想です。詳しい内容は、TV放送だけでなくネット配信でも視聴出来ます。 ...

アニメ ワールドトリガー 2ndシーズンの放送開始が決定しました。2ndシーズンの内容を予想しています。

ワールドトリガーのアニメ新シーズンの放送開始日が決定しました。アニメ「 ワールドトリガー 」2ndシーズンとして、2021年1月9日(土)か...

発売中のコミック23巻のネタバレ、感想も書いています。

ワールドトリガー23巻には、第197話から第205話まで掲載されています。 23巻の収録内容 23巻の表紙は林藤 陽太郎と忍田 ...
スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

トップへ戻る