【ネタバレ】ワールドトリガー 182話「玉狛支部⑥」あらすじ、ネタバレ

ジャンプSQ 2019年9月号に掲載されているワールドトリガー 182話のあらすじと感想です。

前回の記事はこちらです。緑川と一緒に、空閑は弓場隊の隊室へ向かいます。

ジャンプSQ 2019年8月号に掲載されているワールドトリガー 181話のあらすじと感想です。8月号は一挙2話掲載です。 前回...

スポンサーリンク
google adsense

最終戦に向けて

集めた情報をもとに、ミーティング

前回、弓場隊から情報を得た空閑と緑川、そして別行動していた三雲と迅が合流します。緑川は迅が個人ランク戦をやっていると聞くと、早速自分ともランク戦をしようと対戦を誘います。しかし既に太刀川とさんざんランク戦をやった後だと、迅は緑川の誘いを断ります。

© 葦原大介 ワールドトリガー 182話より

が、どうしても迅と対戦をやりたい緑川は空閑の協力を得て、無事迅とランク戦、10本勝負を行うことになりました。迅と緑川は空閑達と別れて個人ランク戦に行きます。

一方、三雲達は玉狛支部に戻り雨取、ヒュース、宇佐美たちと一緒に本部で集めた情報を確認します。まずは空閑が直接会った弓場隊の弓場と帯島の情報を報告します。

© 葦原大介 ワールドトリガー 182話より

空閑が見た弓場の早撃ちはトリガーの射程と弾数を切りつめて、その分トリオンを威力と弾の速さにつぎ込んでいると空閑は分析します。他の銃手の「射程を使ってじっくり削る」という戦法と違い、1対1の近距離が得意そうです。今回空閑があっさりやられたのも、弓場が一番得意なシチュエーションだったからという可能性があると三雲は分析します。空閑は弓場対策として、分厚い壁で攻撃を防いで弾切れを狙うか、ワイヤーで相手の足を鈍らせる、弓場の射程の外で戦う、という対策を話します。

© 葦原大介 ワールドトリガー 182話より

弓場は他に、過去のログからたまに変化弾を使ったり、バッグワームを着て奇襲をしたりしているようです。相手によって使い分けているようで、アステロイドで割り殺せる相手には、フルアタックでシールドごと押しつぶし、トリオンが高く守りが堅い相手には、変化弾やバックワームの奇襲を使って「崩し」を使っているようです。トリオンの高いヒュースや雨取は「崩し」を使ってくる可能性があり、警戒した方が良いと空閑は言います。そのほか、帯島の情報を伝えて空閑は報告を終えます。

© 葦原大介 ワールドトリガー 182話より

続いて三雲がガンナー個人ランク1位 里美から聞いた二宮の情報です。二宮が1対1での得意戦法、変則フルアタックについて話し、ヒュースも過去の記憶で見たと言います。ヒュースは自分が1対1になった場合、トリオンで分があっても一度でも二宮の戦法に対して受けにまわれば、落とされてしまうだろうと分析します。

© 葦原大介 ワールドトリガー 182話より

二宮の変則フルアタックを防ぐには、こちらも二つのシールドを同時に使う必要がありますが、その場合両手でシールドを使っている間は攻撃トリガーが使えず反撃が出来ません。防御は出来ても反撃が出来ずいずれは崩されてしまう、固めた相手を一方的に攻撃できるのが、二宮の戦法の強さだとヒュースは言います。陽太郎から言われ、自分が変則フルアタックを使った場合を想定しますが、単独行動でのフルアタックは防御がガラ空きになるリスクがあり、ノーガードのリスクを負ってフルアタックを狙うよりも味方と合流して連携する方が現実的だとヒュースは結論づけます。

© 葦原大介 ワールドトリガー 182話より

雨取の決意

ヒュースの話を聞いて空閑は、雨取が守ってヒュースが撃つ作戦がかなりよさそうと言いますが、陽太郎から突然雨取からお知らせがあると皆へ発表します。雨取は次の試合、ふつうの弾も撃つと言い、自分自身も人を撃つと空閑や三雲に話します。

© 葦原大介 ワールドトリガー 182話より

ヒュースや宇佐美と話した時の話を三雲達にも話し、雨取が誘導弾(ハウンド)や炸裂弾(メテオラ)を素で撃つ、つまりレッドバレッドでなく普通の弾丸で撃てばかなり楽に点を獲れるし、二宮にも打ち勝てる可能性があります。これは宇佐美の作戦案の逆パターン、雨取が撃ってヒュース達が守る作戦になります。三雲はこの作戦なら火力で大きく有利が取れるとは思いますが、雨取が本当に人に撃てるか不安に思います。しかし、三雲の本当に撃てるかの問いかけに、雨取は自分の中の撃てない理由に向きあったようで、撃てると思うと返事します。

© 葦原大介 ワールドトリガー 182話より

三雲が迷っていると、空閑は雨取が撃てると思っているならやってみたらいいと思う、決めるのは雨取と隊長の三雲だと言います。三雲は暫く考えた後、この作戦で行くと言い、ただし雨取が実弾を撃つタイミングはこっちで指示をするので焦って適当に撃っちゃだめだと付け加えます。そして雨取を守る役はトリオン能力的に自分になるだろうと、ヒュース自身が考えていて、ただしヒュースと雨取が合流できない可能性も考えて「別案」が必要になるという話になります。

© 葦原大介 ワールドトリガー 182話より

烏丸先輩と訓練

宇佐美に訓練室で出来ることを確認した三雲は、先輩である烏丸に連絡し自分のチームに力を貸して欲しいとお願いし、烏丸も快諾します。

© 葦原大介 ワールドトリガー 182話より

まとめ

最終戦に向けて、前回集めた弓場隊と二宮の情報を玉狛第2のチーム全員で整理します。特に二宮の変則フルアタック対策として、雨取が守ってヒュースが撃つ作戦にしようかという話になったとき、次の試合はふつうの弾も撃つよと雨取は自分の決意を皆に言います。179話でヒュースに言われたことがきっかけで、自分を見つめ直し人を撃つ覚悟をしたようです。結局、空閑は賛成し、三雲もその作戦でいくことを了解します。最終戦は雨取が二宮に誘導弾(ハウンド)や炸裂弾(メテオラ)を素で撃ちまくるの可能性があるのか、アイビス、イーグレット、ライトニング、どれ使うんだろうか、早く最終戦見てみたいです。

次回、二宮対策として、仮想・二宮(烏丸)相手に訓練を行います。

ジャンプSQ 2019年9月号に掲載されているワールドトリガー 183話のあらすじと感想です。9月号も一挙2話掲載です。 前回...

最新刊20巻を購入される方は、こちらから。

スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

トップへ戻る