【ネタバレ】ワールドトリガー 17巻 あらすじ、ネタバレ

ワールドトリガー 17巻には、第143話から第151話まで掲載されています。

スポンサーリンク
google adsense

17巻の収録内容

第143三雲 修⑭

柿崎隊の柿崎隊長をベイルアウトさせた空閑ですが、空閑自身も傷が深くトリオン漏れで脱落しそうです。しかし、空閑はスコーピオンで傷穴にフタをして脱落を阻止します。香取葉子は三雲の気を引くべく、三雲に遠征隊を目指しているか聞きます。

© 葦原大介 ワールドトリガー 17巻より

第144香取 葉子

第一次近界民侵攻の数か月前、香取葉子とオペレーターの染井華は自宅で、ゲームをしています。

© 葦原大介 ワールドトリガー 17巻より

しかしその後、染井華の父親からの苦情で遊ぶことが出来なくなりました。が、香取葉子は納得できず、部屋の模様替えをします。

© 葦原大介 ワールドトリガー 17巻より

第145玉狛第2⑬

香取隊の香取隊長が激しい銃撃を行いますが、香取隊長もトリオン切れギリギリです。そして柿崎隊の照屋が雨取を狙います。雨取は一発をかわされると、追尾弾(ハウンド)で照屋を捕えます。

© 葦原大介 ワールドトリガー 17巻より

2016年26号の巻頭カラーです。目指せ4週目。

© 葦原大介 ワールドトリガー 17巻より

第146玉狛第2⑭

香取隊の香取隊長がベイルアウトして、玉狛第2の勝利が確定します。

今回、玉狛第2の新技、三雲のワイヤーがはまりほぼ圧勝の状況になりました。木虎や二宮も反応していて幸先がいいようです。

© 葦原大介 ワールドトリガー 17巻より

第147ヒュース②

玉狛第2の勝利を祝して、すき焼きに行っています。さらにそんな中、陽太郎の口からヒュースが玉狛第2へ入りたいと言ってきます。

ヒュース的には色々事情があり、手を貸そうとしたようですがヒュースは嘘を言っていないようです。

© 葦原大介 ワールドトリガー 17巻より

第148三雲 修⑮

ヒュースを玉狛第2のメンバーに迎えるために、上層部を説得しようとボーダー本部上層部、城戸に直接話をします。

ヒュースは早く祖国に帰りたい事を正直に話しますが、情報の提供は拒否して再び険悪な状況になります。

© 葦原大介 ワールドトリガー 17巻より

第149雨取 千佳⑥

駆け引きの結果、ヒュースの入隊を許可されましたが、その代わりとして雨取を遠征に借り受ける事を提案されます。

三雲は雨取が遠征に行く事に難色を示しますが、雨取はいいですと言います。

© 葦原大介 ワールドトリガー 17巻より

第150玉狛第2⑮

遠征部隊の選抜まで後、3試合にしぼられ二宮隊、影浦隊が目標です。特に、二宮隊、影浦隊と直接対決があれば点差をつめるチャンスなので気合も入ります。

今回、ヒュースが入隊式なので生駒隊と王子隊のデータをおさらいします。

© 葦原大介 ワールドトリガー 17巻より

第151玉狛第2⑯

王子隊は玉狛第2のデータをおさらいし、様々な状況をシミュレーションします。しかし、空閑達はその対応も考慮して対処を話し合います。

最終的に生駒隊の生駒隊長の「ナスカレー」で終わります。

© 葦原大介 ワールドトリガー 17巻より

まとめ

独特な感性を持っている王子隊の王子一彰ですが、今回は三雲が狙われそうです。しかし空閑達は三雲が集中攻撃される可能性を認識しつつ、作戦を立てます。

前巻、16巻のあらすじ、ネタバレはこちらの記事です。

ワールドトリガー 16巻には、第134話から第142話まで掲載されています。前巻では、アフトクラトルの従属国家・ガロプラの侵攻を受けます。一...

次巻、18巻のあらすじ、ネタバレはこちらの記事です。

ワールドトリガー 18巻には、第152話から第160話まで掲載されています。作者の葦原大介さんが体調不良の為、長期救済していましたが2018...

17巻を購入される方は、こちらから。

スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

トップへ戻る