【ネタバレ】ワールドトリガー 20巻 あらすじ、ネタバレ

ワールドトリガー20巻には、第170話から第178話まで掲載されています。

スポンサーリンク
google adsense

20巻の収録内容

20巻の表紙は東 春秋です。

© 葦原大介 ワールドトリガー 20巻より

第170玉狛第2㉓

B級ランク戦 ROUND7の序盤、鈴鳴第一の太一による環境戦術は玉狛第2によって防がれました。太一を倒した空閑とヒュースは、そのまま吹き抜けを利用してショッピングモールの6階まで移動します。そこには鈴鳴第一と影浦隊がいて、玉狛第2が乱入することによって3部隊がお互いを牽制する展開になります。

© 葦原大介 ワールドトリガー 20巻より

第171ヒュース⑤

空閑とヒュースは影浦に多大なダメージを与えそのままトドメを刺そうとしますが、北添が射撃援護することによってなんとか影浦を逃がそうとします。しかし、空閑とヒュースは北添にエスクードを使って足止めしつつ、北添を緊急脱出させます。さらに影浦に対しても追撃の射撃を行い、影浦も緊急脱出させます。しかし影浦に関してはダメージを見誤ったようで、玉狛第2に得点は入りません。

© 葦原大介 ワールドトリガー 20巻より

Limited base池袋P’PARCO店・大阪なんばマルイ店で開催した期間限定のショップの店頭メッセージ用のイラストです。

© 葦原大介 ワールドトリガー 20巻より

第172ヒュース⑥

続いて鈴鳴第一と戦闘になりますが、来馬の両攻撃による弾圧と村上の剣圧により接近を阻まれ空閑とヒュースは鈴鳴第一に近寄れません。ヒュースがエスクードを展開しますが、村上の旋空弧月でぶった切られ近寄るどころか、玉狛第2は徐々に押し返されます。鈴鳴第一が若干有利な状況で、ヒュースはまたもエスクードを展開します。

© 葦原大介 ワールドトリガー 20巻より

第173東隊

鈴鳴第一と影浦隊が倒されて、玉狛第2と東隊のみとなります。さらに玉狛第2は三雲が絵馬の狙撃でトリオン漏出が過多となっており緊急脱出してしまいます。ここで東隊はオプショントリガーのダミービーコンを起動し、攪乱を図ります。この作戦に三雲は雨取にメテオラを撃つように指示しますが、雨取のメテオラは規格外で本人も計算外でした。

© 葦原大介 ワールドトリガー 20巻より

第174東隊②

雨取のおかげ?でダミービーコンを削れて、東隊の奥寺もついでに倒されます。玉狛第2は数的にも有利になり、東隊の逃げ道を塞いでどんどん追いつめていきます。東隊も玉狛第2の狙いには気付いていて、その上でこのまま戦っても勝算は低いと判断し撤退を狙います。

© 葦原大介 ワールドトリガー 20巻より

第175ヒュース⑦

三雲は雨取のカバーを空閑とヒュースに指示しますが、ヒュースは三雲の指示に反対してでも東隊を倒して点を獲ることにこだわります。そしてヒュースは小荒井を攻撃しますが、罠を張られている事を分かっていてあえて攻撃をして東を誘い出します。しかし、東の方が上手でヒュースは東の罠にかかり緊急脱出してしまいます。

© 葦原大介 ワールドトリガー 20巻より

第176根付 栄蔵

B級ランク戦 ROUND7で大量得点を獲得した玉狛第2は、遠征選抜の条件「B級2位以上」をクリアできる可能性がまだあり、次の試合に向けて準備を怠りません。ただ三雲が感じていた「イヤな予感」がまだ解決しておらず、三雲と宇佐美で何のことか話し合っていると、ヒュースに関してネイバーではないかと噂が流れているようです。

© 葦原大介 ワールドトリガー 20巻より

第177三雲 修⑰

ヒュースの噂に関しては、根付と東の協力もあり既に対策済みでした。三雲は対策が終わっている事に安堵していると、B級ランク戦 ROUND7で雨取がうっかり人を撃ってしまった事を東が心配してきます。東は雨取が鳩原と同様、「人を撃てない」事を気にしていて、鳩原ははっきりと拒否反応が出ていたことを東は話します。

© 葦原大介 ワールドトリガー 20巻より

第178二宮隊

ヒュースの噂対策も上手くいき、三雲は小南や宇佐美、雨取と外に食事に行きます。小南の希望、肉を食べたいという事で焼肉屋に行くとそこで二宮隊と遭遇してしまいます。二宮隊の辻の意外な一面に驚きつつ、三雲は焼肉を楽しみます。その場で二宮隊が鳩原の事を話してきて、三雲は鳩原の事を聞き出そうとします。

© 葦原大介 ワールドトリガー 20巻より

まとめ

B級ランク戦 ROUND7、決着です。鈴鳴第一と影浦隊が空閑とヒュースを止めようとしますが、玉狛第2のダブルエースだけあって二人とも鈴鳴第一と影浦隊を倒します。しかし、最後ヒュースは東の罠にかかり倒されてしましますが、チームとしては玉狛第2の勝利となります。

次回の試合は、二宮隊、生駒隊、弓場隊が相手の四つ巴です。

前巻、19巻のあらすじ、ネタバレはこちらの記事です。

前巻18巻から約1年8カ月ぶりに発売された待望の19巻です。本編の方も今週から、(いろいろ個人的な葛藤があったようですが)ジャンプスクエアに...

次巻、21巻のあらすじ、ネタバレはこちらの記事です。

ワールドトリガー21巻には、第179話から第187話まで掲載されています。 21巻の収録内容 21巻の表紙は弓場隊隊長 弓場 拓...

おまけ

当初の予定ではこの20巻でB級ランク戦編が終わっているはずだったそうですが、まだ最後の試合が残っています。

© 葦原大介 ワールドトリガー 20巻より

20巻を購入される方は、こちらから。

スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

コメント

  1. アニメ早くー! より:

    さあそろそろ二宮隊にリベンジの時が迫ってきました。焼き肉屋のやり取りは面白いです。やはりヒュースの加入は戦力的にめちゃくちゃデカイですね。ヒュースはエスクードお気に入り。こうなると三雲隊長は司令塔で良いね。点取りはダブルエースに任せて。更にこれで千佳が普通にハウンド&メテオラ撃てたらほぼ最強。二宮隊今度はやっつけられるかな?一先ず東隊、影浦隊にはリベンジしてますんで。

    • 管理人 より:

      再度のアニメ化、希望ですね。

      ヒュース加入で玉狛第2の戦力は強化されていますし、今度こそ二宮隊撃破といきたいですがそうすんなりいかない事もあるのが、ワールドトリガーなので。
      最終戦 ROUND8戦で出てくる、かとり隊に似ているという弓場隊の事も気になります。177話で7位に上がってきたとあったので、上り調子の部隊かもしれないです。

      しかし、雨取はさすが「玉狛のトリオン怪獣(モンスター)」、どんどんモンスターじみた強さになっていってます。

トップへ戻る