【ネタバレ】五等分の花嫁 88話 『私とある男子①』のネタバレ、感想

週刊少年マガジン 2019年27号に掲載されている五等分の花嫁 88話のネタバレ、感想です。

前回 87話の記事はこちらです。小学生の頃、京都での修学旅行で風太郎と出会うまでの話です。

週刊少年マガジン 2019年26号に掲載されている五等分の花嫁 87話のネタバレ、感想です。 前回 86話の記事はこちらです。...

スポンサーリンク
google adsense

母親との別れ

巻頭カラー

今週は巻頭カラーです。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 88話より

祝・第43回講談社漫画賞少年部門受賞

また「五等分の花嫁」、回講談社漫画賞少年部門を受賞です。他にも新2大プロジェクトとして「五等分の花嫁展」開催決定、「五等分の花嫁」公式キャラクターブック発売決定、さらにTVアニメ第2期情報と週刊少年マガジン 2019年27号で発表されています。確認してみて下さい。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 88話より

風太郎と四葉の京都観光

前回、小学生の頃の風太郎が京都の修学旅行で盗撮騒動に巻き込まれていたところを、四葉が助けます。そのまま京都での修学旅行を一緒に観て回っていますが、風太郎は四葉について来ないように言っています。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 88話より

過去の思い出話であったように、風太郎と四葉はお守りを買いましたが京都観光に夢中だったため、気がつくと既に夜です。しかもお昼に買った5個分のお守り代金のせいで、四葉は全財産を使いきってしまいバスで帰ることも出来ません。風太郎は200円しか持っていないから、四葉の分は出せないため自分だけバスでかえると言いますが、そのお金を何故かお賽銭に使ってしまいます。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 88話より

二人の願い

風太郎の行動にあきれる四葉ですが、風太郎の家が貧乏と分かりお金が無くて辛くないかと質問します。五つ子たちもこの頃は母親一人で五人を育てていて貧乏ですが、四葉はお金がないのは辛くないが母親が一人働いている姿を見るのは辛いと言います。そして自分がいなければもっと楽だったのにとも四葉は言い、だからこれからはたくさん勉強して賢くなっていいお給料の会社に入って母親を楽にさせてあげる、そうすればきっと私がいることに意味ができると思うんだと四葉は言います。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 88話より

四葉の考え方に感心して共感した風太郎は自分も妹の為に、めっちゃ勉強して頭よくなってお金を稼げるようになり、妹に何不自由ない暮らしをさせたい、必要ある人間になれるかもと言います。四葉は感動したのか風太郎の手を握り、二人で頑張ろうと誓います。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 88話より

四葉はお母さんの為に、風太郎は妹の為に、二人でお賽銭箱の前でお祈りしてお願い事をします。二人でそんな話をしていると突然ライトに照らされます。迷子になっていた四葉を探していた男性が話しかけて来ますが、多分ですが将来の五つ子たちの父親、中野パパです。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 88話より

旅館に戻ったが…

無事、四葉は旅館に戻り二乃に風太郎の事を話しています。嬉しそうに風太郎の事を話し、風太郎の学校の先生が迎えに来るまでもう一度会いに行くと言いますが、その風太郎はいつの間にか一花と出会っていて、楽しそうに会話しています。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 88話より

一花と風太郎が楽しそうにしているのを見た四葉、複雑そうな表情をしています。そして場面は変わって、虎岩温泉の旅館です。修学旅行が終わって温泉旅館に旅行に来たようですが、会話内容から五つ子たちの母親がこの頃から、病気から体調をずっと崩しているようです。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 88話より

そして四葉は思うところがあったのか、この頃からリボンを付けるになっています。可愛いと褒められ、母親からもリボンが似合っていると言われます。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 88話より

一人一人が特別

四葉はこれならもう皆と間違えられないと言いますが、母親から何を身に付けているかは大した差ではないと言われます。四葉はリボンだけじゃない、この前なんて皆より勉強して一番だった、皆に勝っているんだと反論します。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 88話より

そこに五月が母親の元に走ってきて、四葉の真似をして五月も頭に星形の髪飾りを付けたと母親に髪飾りを見せに来ます。またしても四葉は複雑な表情をしますが、母親は四葉の努力は素晴らしく何も間違っていないと肯定しつつも、一番にならずともあなたたちは一人一人特別ですと言い、母親は五つ子たちに一緒にいて欲しいと願っている、たとえどんなことがあったとしても五人でいて欲しいと願います。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 88話より

母親の死

母親は大切なのはどこにいるかでなく、五人でいることと四葉に教えますが、病気が良くなかったのかその後亡くなってしまいます。五つ子たちは泣いて悲しみますが、五月だけは母親は自分達の中にまだいると言います。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 88話より

これからは私がお母さんになると五月は決意しますが、ちょっと目が怖いことになっています。五つ子たちの話は今後の事になりますが、これからはおじいちゃんの家に行くのかな、でもおじいちゃんも大変なので五人全員は大変だから、もしかしたら五人はバラバラに引き取られてしまうかも、と不安を口にします。そこに目の下にクマができてる中野パパが現れて、不安にしている五人に対して君たちは僕が責任を持って引き受けると宣言します。そして全員はあのマンションで暮らすことになります。この場面は中野パパ、かっこいいですね。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 88話より

五つ子たちは中学生になり、何不自由なく生活していますが、四葉だけは何故か五人一緒なんて無理だよ、もう一緒ではいられないと呟きます。五人は成長して、髪型も変わり五人一緒ではなくなった事を呟いているのでしょうか。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 88話より

まとめ

今週は巻頭カラーで、五つ子たちの可愛いパジャマ姿がカラーで見ることが出来ます。

四葉の過去の話から一気に母親が亡くなり、今の中野パパに引き取られて中学生に成長するまでの駆け足での回でした。母親が亡くなっているので、全体的に暗いお話になるのは仕方ないです。しかし、四葉が過去に風太郎と勉強して賢くなろうと一緒に誓っていますが、現実は母親の為に勉強して賢くなると言っていた母親が既に亡くなり、黒薔薇女子時代には四葉一人が追試で落ちて転校の原因になり、と四葉には厳しい過去話です。

そして母親が亡くなった後、私がお母さんになりますと言った時の五月の顔が、病んでいるようにも見えて非常に痛々しいです。今後の話で四葉に救いがあればいいのですが、どうなるでしょうか。

次回、黒薔薇女子での中学、高校時代でのお話です。

週刊少年マガジン 2019年28号に掲載されている五等分の花嫁 89話のネタバレ、感想です。 前回 88話の記事はこちらです。...

五等分の花嫁展

開催期間:2019年8月17日(土)~9月1日(日)

開催時間:10:00~19:00
※最終日9月1日は16:00まで
※最終入場は閉場の1時間前まで

開催場所:池袋 サンシャインシティワールドインポートマートビル4F 展示ホールA

イベント詳細は、下記公式ページを確認してください。

「五等分の花嫁展」開催決定!池袋サンシャインシティワールドインポートマートビル4Fで、8月17日から9月1日まで開催します。

コミック9巻は、発売中です。こちらから、購入できます。

コミック10巻の発売日は6月17日(月)です。予約はこちらから、どうぞ。

TVアニメ五等分の花嫁、Blu-ray&DVD第3巻はこちらから。

発売中のコミック1巻~9巻のネタバレ、感想も書いています。こちらからどうぞ。

週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、待望の1巻が発売されました。第1話から第5話まで掲載されています。アニメ化も決定しています。
マガジンで連載中の五等分の花嫁の2巻が発売されました。 1巻のネタバレ、感想はこちらから! 2巻、収録内容 今回は第6話か...
週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、待望の3巻が発売されました。第15話から第23話まで掲載されてい...
週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、待望の4巻が発売されました。第24話から第32話まで掲載されてい...
週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、待望の5巻が発売されました。第33話から第41話まで掲載されてい...
週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、6巻が発売されました。第42話から第50話まで掲載されています。...
週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、7巻が発売されました。第51話から第59話まで掲載されています。...
週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、8巻が発売されました。第60話から第68話まで掲載されています。...
週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、9巻が発売されました。第69話から第77話まで掲載されています。...
スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

コメント

  1. KAI より:

    今まで明かされてこなかった四葉、五月の抱える悩みが書かれ始め次回以降一花の言っていた痛々しい姿というのが書かれると思うとかなり辛いです。
    転校前にいた学校での再試に四葉だけ落ちたというのは他の四人と離れるためにわざと再試に落ちたが他の姉妹が付いてきてしまったって感じだったりするんですかね。

    • 管理人 より:

      四葉と五月の問題に絡んだ話になりそうなので、重いシリアスな話の展開になりそうですね。平和な話もはさんで欲しいです。

  2. K.T より:

    お賽銭の辺りは子供ながらに風太郎は男らしいな。
    まあ、四葉には面白い子としか思われてなかったけど。

    四葉にとって
    勉強して何不自由ない生活 < 家族と共に居る生活
    となる事件が中学か黒薔薇女子で起こるんだろうな。

    落第しそうだからこっちに来たと言う話になってるけど
    イジメが有ったと思うぞ。

    『五つ子、養父、金持ち』のキーワードで噂話が好きそうだしな女子高って。
    で歯止めが効かなくなって
    居たたまれなくなって出てきたんじゃないかと予想してる。

    • 管理人 より:

      お賽銭のエピソードは、確かにマイペースな風太郎らしいですね。

      四葉に関して、イジメが過去にあったってのはありそうですね。人の頼み事は断れないお人好しな性格だから、その性格を利用されてイジメ、のような鬱な展開とかなりそうで怖いです。

      • K.T より:

        2話の「お宅訪問」で
        前の学校の話になった時の
        一花の「あんなことがあったらね」
        三玖の「知らない方が良い、少なくともフータローは」の
        二人の姉の表情と
        顔を背けて何も喋らなかった四葉を見たら…
        ほぼ間違いなく
        むかっ腹の立つ状況が起きてたんだろうし。

        • 管理人 より:

          2話を見返しましが、確かに前の高校の話題を三玖がふった後、意味深な事を言っていますね。四葉も顔を背けて表情が見えない。
          2話の頃から伏線を張っていて今回以降の話で回収なら、なかなかすごいがあまり気持ちのいい話にはなりそうにないなあ。

トップへ戻る