【ネタバレ】ワールドトリガー 6巻 あらすじ、ネタバレ

ワールドトリガー6巻には、第44話から第52話まで掲載されています。

スポンサーリンク
google adsense

6巻の収録内容

6巻の表紙は木虎 藍です。

© 葦原大介 ワールドトリガー 6巻より

第44大規模侵攻

以前から心配されていたネイバーによる大規模侵攻がとうとう始まり、三門市に再び無数の門が開き多数のトリオン兵が侵攻してきます。三雲と空閑はトリオン兵を食い止めるためトリオン兵のもとへ急ぎ、迅、天羽を筆頭に他のボーダー隊員もトリオン兵を排除しに三門市 市街地へ向かいます。

© 葦原大介 ワールドトリガー 6巻より

第45大規模侵攻②

順調にトリオン兵を片付けていると、トリオン兵の中から新型のラービットがボーダー隊員のもとに現れ、攻撃してきます。新型のラービットはアイビスの狙撃も弾くほど装甲が硬く苦戦していると、東隊の小荒井が新型のラービットに捕獲されそうになります。

© 葦原大介 ワールドトリガー 6巻より

第46大規模侵攻③

新型のラービットはトリガー使いを捕獲するためのトリオン兵と判明した頃、諏訪隊隊長の諏訪が捕縛されてしまいます。現場に到着した風間隊は新型のラービットから諏訪を救出するため、新型のラービットを倒そうとします。諏訪は新型のラービットの中にいるようで、トリオン体の反応は消えていません。

© 葦原大介 ワールドトリガー 6巻より

第47大規模侵攻④

大規模侵攻を仕掛けてきたアフトクラトルのハイレインは、玄海がまだ戦力の全てを見せていないと、まだ慎重に姿勢を崩さず人型ネイバーを投入せずトリオン兵だけで攻め続けます。一方、現場に到着した三雲と空閑は新型のラービットが襲ってきたため、空閑が禁止されている黒トリガーを使用して応戦します。

© 葦原大介 ワールドトリガー 6巻より

第48大規模侵攻⑤

爆撃型トリオン兵イルガーが、ボーダー基地を直接攻撃してきて、砲撃で撃墜します。それでもイルガーを撃墜できずにいると、アタッカーランク1位の太刀川 慶が弧月で直接倒しボーダー基地を守ります。

© 葦原大介 ワールドトリガー 6巻より

第49大規模侵⑥

ボーダー基地がイルガーに攻撃されている頃、雨取達C級隊員は避難が進んでいない地区を救援しています。一方、風間隊は新型のラービットを倒し、捕縛されキューブ化された諏訪を無事救出します。S級隊員の天羽もボーダー基地の北西側を制圧し、各地で順調に敵を倒していきます。

© 葦原大介 ワールドトリガー 6巻より

第50三雲 修⑦

避難を救援していたC級隊員のところにも新型のラービットが現れて、C級隊員を捕縛しようとします。そこに三雲と木虎が到着し、C級隊員を捕縛しようとしていた新型のラービットと対峙します。三雲はモールモッドと戦い、以前は倒すことができなかったモールモッドを三雲一人で、見事倒します。

© 葦原大介 ワールドトリガー 6巻より

第51木虎 藍④

一方、新型のラービットを相手にしている木虎は、一方的に新型のラービットを攻撃し、反撃させずぼっこぼこにします。木虎の楽勝と思われましたが、新型のラービットは無差別に住民を攻撃し始め、木虎を無視します。不意を突かれた木虎は急いでラービットを止めようとしますが、ラービットは急に木虎を攻撃します。

© 葦原大介 ワールドトリガー 6巻より

第52雨取 千佳④

新型のラービットを見事破った木虎ですが、アフトクラトルの狙いは緊急脱出機能がついていないC級隊員を捕縛でした。C級隊員が避難の救援をしている現場を見つけたアフトクラトルは、C級隊員を捕縛しようと新型のラービットを一気に三体投入します。新型のラービットの特殊攻撃にやられ木虎が緊急脱出前に捕縛されてしまい、三雲達ボーダー隊員は窮地に陥ります。

© 葦原大介 ワールドトリガー 6巻より

まとめ

ネイバーによる大規模侵攻が始まり、その規模は四年半前の第一次侵攻を超える規模です。ボーダー隊員はB級隊員を中心にトリオン兵を倒していきますが、アフトクラトルの狙いはC級隊員の捕縛でした。C級隊員達がラービットに襲われ始め、三雲は窮地に陥りますがボーダー最強の部隊が援軍に来ます。

次巻、7巻のあらすじ、ネタバレはこちらの記事です。

ワールドトリガー7巻には、第53話から第61話まで掲載されています。 7巻の収録内容 7巻の表紙は小南 桐絵です。 ©...

6巻を購入される方は、こちらから。

スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

トップへ戻る