【ネタバレ】湯神くんには友達がいない 73話 『湯神くんは思い出す』の感想

週刊少年サンデー 2018年39月号に掲載されている湯神くんには友達がいない 73話のネタバレ、感想です。

前回の記事です。落語、猫の皿を思い出す事で集中力を取り戻した湯神は、ホームランを打たれている南田と再び対決します。甲子園出場&湯神一人暮らしは叶うでしょうか。

週刊少年サンデー 2018年34月号に掲載されている湯神くんには友達がいない 72話のネタバレ、感想です。 前回の記事です。も...

スポンサーリンク
google adsense

北条学院高校戦 決着

 

©佐倉準  湯神くんには友達がいない 73話より

  

南田対湯神、再び

いざ、再び南田と勝負しようとする湯神です。が、ベンチはホームランを打たれているので、敬遠を指示します。

©佐倉準  湯神くんには友達がいない 73話より

南田を打ち取れば勝利ですが、ホームランを打たれたら逆転なので仕方がないでしょう。

©佐倉準  湯神くんには友達がいない 73話より

が、ここで当然のようにベンチの指示に、全身で抗議します。が、チーム全体の空気はさっき南田にホームランを打たれたので、弱気になっていて敬遠支持です。

©佐倉準  湯神くんには友達がいない 73話より

観客席まで、チーム全体の敬遠ムードと湯神の拒否のオーラが伝わっています。

©佐倉準  湯神くんには友達がいない 73話より

門田のインコースのサインに頷き、あくまでインコースでの勝負を主張します。さらに、南田に門田が怪我をして調子が悪そうな事を気づかれて、門田は焦ります。しかし覚悟を決めてインコースに構えます。

©佐倉準  湯神くんには友達がいない 73話より

北条高校からの南田コールの中、南田は甘い球がきたら初球からいくと決めます。湯神はマイペースにまた落語、猫の皿を反芻します。詳しい猫の皿の内容は、前回の記事に書いています。

©佐倉準  湯神くんには友達がいない 73話より

猫の皿で集中力が戻ってきた所で、勝負です。

©佐倉準  湯神くんには友達がいない 73話より

インコース、甘く入ったように見えましたが南田はこれを打ち損じてしまいます。

無事、アウトで試合終了です。喜ぶ観客席、決勝進出です。

©佐倉準  湯神くんには友達がいない 73話より

試合終了後、南田から最後の球をいい球だったと褒められます。

©佐倉準  湯神くんには友達がいない 73話より

集中力凄いなと言われて、正直に猫の皿のお蔭だよと答える湯神ですが、当然話は通じません。

©佐倉準  湯神くんには友達がいない 73話より

が、キャッチャーの門田は次の決勝戦は無理そうです。

©佐倉準  湯神くんには友達がいない 73話より

最後、インコースで強引に勝負にいったのは門田がこれ以上持たないと判断したからでした。結構、門田思いの湯神です。

©佐倉準  湯神くんには友達がいない 73話より

試合後

大会も終わり、上星高校の野球部メンバは夏祭りに来ています。

準決勝後、門田は診察すると指の骨にヒビが入っていたのを、無理をして骨折させていたようです。全治三か月で、当然決勝戦には出られませんでした。門田の代わりのキャッチャーを出すも、決勝戦はぼろぼろだったようで負けてしまい、甲子園出場は叶いませんでした。

©佐倉準  湯神くんには友達がいない 73話より

同じく久住達に合流しようとした綿貫ですが、人混みに阻まれ近づけません。

©佐倉準  湯神くんには友達がいない 73話より

結局合流は混雑が落ち着いてからと決めて、1人でお祭りを楽しみます。湯神に似てきています。

©佐倉準  湯神くんには友達がいない 73話より

綿貫が別のゲームをしようとすると、そこには同じく1人でお祭りを楽しんでいる湯神に遭遇します。

©佐倉準  湯神くんには友達がいない 73話より

湯神に冷やかされて、複雑な綿貫です。

©佐倉準  湯神くんには友達がいない 73話より

ゲームをしながら綿貫から一人暮らしが出来なくて、残念だったねと言われて仕方がないと返します。そして棚からゲームの景品を選ぶとき、猫の皿が目に入ります。

©佐倉準  湯神くんには友達がいない 73話より

猫の皿を思い出したのは綿貫の一言からなのを思い出し、湯神なりにゲームの景品をお礼としてプレゼントします。当然、綿貫は「猫の皿だよ」と言われても、訳が分からず困惑します。

©佐倉準  湯神くんには友達がいない 73話より

あらためて「ありがとう」と言葉にしてお礼を言いますが、間が悪く打ち上げ花火と被ります。

©佐倉準  湯神くんには友達がいない 73話より

湯神の性格からして二度も素直にお礼を言うはずもなく、一人暮らしの話題で話をそらしてしまい、結局お礼は言えずじまいです。

©佐倉準  湯神くんには友達がいない 73話より

まとめ

長かった甲子園出場&一人暮らし挑戦編も終了です。南田には正面から戦って勝てましたが、門田の負傷で決勝戦は勝てませんでした。一人暮らしはバイトを頑張って、始めるようです。

大会後の夏祭りの花火大会で、湯神が珍しく素直に綿貫に感謝の言葉を言ったかと思いましたが、花火に邪魔されてしまい幻に終わりました。やはり二人のラブコメは起こりそうにありません。

しかし前回コメントの指摘で南田の彼女らしき女の子がいたのを見つけたのですが、今回の話に出てきませんでした。今後の話の伏線になるのかな。

次回、大会も終わり高校3年生と言う事で、皆が進路を気にし始めます。

週刊少年サンデー 2018年45月号に掲載されている湯神くんには友達がいない 74話のネタバレ、感想です。 前回の記事です。甲...

13巻の購入はこちらから。

スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

トップへ戻る