【ネタバレ】あそびあそばせ 12巻 ネタバレ あらすじ

ヤングアニマルに掲載されている、あそびあそばせ 12巻の感想、ネタバレです。

あそびあそばせ12巻には第105話から第112話まで掲載されています。

スポンサーリンク
google adsense

あそびあそばせ12

© 涼川りん あそびあそばせ 12巻より

第105ジゴロ

華子が本屋で参考書を選んでいると、鈴掛美才が華子に話しかけてきます。華子はあまり親しくない美才に敬語を使って話しますが、美才は華子にグイグイと話しかけてきて、陽向の人は怖いと華子は感じます。しかし、オリヴィアは華子と違って美才と親しげに話し、オリヴィアは私側にはいないんじゃないの?と、華子は感じてしまいます。

© 涼川りん あそびあそばせ 12巻より

第106ライバル

華子とオリヴィアは、あそ研の部室で香純と青空つぐみが二人で会話していて、部室に居づらいと新聞部に入り浸っていました。新聞部 副部長から、青空つぐみに興味を持ってもらえばいいと言われ、華子とオリヴィアは香純に青空つぐみとの会話を教えてもらおうとします。しかし香純が勘違いしてしまい、さらに新聞部 副部長の勘違いも重なり、香純を除いたみんなでeスポーツをやることになります。

© 涼川りん あそびあそばせ 12巻より

華子、オリヴィア、新聞部の三人の5人で始めますがすぐに敗北してしまい、負けた悔しさから華子はだんだんムキになっていきます。ムキになった華子はプロを目指すと言い始め、金土日に合宿すると言い始めます。新聞部で合宿を始めますが、全く勝てず華子は勝つために、シャネル先輩に相談しにいきます。

© 涼川りん あそびあそばせ 12巻より

第107踊る【大】捜査線

ある日、生徒会室の会長の机の上にうんこが置かれており、再び「うんこ事件」が起こります。生徒会長は何とか犯人を見つけようと、新聞部が内緒でつけている盗撮カメラを確認しようとしますが、カメラは普段電源を切っていることが分かり、犯人を特定することが出来ません。仕方なく犯人を推理し、こういう物に興味がありそうと言ったら美術部、ということで、会長は美術部の面々を尋問しに行きます。

© 涼川りん あそびあそばせ 12巻より

第108マルチバース華子

じぃじが作った発明品、パラレルワールドが見える装置を使って、華子は学校で他の世界線にチャンネルを繋げて会話をしようとします。最初に繋がった世界線は、華子はオカルト研に所属していてあそ研は存在しておらず、オリヴィアは英語が流暢で、日本語はカタコトです。挙句に、向こうの世界線の華子から、華子も地味よー、この世界線はずれだわー、と駄目出しされてしまいます。

© 涼川りん あそびあそばせ 12巻より

第109サイコパス・オセロ その①

演劇部が部長以外、全員食あたりで再起不能状態となり、新聞部、美術部、あそ研が呼ばれて今度の演劇大会に急遽、出るように生徒会長に言われます。演劇の題材はオセロで、演劇部で唯一生き残った部長の築陰智種(つきかげちぐさ)が、詳しく演劇の説明をしてくれます。

© 涼川りん あそびあそばせ 12巻より

第110サイコパス・オセロ その②

演劇の練習を皆で頑張ったおかげか、全国中学演劇大会では香純は緊張しながらも何とかデスデモーナを演じます。しかしそんな中、新聞部のみゆきも元に、弟のたかしから、いきなり吐血した、と連絡が入ります。心配になったみゆきは様子を見に行くことにし、たまたま観客席にいた青空つぐみに代役をお願いします。

© 涼川りん あそびあそばせ 12巻より

キャシオー役を演じる青空つぐみは、演技も結構上手く順調に劇は進んでいきます。しかし、青空つぐみが代役をしている事を知らない香純は、青空つぐみが舞台に出ていることに驚き、香純は思わず演技することを忘れて青空つぐみに話しかけてしまい、そのまま固まってしまいます。仕方なく、演劇はアドリブで進むことになります。

© 涼川りん あそびあそばせ 12巻より

第111話 A-ファイル

華子、華子の弟の健太郎、華子の祖父、前多の四人が自宅で過ごしていると、前多が突然吐き気を催します。前多は自室に戻って休みますが、心配した華子は前多の所に薬と水を持っていきます。しかし、自室にいた前多は何か暗号のような物を書いていて、華子と健太郎は暗号が何を示すのか推理をします。健太郎は、遠くから見たら宇宙の縮図に見えるとか…?と、健太郎はそれっぽい事を言い、華子は、前多のケツの中の世界とか?と、相変わらずぶっ飛んだ事を言い祖父から心配されます。

© 涼川りん あそびあそばせ 12巻より

第112真夏のオリヴィアの夢

授業中のオリヴィアは眠気に勝てず、頭をカクカクしてしまい、手をぎゅーーとして何とか起きている状態です。オリヴィアはこんなに眠いのだから、華子も眠いだろうと、華子の様子をうかがいますが、華子は眠気など無く目ははっきりと開いていて、オリヴィアに授業中寝るとかないでしょ?と、優等生発言をします。オリヴィアはしょうがないと、シャーペンを手の甲に刺して、痛みで何とか授業を乗り切ります。

© 涼川りん あそびあそばせ 12巻より

まとめ

12巻は、紙にもなっている「サイコパス・オセロ」のエピソードなどが収録されています。

11巻から登場する機会が増えた美術部のシャネル先輩ですが、この巻でも演劇で主役のオセロを演じていて、重要なポジションを演じています。そして、同じ美術部のエルメスが今回、第107話で(偽物の)うんこを置いた犯人役として出ています。美術部の部員が登場する機会がますます増えたので、もう一人のミュウミュウも登場する回もそのうち出てきそうです。

12巻を購入される方は、こちらから。

前巻、11巻の記事はこちらです。

ヤングアニマルに掲載されている、あそびあそばせ 11巻の感想、ネタバレです。 あそびあそばせ11巻には第96話から第104話まで掲載さ...
スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

トップへ戻る