【ネタバレ】呪術廻戦 14巻 渋谷事変-理非- のネタバレ、感想

スポンサーリンク
スポンサーリンク

週刊少年ジャンプで連載中の呪術廻戦の14巻 渋谷事変-理非- の感想、ネタバレです。

14巻は、第116話から第124話まで掲載されています。

 

前巻、13巻のあらすじ、ネタバレはこちらの記事です。

【ネタバレ】呪術廻戦 13巻 渋谷事変-霹靂- のネタバレ、感想
週刊少年ジャンプで連載中の呪術廻戦の13巻 渋谷事変-霹靂- の感想、ネタバレです。 13巻は、第107話から第115話まで掲載されています。 前巻、12巻のあらすじ、ネタバレはこちらの記事です。 13...

 

スポンサーリンク

14

14巻の表紙は、宿儺です。

© 芥見下々 呪術廻戦 14巻より

第116渋谷事変㉞

漏瑚は宿儺との戦いの末、敗北してしまいます。敗れた後、花御と陀艮と出会った漏瑚は、真人に後を任せて、花御と陀艮に再び逢える日を心待ちにしているぞ、と言います。その時、宿儺が現れ漏瑚が真の人間を目指していると知り、下らないと漏瑚を切り捨てますが、漏瑚との戦いは多少楽しめた、と漏瑚を称賛します。宿儺に称賛された漏瑚の目からは、自然と涙がこぼれ落ちます。

© 芥見下々 呪術廻戦 14巻より

第117渋谷事変㉟

伏黒は満身創痍の状態だった所に、重面春太に襲われてしまい、覚悟を決めて奥の手を使う決心をします。伏黒は「十種影法術」の説明を始め、何度か倒れながらも重面春太に式神を調伏する手順を説明します。

© 芥見下々 呪術廻戦 14巻より

 

そして、歴代十種影法術師の中にコイツを調伏出来た者はいないといない、と伏黒は言うと八握剣異戒神将魔虚羅(やつかのつるぎいかいしんしょうまこら)を呼び出し、重面春太を強制的に調伏の儀式に参加させます。

© 芥見下々 呪術廻戦 14巻より

第118渋谷事変㊱

調伏の儀を無かったこととする為、宿儺は魔虚羅(まこら)を倒そうとします。しかし、宿儺が斬撃を魔虚羅に与えても、後ろの法陣が回ると魔虚羅の傷は癒えてしまいます。さらに、後ろの法陣が回った後 魔虚羅は宿儺にとって相性の悪い特性へと変化し、宿儺を追い詰めます。

© 芥見下々 呪術廻戦 14巻より

第119渋谷事変㊲

宿儺は領域展開「伏魔御厨子(ふくまみづし)」を使用し、必中効果範囲内の呪力を帯びたモノには「捌」を、呪力のないモノには「解」を、「伏魔御厨子(ふくまみづし)」が消えるまで絶え間なく浴びせます。

© 芥見下々 呪術廻戦 14巻より

第120渋谷事変㊳

道玄坂の109前で宿儺と意識を交換した虎杖は、宿儺が大量殺人をした事実に激しく動揺します。虎杖は多くの人を助けられなかった自分を責めて、少しでも呪霊を祓おう、戦おうとします。

© 芥見下々 呪術廻戦 14巻より

第121渋谷事変㊴

目の前で七海を真人に殺された虎杖は、真人を殺そうとしますが「撥体」で攻撃を防がれてしまい、反撃をくらってしまいます。人の命を弄ぶ真人に対して虎杖は激怒しますが、真人から、オマエは俺だ、そいつを認めない限りオマエは俺に勝てない、と言われます。虎杖は怒りで我を忘れないように、冷静に七海の最後の言葉を思い出そうとします。

© 芥見下々 呪術廻戦 14巻より

第122渋谷事変㊵

真人は虎杖の魂(メンタル)を折るために、釘崎を殺して死体を晒そうと考えます。真人は分身を使って釘崎を殺そうとしますが、釘崎は血塗を倒した時の黒閃を思い出しつつ、「簪」を真人に撃ち込もうとします。

© 芥見下々 呪術廻戦 14巻より

第123渋谷事変㊶

釘崎が真人に「共鳴り」(ともなり)を撃ち込むと、真人の分身を通して真人の本体にダメージが及びます。さらに本体の受けた魂のダメージは、再び分身へとフィードバックされ、釘崎は自分が遭遇したのが真人の分身だと気付きます。釘崎は真人の分身は術式が使えないと気付き、積極的に真人を攻撃します。

© 芥見下々 呪術廻戦 14巻より

第124渋谷事変㊷

釘崎も渋谷で戦っていると虎杖は直感し、ありがとう、俺には誰にも救えなかった、皆の苦労も台無しにしてしまった、それでも俺は独りじゃないとそう思わせてくれて、と虎杖は釘崎に感謝します。一方、釘崎からダメージをくらった真人の分身は、突然逃走を始めて地下に逃げ込みます。

© 芥見下々 呪術廻戦 14巻より

おまけ いい話

幼少期の釘崎のデザインはアニメ用に平松さんが描き下ろしたものを、そのまま使ったようです。6歳の時の釘崎野薔薇は、第124話、第125話で描かれています。

© 芥見下々 呪術廻戦 14巻より

まとめ

14巻では、宿儺と漏瑚との戦いが決着した後、宿儺は味見と称して、伏黒が呼び出した八握剣異戒神将魔虚羅と戦闘を始めます。その後、宿儺が渋谷で大量殺人を行った後、虎杖は真人と戦闘となります。さらに、真人の分身と釘崎も別の場所で戦闘が開始となります。

宿儺が渋谷で大量殺人を行い、さらにその後、七海が真人に殺されたことで、虎杖は真人に激怒しますが、虎杖の精神状態は限界に近いような状況です。この上、さらに釘崎まで…、といった状況になりそうですが、渋谷事変の行方はどうなるでしょうか?

 

15巻のあらすじ、ネタバレはこちらの記事です。

【ネタバレ】呪術廻戦 15巻 渋谷事変-変身- のネタバレ、感想
週刊少年ジャンプで連載中の呪術廻戦の15巻 渋谷事変-変身- の感想、ネタバレです。 15巻は、第125話から第133話まで掲載されています。 前巻、14巻のあらすじ、ネタバレはこちらの記事です。 15...

 

14巻、コミックの購入はこちらからどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました