【ネタバレ】Dr.STONE 23巻のネタバレ、感想

週刊少年ジャンプで連載中のDr.STONEの23巻の感想、ネタバレです。

23巻は、Z=197からZ=205まで掲載されています。

前巻、22巻のあらすじ、ネタバレはこちらの記事です。

週刊少年ジャンプで連載中のDr.STONEの22巻の感想、ネタバレです。 22巻は、Z=188からZ=196まで掲載されています。 ...

スポンサーリンク
google adsense

23

© 稲垣理一郎・Boichi Dr.STONE 23巻より

Z=197 石だらけのエデンと禁断の果実

約7年ぶりに復活した千空は、スイカが何度も何度も失敗しながらも硝石畑から復活液を作り出したことを聞き、やるじゃねえか、スイカ…!!と、スイカを褒めます。その後、千空は硝酸を作成しますが、1日で硝酸を作り出し作り出すのに何年もかかったスイカを驚かせます。

© 稲垣理一郎・Boichi Dr.STONE 23巻より

とりあえず16人分の復活液の作製に成功した千空とスイカは、味方全員を復活しようとしますが、石化する前に瀕死の重傷だった氷月を復活できるか司は不安になります。しかし司の不安は杞憂に終わり、氷月は無傷で復活します。

© 稲垣理一郎・Boichi Dr.STONE 23巻より

Z=198 WHOLE NEW WORLD

石化装置によって石化した後、再び復活すれば死者をも蘇らせれると分かり、千空と司はあらためて月まで行ってホワイマンに会う決心をします。まずは月まで行くロケットエンジンを作るため、ゼノを復活させて協力するように千空は取引を持ちかけます。

© 稲垣理一郎・Boichi Dr.STONE 23巻より

Z=199 超合金

仲間となったDr.ゼノは宇宙船のロケットエンジンを作成するために、様々なレアメタルを採掘していきます。さらに沈没していたペルセウス号を解体し、鉄をリサイクルすると金属と金属を組み合わせ無敵の超合金・ステンレスを作成します。

© 稲垣理一郎・Boichi Dr.STONE 23巻より

Z=200 FUTURE ENGINE

超合金の街を樹立し、超合金からロケットエンジン(LV.1)も完成させた千空とゼノですが、宇宙船を飛ばすためのロケットエンジンはさらに改良したLV.99のものが必要となります。そのため、千空やゼノ達はチームを3つに分けて、各々別の活動をすることになります。

© 稲垣理一郎・Boichi Dr.STONE 23巻より

Z=201 MORSE TALK

ニューペルセウス号で大西洋に航海に出た千空達は、月から再び電波が届いていることに気付きます。モールス信号で超合金の街やコーンの街にいる仲間と、頻繁に連絡を取り合っていたから、とクロムは推測します。月からの電波の内容は今までのように“WHY”ではなく、新しいメッセージ“DO YOU WANNA DIE”(死にたいのか)というものでした。

© 稲垣理一郎・Boichi Dr.STONE 23巻より

Z=202 龍水財閥

宇宙船や宇宙服を作るため、蛍石を手に入れようと千空達はスペイン・バルセロナに向かいます。大西洋を経由してスペイン・バルセロナに到着しますが、龍水とフランソワは蛍石よりも、まずはオリーブオイルを欲しがり、さっそくオリーブの木からオリーブの採集しようとします。そしてオリーブオイルを使い、アヒージョ等のスペイン料理を全員に振舞います。

© 稲垣理一郎・Boichi Dr.STONE 23巻より

Z=203 MISSILE HEART

オリーブオイルに次いで蛍石もゲットした千空達は、蛍石で超高性能レンズを作り望遠鏡を作成します。さらにミニチュアサイズながらロケットを作成し、発射テストのため超高精度の軌道計算が必要となり、次の街、数学の街・インドを目的地として出発します。

© 稲垣理一郎・Boichi Dr.STONE 23巻より

Z=204 宇宙は数学という言語で書かれている

ミサイルを使ってスエズ運河を塞いでいた土砂を破壊した千空達は、スエズ運河を通りインドへと直行します。龍水からインドには天才数学者がいると聞き、天才数学者にロケットの軌道計算をお願いしようとします。しかし天才数学者・SAIは、龍水の弟で龍水を見るといきなり逃げ出してしまいます。

© 稲垣理一郎・Boichi Dr.STONE 23巻より

Z=205 宇宙を作る0と1

七海SAIは子供の頃からTVゲームが好きで、大好きなゲームのプログラムばかり作っていましたが、この石だらけの世界ではまともなパソコンもなく、プログラムが出来ない現状に絶望していました。

© 稲垣理一郎・Boichi Dr.STONE 23巻より

おまけ 番外編:宇宙海賊

もしも、千空がアホだったら…、海賊になってロケット作りに足りない鉱石を集めようとしますが、人類が石化して奪う対象の船がいないことに、直前まで気づきません。しかたなく宇宙海賊となり、他の惑星に功績をゲットしに行きますが、宇宙海賊の宇宙船があれば月に行けることに、やっぱり気付きません…、アホだから…。

© 稲垣理一郎・Boichi Dr.STONE 23巻より

まとめ

23巻では、人類全体が石化して7年後に千空が復活しましたが、そこから少しずつ石化した人間を復活液で復活させ、月に行くための宇宙船や月で活動するための宇宙服などの作成に取りかかります。そして、千空達は世界を回って数学の街・インドに到着しますが、そこには龍水の弟・七海SAIがいました。SAIは天才数学者で計算は超得意ですが、コンピュータのない世界に絶望しています。果たしてSAIは、ロケットの精密な弾道計算に協力してくれるでしょうか?

23巻、コミックの購入はこちらからどうぞ。

スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

トップへ戻る