【ネタバレ】Dr.STONE 24巻のネタバレ、感想

週刊少年ジャンプで連載中のDr.STONEの24巻の感想、ネタバレです。

23巻は、Z=206からZ=214まで掲載されています。

前巻、23巻のあらすじ、ネタバレはこちらの記事です。

週刊少年ジャンプで連載中のDr.STONEの23巻の感想、ネタバレです。 23巻は、Z=197からZ=205まで掲載されています。 ...

スポンサーリンク
google adsense

24

© 稲垣理一郎・Boichi Dr.STONE 24巻より

Z=206 コンピューターの夜明け

ストーンワールドでコンピューターを作ることにした千空達は、北米に向かい石化されている杠やジュエル達を復活させます。千空はまずは、コンピューターを作るためにパラメトロンを5個作るように言います。すぐに簡単なコンピューターは作れますが、千空はこれをたくさん繋げてパラメトロンスーパーコンピューターを作るため、石化から復活した杠達にパラメトロンを20万個作るように言います。

© 稲垣理一郎・Boichi Dr.STONE 24巻より

Z=207 繋がる回路図

コンピューターを作る回路図をインドからコーンシティにFAXで送ることにし、コンピューター実制作はコーンシティ組に託すことにします。千空達は次の街作りのためにインドを出港する準備を始め、龍水はSAIを次の街作りの旅に一緒に連れて行こうとします。しかし、龍水を疎ましく思うSAIは街作りの旅に行くことを拒否しインドに残ると主張します。

© 稲垣理一郎・Boichi Dr.STONE 24巻より

Z=208 科学は人知を超えて

コンピューターを作るために、千空はコーンシティ組にパラメトロンに続いてメモリの作成を依頼します。メモリは磁石にデータをセーブすることで実現させれて、大量の磁石が必要となります。コーンシティ組に磁石を大量に作り縫い合わせる作業が必要になると千空は説明しますが、必要な磁石は三千万個でコーンシティ組は絶望的な数に悲鳴を上げます。

© 稲垣理一郎・Boichi Dr.STONE 24巻より

Z=209 ロケットの真相

エンジン作りをゼノ達に、コンピューター作りをコーンシティ組に任せて、千空達は月旅行計画のロケット本体に着手します。まずはメイン素材のアルミニウム、その素材のボーキサイトを手に入れるためにオーストラリアを目指します。オーストラリアに到着した千空達はすぐにボーキサイトを大量に入手し、さらにコーンシティから大量の食糧が届きます。

© 稲垣理一郎・Boichi Dr.STONE 24巻より

Z=210 NOT ONE WAY

千空はロケットで月に行った後、ホワイマンと直接対決する三人のメンバーは地球には帰らず石化装置メデューサで自ら石化し、月面で救助を何百年と待ち続ける、という計画をみんなに発表します。これから作る月行きロケットが片道切符のロケットと知り、クロムは納得出来ずスイカと一緒に帰りのロケットを作ろうとします。

© 稲垣理一郎・Boichi Dr.STONE 24巻より

Z=211 世界一周素材旅行

ロケットの事を何も知らないクロムとスイカは、SAIからのロケットの事を一から教えてもらい月を往復できるロケットを作ろうとします。ロケット作りの素材集めツアーは、最終目的地のインドネシアに到着し、無事ゴムの街を樹立します。そして、千空達は10年に及ぶ大冒険を終えてロケット作成のために、再び日本へと凱旋します。

© 稲垣理一郎・Boichi Dr.STONE 24巻より

Z=212 (終決章) STONE TO SPACE

地球一周を遂げて日本に帰ってきた千空達は、石化している宝島や石神村の人々を石化復活液で復活させます。日本本土では千空が設計し、ルリ達が建設しているダムを使った水力発電所が完成しつつありました。この水力発電所を使ってロケット本体のアルミニウムを作り、ロケットを完成させます。

© 稲垣理一郎・Boichi Dr.STONE 24巻より

そしてZ=212から終決章が始まり、いよいよDr.STONEはクライマックスへと向かいます。

© 稲垣理一郎・Boichi Dr.STONE 24巻より

Z=213 UNKNOWN KNOWN

日本での石化復活者も増え、大人数になったので龍水は新たな娯楽メディアが欲しいと言い出します。そこでテレビを作成し、さらに完成したコンピューターを繋いで、SAI待望のコンピューターゲームが完成します。順調に月旅行への準備が進みますが、ある日厳重に保管しているはずの石化装置メデューサが、突然起動し始めます。

© 稲垣理一郎・Boichi Dr.STONE 24巻より

Z=214 石世界地球防衛軍

誰も起動していないはずの石化装置メデューサが突然光り、石化光線が放たれますが幸いにも今回の効果範囲は約20mで石化してしまったのはゲンと陽の二人だけでした。二人をすぐに石化から復活させて石化装置が勝手に起動した謎を推測しますが、結局原因は分からず千空は石化装置を徹底的な監視下に置くことにします。

© 稲垣理一郎・Boichi Dr.STONE 24巻より

おまけ 番外編:流しそうめん

千空達は流しそうめんをして楽しみますが、下流の人まで麺が流れてこない悩みがあります。そこでSAIにプログラミング・そうめんウォータースライダーを考えてもらいますが、全員に均等確率で麺が流れ込むように考えてもらった結果、風情も何もない流しそうめんになってしまいました。

© 稲垣理一郎・Boichi Dr.STONE 24巻より

まとめ

24巻ではついにロケット作りの素材集め、地球一周世界街作りツアーも終わり、コーンの街、超合金の街、蛍石の街、数学と燃料の街、ゴムの街は全て完成します。そして地球を一周し、千空達は日本へと凱旋します。素材集めも終わり、月旅行に向けたロケット作りは順調ですがホワイマンの正体は依然不明で、突然石化装置メデューサが起動したりと状況は不透明です。終決章も始まりホワイマンとの対決も間近と思われますが、どのような展開になるか期待です。

こちらは、Dr.STONEのスピンオフ作品、reboot:百夜のあらすじ、ネタバレの記事です。

週刊少年ジャンプで連載中のDr.STONEのスピンオフ作品、reboot:百夜の感想、ネタバレです。 Dr.STONE reboo...

24巻、コミックの購入はこちらからどうぞ。

スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

トップへ戻る