【ネタバレ】ダンジョン飯 第79話『寄生虫』の感想、ネタバレ

ハルタ 2021-NOVEMBER volume 89に掲載されているダンジョン飯 79話のネタバレ、感想です。

前回の記事はこちらです。カナリア隊は新たな迷宮の主となったライオスを見つけ、捕らえようとします。

ハルタ 2021-OCTOBER volume 88に掲載されているダンジョン飯 78話のネタバレ、感想です。 前回の記事はこ...

スポンサーリンク
google adsense

有翼の蛇、コアトル

氷漬けとなったファリン

氷漬けになったファリンを心配そうに見つめるマルシルですが、そんなマルシルをさらに見つめる魔物がいます。翼獅子が生み出した魔物、ジャックフロストですが、ファリンが腐敗しないように氷を表面に塗っています。

© 九井諒子 ダンジョン飯 79話より

欲獅子に言われてマルシルは上に戻っていきますが、みんなと再開できなかったらどうしよう、失敗して地上に戻れなかったらどうしようと、マルシルは不安になります。

© 九井諒子 ダンジョン飯 79話より

上に戻ると、マルシルの父親が椅子に座っています。驚くマルシルですが、これも欲獅子が生み出したものでした。マルシルが寂しそうだったからと、勝手に生み出した人形ですが、マルシルは欲獅子にこんなの必要ないからそれよりライオスを探すように言います。

© 九井諒子 ダンジョン飯 79話より

マルシルの家族

© 九井諒子 ダンジョン飯 79話より

一方、湖に落ちたライオスですが、身動きが取れず溺死しそうになっています。ライオスはマルシルから習った水上歩行を使いますが、湖からはじき出されます。

© 九井諒子 ダンジョン飯 79話より

一応、湖からは脱出出来たので、今後どうするかを全員で話し合います。ライオスはマルシルを探しに行こうと言いますが、チルチャックは、一旦考えようぜ、とライオスを止めて話し合いをしようと言います。

© 九井諒子 ダンジョン飯 79話より

荷物を取りに戻るかを話し合っていると、すぐそばを歩き茸が走っていきます。欲獅子が生み出した魔物ですが、ライオス達の荷物を持って走っています。ライオスは歩き茸の変な色柄から、マルシルと関係があることに気付き、追いかけます。

© 九井諒子 ダンジョン飯 79話より

やっと歩き茸を捕まえると、ライオスは歩き茸に花が咲いていることに気付きます。ライオスは茸には花はついていない、と叫んだり、どんな味がするか気になったりと、余計なことを考えます。その後、この歩き茸がマルシルの所に行こうとしているかもしれないことに気付きますが、歩き茸は動かなくなってしまいます。

© 九井諒子 ダンジョン飯 79話より

チルチャックはイヅツミが外を見ていることに気付き、声を掛けますが、イヅツミは上空を飛んでいる使い魔を警戒していました。カナリア隊の使い魔ですが、ライオス達をずっと監視していました。

© 九井諒子 ダンジョン飯 79話より

ライオス達に気付かれたので、使い魔を合体させて巨大化し、ライオス達に逃げられないようにします。

© 九井諒子 ダンジョン飯 79話より

使い魔に捕らわれる

大きくなった使い魔は建物の中に逃げたライオス達を捕まえようと、建物をくちばしでつつき始めます。塔が崩れると危機を感じたライオス達は建物から外に出ますが、外に出たところを使い魔にくわれてしまいます。

© 九井諒子 ダンジョン飯 79話より

使い魔の体内に入ってしまい捕らえられたライオスですが、ライオスは懐に飛び込んだと前向きに考え、クラーケンを倒した時のことを思い出します。クラーケンを倒した時は、ライオスは寄生虫を生で食べてしまい腹を壊してしまいました。ライオスはその時の経験を活かし、寄生虫のように振舞います。

© 九井諒子 ダンジョン飯 79話より

すると、使い魔を操っているエルフ達の様子がおかしくなります。

© 九井諒子 ダンジョン飯 79話より

パラサイトアタック

ライオスは使い魔の胃の辺りで激しく動き、使い魔を操っているエルフ達の邪魔をします。この隙に、センシは頭部で騒ぎ水面へ誘導し、チルチャックは喉元から外の様子をうかがい、イヅツミは下から脱出の機会を探ります。パラサイトアタックを受けたエルフ達は苦しみ、使い魔を一旦バラしたいと考えますが、フラメラに踏ん張るように言われ、何とか耐えようとします。

© 九井諒子 ダンジョン飯 79話より

使い魔が止まらず狙いが外れたライオス達ですが、外の様子をうかがっていたチルチャックが水中に大きな魔物がいることに気付きます。魔物に花柄の模様があることに気付いたライオスは、マルシルが呼び出した魔物だと思い、自分たちは使い魔の中にいるとアピールします。

© 九井諒子 ダンジョン飯 79話より

ライオスとイヅツミが使い魔の体内で騒いだ結果、使い魔の目の部分が変に盛り上がります。湖にいるマルシルの魔物はその異変で気づいたのか、カナリア隊の使い魔に近づいてきます。

© 九井諒子 ダンジョン飯 79話より

マルシルが生み出した魔物は、有翼の蛇、コアトルでカナリア隊の使い魔を飲み込んでしまいます。

© 九井諒子 ダンジョン飯 79話より

フラメラは使い魔を操っているエルフ達に、落ち着いて意識を切り離すように言いますが、使い魔は飲み込まれてしまい、使い魔を操っているエルフ達は意識を失ってしまいます。

© 九井諒子 ダンジョン飯 79話より

カナリア隊はライオス達を見失ってしまいますが、ライオス達もコアトルに飲み込まれてしまい、自分たちがどこにいるのか分からない状態です。

© 九井諒子 ダンジョン飯 79話より

まとめ

リシオンから逃げ出し湖に飛び込んだライオス達ですが、今度はカナリア隊がはなっていた使い魔に見つかってしまいます。何とか逃げ出そうとクラーケンの時の経験を活かし、ライオス達は寄生虫のように振舞います。使い魔の中で暴れられて、エルフ達は苦しみますが何とか耐えて、ライオス達をカナリア隊がいる場所まで連行しようとします。結局、マルシル(欲獅子)が呼び出した魔物、コアトルに使い魔はくわれてしまい、ライオス達はカナリア隊からは逃れられます。このままコアトルに運ばれて、ライオス達はマルシルの所まで行けるのでしょうか?

次回は、12月15日(水曜)発売予定のハルタ 2021-DECEMBER volume 90に掲載予定です。

ダンジョン飯、最新刊11巻は発売中です。

発売中のコミック11巻のネタバレ、感想も書いています。

ハルタで連載中のダンジョン飯の11巻が発売されました。 今回は第70話から第76話まで掲載されています。また、おまけ モンスターよもや...

短編集 竜のかわいい七つの子、の紹介です。

ダンジョン飯を連載中の九井諒子先生の作品集が、おススメなので紹介したいと思います。 九井諒子作品集 竜のかわいい七つの子 ...
スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

トップへ戻る